Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】淫行男性教論2人による童貞生徒狩り

【ゲイ】淫行男性教論2人による童貞生徒狩り

変態教師の悪行

東京都在住の高校生からの投稿。ある日の放課後、投稿者は生物準備室で見てはいけないものを見てしまう。それは、T先生の股間に顔を埋めるK先生の姿だった。その衝撃的な場面に動揺した投稿者は・・・・・・

高校教論のフェラ

僕は都内の男子校の高校生です。

 

1週間くらい前のことです。

 

今日の生物の時間に問題をやってて、わからないところがあったので、放課後、生物の先生に質問に行くことにしました。

 

生物の先生は生物準備室ってところにいるので、そこに行けば生物のK先生がいると思い、行ってみることにしました。

 

生物準備室は、普通の職員室や教室からちょっと離れた棟にあるので、結構遠いです。

 

K先生は結構学者タイプで、普段は職員室にいるよりも、生物準備室で1人で仕事していることが多いです。

 

K先生は40代後半くらいで、教え方も上手なので、K先生には生物以外にも、数学とかも教わりに、よく生物準備室に行ってます。

 

数学の先生よりよっぽど分かりやすいんです。

 

校内のひっそりした、目立たないところに生物準備室があります。

 

そこはまるでK先生の研究室のようになっていて、K先生は自分の部屋のように使っています。

 

その生物準備室のドアには小窓(?)がついていて、いつもはそこには小さなカーテンが付いていて、ドアから部屋の中を見ることができないんですが、その時はなぜかカーテンが少し開いていました。

 

いつもはそのままノックするんですが、何気なくノックしようと思って小窓から中を見たら、凄い光景を見てしまいました。

 

部屋の中にK先生の机があるんですが、その机の上に、英語の新人の先生T先生が、ズボンとパンツを膝まで下ろした状態で座ってて、K先生の顔が、H先生の股間辺りにあるのです。

 

まさか、と思い心を落ち着かせてもう一度よく見てみました。

 

間違いない!T先生のチンチンをK先生がしゃぶっているんです!

 

20代前半(多分)で、今年から僕たちの学校に来たT先生が、目を瞑って、顔を上に上げて、気持ちよさそうにしています。

 

K先生は髪を振り乱して、物凄くノリノリでT先生のをしゃぶっていました。耳を澄ませると、しゃぶっているイヤらしい音まで薄っすら聞こえました。

 

僕は生物準備室のドアの小窓から覗いてたんですが、小窓は結構ドアの高い位置に付いてて、僕は背伸びをして見ていました。

 

でも、微妙に見えづらかったので、もっと見たいなぁという好奇心が出てきて、更に背伸びして見ようとしてたら、足をつってしまい、激痛が走りました。

 

僕は思わず「ウーッ!」と声を出してしまい、しかも足がもつれて膝をドアにガン!っとぶつけてしまいました。

 

「ヤバイ、K先生たちに気付かれる!」と思い、逃げようと思ったんだけど、足がつっているので速くは走れません。

 

それでもとにかくその場から立ち去らなきゃと思い、つった方の足をビッコを引きながら逃げようとしたら、すぐに部屋からK先生が出て来て追い付かれてしまい捕まってしまいました。

 

「オマエ、こんなところで何してるんだ?」とK先生に言われて、(内心、「先生たちこそ何してるんですか?」と聞き返したいくらいでしたが。

 

「え、あ、あの、生物の問題でわからないことがあったんで、教えてもらおうと思って…」と、カミまくりながらやっと言いました。

 

K先生は「ふーん、じゃあ中に入れよ」と言って、僕はK先生に手を引かれて生物準備室の中に入りました。

 

英語のT先生は、顔に汗を浮かべていましたが、ちゃんとズボンは穿いた状態で、「おう祐樹、真面目に勉強しているか?」とか言って来ました。

 

で、僕がK先生に質問を始めたら、T先生はソソクサと部屋を出ていきました。

 

T先生が出ていってから、K先生は僕が持ってきた生物の問題を解説してくれたんですが、その後、「オマエ、もしかして俺とT先生が、この部屋でやってたことを見てた?」と言ってきました。

 

僕はとっさに「いえ、別に何も見てません!」と答えましたが、なんだか声が上擦ってしまって、嘘をついていることがバレバレのようでした。

 

僕は必死に「何も見てない」と言っているのに、K先生は「そっか。見られてしまったか。しょうがないなぁ」とか言って、1人でニヤニヤしています。で、いきなり「オマエ、男に興味あるだろ?」と言ってきました。

 

「え、何でいきなりそんなこと聞くんですか?」と言ったら、「オマエ、いつもT先生が着替えをしているところをジーッと見てるだろ?」と、
K先生が言ってきました。

 

それは実は本当で、T先生は水泳部の顧問で、プールの更衣室は生徒たちで占領されてるから、T先生は仕方なく、生物準備室のとなりの生物室で水着に着替えるのを知ってました。

 

もちろんフルチンは見たことないけど、タオルを腰に巻いて着替えているT先生の姿は何度か見たことがあるんです。

 

