Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【体験談】某サッカー超名門校の元部員とサカユニプレイ

【体験談】某サッカー超名門校の元部員とサカユニプレイ

雄汁まみれのユニフォーム

千葉県在住のアパレル勤務さんからの投稿。昔、ハマったサカユニHが再燃しマイブームの投稿者。掲示板で募集したところ、投稿者と同じく黄色ベースに黒の縦縞ユニ好きと会うことになり・・・・・・

サッカーの練習

 

しばらく遠ざかっていたサカユニHを経験しました!

 

相手は、175*65*29っていう、ほとんど俺と同じプロフ。だが俺とは違ってサッカー超名門校の元部員(二軍)だとか。

 

何回かメールで打ち合わせして、1週間頑張って禁欲しよってお互い約束して、朝、俺が駅まで車で向かいご対面して、ちょこっと走ってラブホに向いました。

 

顔は爽やか系の、女にモテそうなヤツで、結構メールで何回かやりあってたから、何の違和感もなくラブホに到着!

 

俺のお気に入りは、前橋育英高校のような、上黄色黒縦縞・下黒のサカパンです。サカユニ代表と言えばアレでしょw

 

早速、2人ともそのユニとサカパンに着替えて開始!

 

コンセプトは部室でタメ同士でサカるっていうコトで。

 

1週間の禁欲で超スッゲー溜まってるから、もうお互いたまんなくて激しく絡み合いました。

 

1発目は、お互いにフェラと手扱きで盛り上がりました。

 

我慢汁タラタラで、あっという間に股間に快感がギューンって襲ってきて、「あっ! あっ! イクぜぇーーー! イクイクッ!!!!」って、一気に高まり、俺が先に発射しました。

 

相手のサカパンやユニに、思いっきり濃いザーメンを飛び散らせました。

 

黒のサカパンに、白濁したエキスがドバッと何本も線を描き、黒と白のゼブラ、スッゲーコントラスト状態で超エロイ!

 

間もなくして俺の口と手で、相手も大放出しました。

 

お互いのユニとサカパンに大量にかけ合ったってことです。

 

で、そのザーメンを手を使わず舐め取り、口の中に含んでお互いにキスして味わいました。栗の花の香りプンプンの甘苦い味がしました。

 

しばらくはそのまま体をがっしりと抱き合い、お互いのザーメンが、お互いのユニとサカパンの間で交じり合い、グチュグチュの納豆状態で糸引いてました。

 

そうこうしているうちに、間もなく回復して、2回戦に突入しました。

 

なんてたって、1週間の禁欲でギンギンガンガンでしたから。

 

激しくサカってたら、ヤツがなんと、「おっ! おっ! イイぜぇー。なあ、入れてくれ。雅也ならイイぜ!頼むぜ!」って言うじゃない^^。

 

俺は処女で、ケツまで攻めたことは一度もなかったので、一瞬ドキッとしたけど、もう超興奮しまくってたから、即OKしました。

 

相手のサカパンを少し捲って、肛門を指で解し、指が3本入るようになったところで、相手の足を持ち上げて肩にかけ、俺のビンビンのチンポを右手に持ち、肛門に宛がうと、照準を定めました。

 

そのまま正常位で体重を掛け、思いっきりズボってチンポを挿入しました。スッゲー締まり具合で、女とは全然違う!想像以上!!

 

マジにチンポがギュンギュンに締めつけられて気持ちよく、しかも相手の前立腺がコリってなってるの、ハッキリと俺のチンポが感じました。

 

俺はサカパン穿いたままチンポ引きずり出し、相手はサカパンずらして、俺のデカいチンポを受け入れてる…。

 

すっげーH状態で、暫くはガンガン突きまくりました。

 

鏡にサカユニにサカパンを穿いたまま、俺のチンポで結合している2人の姿が映って、更に興奮が倍増します。

 

2人のスッゲー姿にお互い雄声張り上げて、汗と我慢汁とさっき出したばっかのザーメンが混じりあい、何ともいえない雄の匂いが蔓延してきました。

 

そのうち、股間に快感の嵐が、またまたギューンって上がってきて、限界超えた俺は、相手の直腸壁の奥深くにチンポをグンと深く突き刺して、思いっきりドピュドピュって射精しました。

 

女にもやったこのない中出し、こんなに気持ちいいと思わなかったです。

 

雄の歓びここにありですねw

 

お互いスッゲー汗まみれになって、汗とザーメンの匂いが強烈に漂っていました。

 

俺がイッた直後には、俺は右手で相手のチンポ激しく扱きあげていて、相手は、「あっ! あっ! いくぜぇぇ…。雅也ぁ…。おっ! おっ! おぉーーーーー!!」って叫びながら、そのまま再びユニとサカパンに大放出しました。

 

お互い暫くは結合したまま、心地よい余韻に浸っていました。

 

5分間くらい経ってから、俺がズボッって抜くと、白いエキスがケツマンコから、たらーーーーっと流れてきました。

 

サカパンは、もう俺と相手のザーメンでグチョグチョでした。

 

やっぱ1週間の禁欲の成果です。

 

超最高のサカユニSEXでした。マジ気持ちよかった。

 

相性よかったから、パートⅡ期待しちゃうなぁ…



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索