Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ノンケ » 【ゲイ】一卵性双生児の禁断愛。2人は射精タイミングまで一緒wwwwwwww

【ゲイ】一卵性双生児の禁断愛。2人は射精タイミングまで一緒wwwwwwww

イケメン双子の近親相姦

鳥取県在住の男子学生からの投稿。投稿者には一卵性の弟がおり、顔や背格好がほぼ同じで親しい人でないと区別がつかないほど。ただ決定的な違いは、投稿者がゲイで弟がノンケという・・・・・・

一卵性の双子

 

俺には双子の弟(シュウ)がいる。一卵性で顔がそっくりな俺とシュウ。

 

自分で言うなよってかんじだけど俺らはかなり恵まれたルックスで生まれてきたと思う。身長も178cmある。顔はかなり自信がある。

 

俺たちはかなり仲がいい兄弟で、いつもいっしょだし、あきない。

 

自分で言うのも何だが学校でも俺たちはぶっちゃけかなりモテる。

 

でも俺は誰とも付き合わなかった、何故なら俺はシュウの事が好きだから…もちろん性の対象として。

 

俺は自分はゲイだと昔からわかっていた。

 

でもシュウには何度も好きな女の相談をされてきたし、エロ本とかも読んでたから、シュウはノンケだって知っていた。

 

一卵性だから、きっとシュウも俺と同じ気持ちだって思ってた時期もあったけど、そんなわけないよね、、、

 

知らぬ間に俺はシュウの事しか考えられないようになっていて、長い間かなりつらかった。

 

おれらは同じ部屋に寝てるから、夜なんか特に自分をおさえるのに精一杯だった。

 

だって、心から好きな相手が毎晩同じ部屋で寝てるんだから。

 

そんなおれらがむかえた高一の夏休みのある夜、シュウに「部屋に彼女をつれてくるから明日一日部屋あけてくれ」って頼まれた。

 

俺はショックを隠しきれなくて、その場で泣いてしまった。

 

シュウ「ハルキ、どうしたの!?」

 

シュウは焦ってきいてきた。

 

俺「…シュウが誰かととヤるなんて嫌だ…」

 

俺は言ってしまった。

 

今まで我慢してきたのに。

 

シュウ「なんで!?ハルキ、いみわからんよ??」

 

俺は我慢できなくなってベッドにシュウを押し倒した。

 

俺「俺はお前が好きなんだよ…ずっと昔から!!」

 

俺はシュウにキスをした。シュウはかなりびっくりしていた。

 

俺「もう我慢できねーよ、シュウ好きだ…俺の事きらいに なってもいいから抱かせて…」

 

俺はこのあときまずくなるよりもなによりもシュウに 自分の気持ちをつたえるのに必死だった。

 

シュウ「本当なん?ハルキ、ゲイだったん??…きづけなくてごめん…」

 

俺はまさか謝られるとはおもってなかったからすごく泣いた。

 

シュウ「でも勘違いすんなよ!俺の一番はいつでもハルキだよ。 俺、ハルキの為ならなんでもできるよ。抱いていいよ。好きだよ、ハルキ」

 

俺はシュウにこんなことを言われるなんて夢みたいな話だ。

 

もうなにがなんだかわからなくなった。

 

俺はシュウのズボンをパンツごと脱がした。

 

シュウのはまだ勃起していなかった。

 

俺はシュウのチンポにそっとキスした。ずっと触れたかった…。

 

シュウのはむくむくと大きくなった。

 

大きくなったシュウのチンポをみるのは初めてだ。

 

俺「シュウ…好きだよ。」シュウは軽くうなずいた。

 

シュウ「俺の、咥えて。ハルキにたべられたい。」

 

俺は夢中になってきれいなシュウのものを口でしごいた。

 

シュウはぁ、あん、と声を出した。

 

シュウのがイきそうになったとき、急にシュウが俺をふりはらった。

 

そしてシュウは俺のズボンをおろし、くわえた。

 

シュウ「ちんこまでそっくりなんだね。俺たち。じぶんのをやってるみたい」

 

シュウは舌を上手に使い俺のを舐めた。

 

興奮してきた俺はシュウのをくわえた。69だ。

 

部屋に置いてある大きな鏡が目にはいって、そこにうつってる俺たちは、同じ顔でかなりエロい。

 

俺は「シュウ、いれていい??」と聞いた。

 

シュウは「うん」と言ったので、お互い全部脱ぎ 裸どうしで一度抱き締めあった。

 

その後俺はシュウのケツに唾をつけた指をいれていった。

 

指を増やすたびにシュウは「ぁん、あん」と声をだした。

 

そしてゆっくりとシュウの中に入れた。

 

俺はうれしすぎて無我夢中になってつきまくった。

 

イクタイミングも同じで、やっぱ双子パワーだと思った。

 

おれらは今だに肌をかさねあわせてる。

 

ただの性処理じゃなくて、おれらには特別な愛がある。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索