Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】バスケ部のイケメン先輩を部室で生ガン掘りした話

【ゲイ】バスケ部のイケメン先輩を部室で生ガン掘りした話

イケメン巨根の副キャプテン

岐阜県在住の高校生からの投稿。高校バスケ部に入った投稿者はその実力を買われ、1軍の練習メンバーに仲間入りした。チームの中でも1番のイケメン副キャプテンは投稿者にとてもよくしてくれ・・・・・・

高校バスケ部のイケメン先輩

 

この春に高校に入ったばかりの俺は、中学時代からやっていたバスケ部に入った。

 

中学ではキャプテンをやっていただけあって、一応、有望視されてて先輩達の練習(1軍)の中に入れてもらうことができた。

 

そのかいがあって、先輩達とも仲良くなり、特に3年の副キャプテンの裕二先輩に可愛がってもらっていた。

 

裕二先輩は、183cmの長身で、(バスケをやってる人にしては普通かも。ちなみに俺は180cm)EXILEのSHUNに少し似ていて、うちの学校はもちろん、他の学校の女の子達にも人気がある。

 

試合になると裕二先輩の女子応援団がくるくらいだからwスゴイよね。

 

さて、本題はココからです。

 

連休前のある日、練習が終わり、帰ろうとしてると、裕二先輩が、「やっべ~、部室に忘れ物した。豪、悪りーけど取りに行くから、ついてきてくんない?」と言われたので、「あー、いいすよー」ってな感じでついて行った。他の人達は先に帰って行った。

 

部室に入ると何故かいきなりカギを掛けて、裕二先輩は俺に向かってこう言った。

 

「忘れ物なんてウソなんだ。実は豪に言いたいことあるんだ…」

 

妙に改まった先輩、何か様子がおかしい…

 

俺は練習のことで何か言われるのかな?と思った。

 

そしたら…裕二先輩は、「俺、豪のことが好きなんだ! 豪は俺のことどう思う?」

 

俺は耳を疑った。あれだけ背が高くてカッコよく、女の子にも人気がある先輩が、俺のことを好きだと言っている。

 

絶対にからかわれてると思い「冗談やめてくださいよ~、もう」と俺は言ったが、先輩の俺の見る目はマジだった…。

 

俺は、「実は、入部した時から先輩のことカッコいいなぁって思ってて。
練習を重ねていくうちに、何か恋愛感情みたいなのが湧いてきて。彼女いるのかなぁ?とか、裕二先輩のことがずっと気になってました」と答えた。暫く沈黙が続いた。

 

そして先輩が口を開いた。

 

「しよっ…?」

 

何気なく裕二先輩のアソコを見たら、ズボンがかなり膨らんでいた。

 

先輩は、俺の手を自分の膨らんだズボンの上にに置いた。

 

先輩が「フェラしてくれるか?」と聞いてきたので、「じゃあ後で先輩も俺のフェラしてくれますか?」と聞いた。

 

そしたら「いいよ」と言ってくれた。

 

そして、俺は先輩のズボンとパンツを下ろした。

 

俺の目の前にはズル剥けで、ビンビンのモノが姿を現した。

 

俺は思わず「でけぇ~」と言ってしまった。そしたら先輩が、「3年のバスケ部の中で、俺のが一番デカイんだぜ!」と教えてくれた。

 

先輩のを口に含んだ。

 

喉に刺さるほど長く、太っとい先輩のモノをしゃぶるのは一苦労したが、先輩の気持ちよさそうな顔を見ていたら、もっと気持ちよくさせてあげたいと思って、夢中でしゃぶってあげた。

 

「豪、上手いよ。あっ、あっ、そこ、そこ。気持ちいい~。そろそろイキそう~」と言ってきたので、俺は激しくしゃぶった。

 

先輩が、「イク、イク。イクヨ~」と言って、俺の口の中に先輩の大量の精液が満たされた。

 

俺はその精液を口から出し、先輩のアナルに塗り込んだ。

 

裕二先輩のアナルに精液を塗りつけ、自分のモノを入れようとしたら、先輩の顔が後ろを向き、俺のモノを見て、「豪のも、俺に負けないくらいデカいじゃん」と一言。そして、俺は自分のモノを先輩の中に入れた。

 

俺は「超キモチいい~っす、先輩痛くないですか?」と聞いたら、「少し痛いけど、俺とお前が1つになれるんだから、ガマンするよ」と言われたのに拍車がかかり、俺は自分のモノを奥まで突き刺した。

 

「先輩、全部入ったっす。動かしていいですか」と聞いたら、「うん、おもいっきり突いてくれ」と言われたので、俺はこれでもかと言うくらい先輩のアナルを突き上げた。

 

薄暗い部室の中は、俺達の喘ぎ声と、クチャ×2といやらしい音が響き渡った。

 

先輩はロッカーに手をつき、踏ん張りながら、「豪、もっと突き上げてくれ!」と言ってきた。

 

俺は先輩を思いっきり突き上げ、「先輩のアナル、超キモチいい~っす!はぁはぁはぁ、そろそろイキそうっす!」と言うと、先輩は「中に出していいぞ!」と言ってくれ、俺も先輩の中に出したかったので嬉しかった。

 

「あ~あ~イクぅ、はぁはぁはぁ、イクぅ、出るぅ、出っ、出ちゃった~、はぁはぁ」と言いながら、俺は先輩の中に大量の精液を放出した。

 

お互いの息がまだ不規則に乱れている中、俺は先輩のアナルからモノを抜き出した。

 

先輩のアナルからは、俺の出した精液がいやらしい臭いを放ち、ポタポタと床に垂れ落ちていた…俺と先輩は濃厚なキスを交わした。

 

キスをしていたら、俺のモノが再び元気になってしまった。

 

先輩に、「俺のまた元気になっちゃったっす!しゃぶって欲しいんすけど?」と聞くと、先輩は「豪は若いな…」と一言。

 

先輩が俺のモノを口に含もうとしていたら、隣の部室(バレー部)に誰かが入って行く音が…

 

先輩が、「バレるとマズいから、そろそろ帰ろうか?今度しゃぶってやるからな」と言って、軽くキスをしてくれた。俺は渋々ズボンを上げた。

 

帰り際、先輩に、「今度の連休、俺の家に泊まりに来ないか?」と言われたので、「喜んで行くっす!」と返事した。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索