ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】映画館でフェラされて絶叫しながら射精した話

【ゲイ】映画館でフェラされて絶叫しながら射精した話

くらら劇場での思い出

東京都在住の会社員さんからの投稿。投稿者が二十代の頃、サイトで体験談を読んでいると悶々が収まらなくなってしまう。自身もリアルで体験してみようと思い立って映画館へ向かってみたのだだが・・・
熟年さんに愛撫される男性
アナル挿入とかは無いですが、昔経験したフェラ、手コキの体験談を書きたいと思います。

昔、映画館で発展といったようなサイトがあり、そこでの体験談をよく覗いてました。(10~15年ぐらい前?)

読めば読むほど、見れば見るほど欲求が膨らんでしまい、自分も実際に体験してみたくなったのです。

そして、興味もあったので飯田橋のくららに行ってみました。《くらら劇場はすでに閉館されたようですね》

確か入り口が地下だったと思いますが、料金を支払い中に入ると映画は上映中で、結構人がいました。

真ん中あたりの通路を通ると、座っている人から何度かタッチをされた記憶があります。

初めてだったので、とりあえずどうすればいいのかわからないので、一番後ろに行き、しばらく立って見てました。

その後、後ろから2列目あたりが空いていたので、そこに座り映画を見ていると、隣に少し歳を取った方が移動してきて、そのまま映画を見ていると、急に私の太ももに手を添えてきました。

いきなりだったので驚きましたが、多少期待していたこともあり、そのままにしていると、今度は股間に手を伸ばしてきて擦り始めました。

興奮もあり、そのまま勃起するとチャックを片手で下ろそうとしたので、自分でチャックを下ろし、パンツを見えるようにしてあげました。

さらにその状態のまま擦り始め、フル勃起を確認したおじさんは、パンツを少しずらし、直に触ってきました。

おじさんは手に唾を付けて滑りやすくし、しこり始めました。

「あっ、んっ…」

自然に声が出てしまい、クチュクチュと淫らな音も響き始め、前の人や後ろの人からもチラチラと見られてしまいました。

それほど激しくないしこり方で、がまん汁も出まくっており、勝手に腰も動いてしまいました。

すると、おじさんから耳元で「トイレに行こうか」と言われ、そのまま頷き、勃起したものを何とかしまいこみ、トイレに向かいました。

トイレの奥の個室に入り、ドキドキしながら待っていると、席では暗くてよくわかりませんでしたが、ガタイがよく、結構渋い感じのおじさんが入ってきました。

入ってくると「ズボン脱いで」と言われたので、ズボンを脱ぎ、配管に手をかけ、立ったまま勃起したものをおじさんに見せました。

まずはそのまま手に唾を付けて手コキされ、腰がガクガクしましたが、また自然に腰も動いてました。

「ああ・・・気持ちいい・・・」

手コキされながら、いきなりキスをされ、「うー、うー」と唸りながら舌を吸われました。

キスが終わるとおじさんが「普段はあまりフェラはしないんだが、君かわいいし、結構良いもの持ってるからしてやるよ」と言われ、しゃがみ込み、がまん汁がいっぱい出ているモノを咥え始めました。

「あっ、ああっすごい…」

ジュボジュボ音をたてながらしゃぶり、おじさんの手は乳首を摘み始めました。

乳首は感じているのかよくわかりませんでしたが、初めての男性からのフェラに興奮し、あまりの気持ちよさに声も出まくってました。

「ああっ、ああっ、気持ち良いっ」

あまり自分のモノには自信はなかったのですが、それをおじさんに言うと「十分大きくて、カリも大きくしゃぶりがいがあるよ」と言われちょっとうれしくなってしまいました。

フェラをやめ、再度キスをされ、先ほどの言葉で余計に興奮してしまい、私もおじさんのキスに応え、舌をからめ激しいキスをしました。

手コキをさらに激しくされ、イキそうになったので、「イ、イキそうです」と言うと、手を止められ、その間はキスや乳首を舐められました。

どのくらいの時間が経ったのかわかりませんが、しばらくその繰り返しをされ、腰がガクガクし、ふと勃起したモノを見ると、今まで見たことないぐらい隆々としており、自分のモノがここまで大きくなるとは思いませんでした。

おじさんが「気持ち良いか?そろそろ限界か?イキたいか?」と聞いてきたので「はい・・・イキたいですっ」と懇願するようにおじさんに言いました。

「じゃあ、イカせてやる、イク時は言えよ。」と言い、乳首を舐めながら手コキで激しくしこり始めました。

クッチュクッチュクッチュと音も激しくなり「あっ、ああっ、ああっ」と私の声も周り関係なく大きな喘ぎ声を出しました。

もう限界に来たので「イクっ、イキますっ」

「たくさんぶちまけろっ」

おじさんがそう言った瞬間に、腰を前に出し「イクっ、イクーーーーーーーー」と大声を出して射精しました。

こんなに出るものか、と思うぐらい射精が止まらず、体を痙攣させながらイキまくりました。

射精が終わったあと、おじさんがやさしくモノを口で掃除してくれ、イッタばかりなのでビクビクしてしまいました。

その後、おじさんは「電話番号交換しないか?」と言ってきましたが、急に恥ずかしくなってしまい「すみません、ありがとうございましたっ」と言って逃げるように個室から出てしまいました。

個室から出るとギャラリーも居たようで、その中の同じぐらいの年齢の人に抱き寄せられ「次は俺としない?」と言われてしまいましたが、それも逃げるように出て行ってしまいました。

帰りの最中、しばらくモノが筋肉痛みたいな多少な痛みが出ていましたが、今思うと、おじさんと電話番号交換していればよかったな、おじさんに何もしないで悪いことしたな、と後悔しています。

今は結婚して40にもなりますが、(恐らくこの時のおじさんと同じくらいの歳)この時の快感が今でも人生の中で一番の快感だと思ってます。

既婚者ですが、最近は自分でもしゃぶったりしてみたくなり、Mensnet等で一度募集したこともあり、実際にしゃぶったこともありますが、やはり下手なのか、イカせることができませんでした。

その方は初心者ということがわかっていたのか、別に大丈夫ですよ、と言い、代わりに私をフェラでイカせてくれました。

もっと練習したいと思いますが、中々時間や場所を取るのが難しく、実施できません。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。