ホーム » トコロテン » 【ゲイ】おじいさんが大学生を5分で2回抜いて去っていったwwwwww

【ゲイ】おじいさんが大学生を5分で2回抜いて去っていったwwwwww

初めてのトコロテンも

都内在住の大学生さんからの投稿。数年前の連休中、両親と遠方に住む親戚の家に行ったという投稿者。その間、ずっとオナ禁状態が続き金玉はパンパンになってたという。そして帰宅した日の深夜に精子を放出するべく発展公園に向かったのだが・・・・・・
お爺さんのフェラチオ
現在22歳の大学生です。

数年前のシルバーウィークは両親と遠方にある親戚の所へ行っており、その間オナすらしていなかったので溜まりまくっていました。

悶々としながら、ようやく最終日の夜に帰宅しましたが、溜まっていてとても寝れそうにありません。

毎日2~3回オナる私としてはオナ禁5日間は新記録かもしれません。

寝る前にしようと思いましたが、せっかくこれだけ溜まったものを一人で吐き出すのは勿体ないと思って、翌日から仕事にも関わらず深夜にこっそりと家を出てたまに行く発展公園まで自転車で行ってみました。道中から勃起がおさまりません。

待ち合わせしている訳ではないので、誰もいなければ一人で野外露出オナするつもりでした。

公園着は午前1時頃。発展場所である園内のトイレに行くとトイレ前のベンチにおじいさんが一人座っていました。

この時間に居るのはきっとゲイの人だと思いましたが、気分的に若い人に掘られたかったので、スルーしてトイレの中に入りましたが中には誰もいません。

すごくガッカリして一度トイレから出てその場を離れ、どうしようか少し悩みましたが、やはり一人でするよりはおじいさんでも相手にしてもらった方が絶対にいいと思い引き返しました。

おじいさんは相変わらずベンチにポツンと座っています。

私は着ていた短パンを脱いで下半身裸でおじいさんを見ながら前を通って再びトイレに入りました。

洗面台の前で立っているとすぐにおじいさんが後から入ってきました。

そして無言で私の後ろに立つと、着ていたTシャツを捲り上げて後ろから手を回して乳首を弄ってきました。

ソフトな焦らすような手つきで、さすがにテクニックは年の功といったところ。

おかげで既にカチカチだったあそこは更に石のように固くなりました。

たっぷり乳首を弄られ、亀頭の先からは滴が垂れています。

乳首から離れた手はフェザータッチで胸や脇腹をさすりながらお尻へ。

おじいさんがしゃがんでお尻を両手で開きアナルに舌を這わせてきます。

お尻を突き出すと、舌先をアナルに差し込まれました。とっても気持ちいいのですが、中々ペニスには触ってくれません。

こちらもたっぷり10分以上舐められると、解れたアナルに指を入れられました。

ユルユルになったアナルはおじいさんのゆびをすんなりと飲み込み、2本目の指も入れられました。

私はもっと入ると思ったのですが、おじいさんは指2本で巧みに私のアナルをいじります。

前立腺を押される度にオシッコが出そうな感覚になり、強い快感に腰が震えます。

もうペニスが我慢できなくて何度もおじいさんの手をペニスに誘導しようとしましたが、おじいさんはそれをかわしてアナルを責め続けます。

少し強目でリズミカルに前立腺を責められると今まで味わったことがないような快感に襲われ、腰をヒクつかせると、ようやくお尻から指を抜いてくれました。

ペニスを見るとガチガチに膨らんだ亀頭から精液がドロドロと溢れ出していました。

これがトコロテンかと初めての体験に少し感動していると、まだ精液の付いたペニスをおじいさんはパックリと咥え込み、中で舌でペニスを捏ねくりまわします。

亀頭がめちゃめちゃ敏感になっててこれにも耐えられず、ものの2分程度で2度目の射精を迎えました。

おじいさんは最後の一滴まで吸い出して飲み込むと、無言のまま去っていきました。

いままで何度か同性とのプレイは経験はありましたが、ここまで感じさせてくれたのは初めてでした。

もう一度あのおじいさんに会いたいなぁ。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    指だけでトコロテンさせるとは!
    熟年テク、恐るべし!

    そんなテクで、メス逝きまで仕込まれたいな~

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。