っていうかその姿を見たくて、わざと放課後、用もなく生物室の前を通ったことがあります。

 

で、僕がT先生の着替えをジロジロ見てたのを、目ざとくK先生はわかってたんです。

 

T先生は20代前半で結構カッコイイので、K先生も狙ってたみたいです。K先生も、T先生の着替えを見てたんだと思います。

 

なんだか言葉を失った僕は、段々顔が赤くなって来て、汗が出て来てしまいました。

 

『うわー、どうしよう』と思ってたら、K先生が、「俺が今ここでT先生にやってあげてたようなことを、オマエにやってあげようか?」と言ってきました。

 

僕とK先生はお互いに椅子に座って、生物準備室のテーブルを囲んで向かい合ってたんだけど、K先生は自分の椅子を僕の椅子のとなりにピッタリくっつけて、ズボンの上から僕の股間を触ってきました。

 

最初はゆっくり触って、僕のチンチンの亀頭を確かめるようにして、手で亀頭の辺りをなぞってたんだけど、亀頭の位置がわかったら、今度は亀頭の下辺りを掴んで、激しく揉んできました。

 

あまりにも気持ちよかったので、僕は思わず「アン!」という声を漏らしてしまいました。

 

K先生は「段々大きくなってきたじゃないか! かわいいなぁ」と言って、僕のチンチンを揉みながら、耳を噛んできました。

 

耳を軽く噛まれて、今度はK先生の舌先が僕の首筋を這っていき、首筋を舐めながら、今度は僕のチンチンを揉んでいた手が、いつの間にかズボンのチャックを開けて中に入ってきて、僕のトランクスの上からチンチンを揉みしだかれました。凄く気持ちよくなってきました。

 

K先生は「オマエ、高校生のくせに、でっかいチンポしてるな!」と言って、僕のチンチンの先っぽを指でクリクリ刺激してきたので、チンチンの先が先走り汁でヌルヌルになってしまいました。

 

K先生は、僕のズボンとパンツを脱がせ、顔を僕のチンチンに近づけて来て、パクッとチンチンを銜えてきました。

 

K先生の口の中はとても温かく、そのK先生の口の中で、僕のチンチンは更にグングン元気になっていきました。

 

K先生は、夢中で僕のチンチンをフェラし始めました。

 

実はこの時、僕は初めて人にフェラされました。

 

なんだか気持ちよすぎて、椅子の上でのけぞってしまい、アン、アンっていっぱい声を出してしまいました。

 

チンチンをしゃぶられながら乳首も摘まれて、気持ちよさが絶頂に達してきた時、ふと横を見ると、T先生が水着一丁で突っ立ってました。

 

T先生の海パンの股間部分はくっきりモッコリしてました。

 

思わず僕はT先生の海パンのモッコリを指で摘んでみました。

 

指で摘んで揉んでいると、T先生は「あー、我慢できない!」と言って水着を脱ぎ出し、勃起して、黒々としたチンチンを僕の目の前にデーンと突き出してきました。

 

僕は、思わずT先生の大きくなったチンチンを銜えて、夢中になってしゃぶりました。

 

僕はK先生にしゃぶってもらいながら、T先生のをむしゃぶりついていました。

 

T先生のチンチンは凄く太くて硬くて、いっぱい先走りが出てたから、しゃぶるとクチュクチュ音がしました。

 

T先生のをしゃぶりながら、僕はK先生にしゃぶられてて、何だか途中で気持ちよすぎて、訳がわかんなくなってきました。

 

K先生が舌先で僕のチンチンの裏筋を舐め出した時、もう限界だと思って、「あーん、イク!」って僕が言ったら、K先生はまたパクっと僕のチンチンを銜えてしまいました。

 

「あーん、本当にもう出ちゃいますよ!」って言ってるのに、K先生は口を放そうとしないので、僕はK先生の口の中に射精しちゃいました。

 

K先生は僕の出したモノを全部飲み干してしまいました。

 

僕はイク瞬間にあまりにも気持ちよくなって、声を出しまくり、T先生のチンチンからは口を放していました。

 

だから、T先生の方を見ると、T先生は自分でチンチンを扱いていました。

 

そして、すぐに「アッ、アッ、イキそう、アッ、アー!!」と言って、僕の顔面に射精しました。

 

僕の頬っぺたとおでこが、T先生の精液でビショビショになりました。

 

僕はK先生にハンカチを借りて、それで顔を拭いて、恥ずかしいから、すぐパンツとズボンを穿きました。

 

もう恥ずかしくて堪らなかったので、すぐに部屋を出ようとしたのですが、T先生に腕を引っ張られて、「このことは誰にも言うなよ!」と言われて、抱き寄せられ、唇を重ねてきたので、ディープキスをしてしまいました。K先生は後ろでニヤニヤしていました。

 

その後、T先生とは車の中で1回Hしました。

 

明日は、K先生にまた生物準備室に呼ばれているから、放課後行きます。

 

もう最近は全然オナニーしてません。

 

T先生とK先生に性処理してもらってます。

 

すいません、文章力がなくて上手く書けませんでしたが、実話です。



 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索