ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】鉄工所の筋肉バカな先輩に無理矢理犯された話

【ゲイ】鉄工所の筋肉バカな先輩に無理矢理犯された話

先輩のワンボックスカーで

栃木県在住の鉄工所勤務さんからの投稿。高校を卒業した投稿者は特にやりたい事もなく、町の鉄工所に就職した。華奢な身体には重労働だったがとにかく3年は我慢して働こうと頑張っていた。そんなある日・・・・・

先輩に犯された高卒社員

僕は19歳で、今小さな町工場で鉄工の仕事をしてます。

これは本当の話しです☆

今日の10時の休憩の時、僕が自販機でジュースを買っていると、僕の先輩の岡部さんが、「暑いな~」って僕の服を引っ張ったり、尻をなでてきたりしました…

岡部さんは筋トレが趣味ですごいガタイしてて作業着もパンパン、というかワザとワンサイズ小さいの着て見せつけてるらしいです。

「やめて下さいよ~」って言ったら、耳元で「昼休みに駐車場にきてくれないか?なぁ?」といきなり言われ、嫌な予感はしましたが「はい…」と答えるしかなかった…

そして昼休みになり、駐車場に行くと、岡部さんが「まぁ暑いだろ? エアコンガンガンにかけてるから車に乗れ」と言われ、渋々車に乗った。

ちなみに車はワンボックスのフルスモで、中は見えません。

乗ったら、すぐに先輩が服を脱ぎ、全裸になり、チンコを見せて、「俺、お前のケツにこれ入れて~」と言われ、僕は抵抗も虚しく全裸にされて、もう涙がでそうだった…

実は僕のは包茎で、見られたくなかった…

先輩は僕の包茎なんてまったくお構いなしで、僕の体をペチャクチャと舐め回し、僕は抵抗をせず、流れるままにやられていき、車に用意してあったローションを塗られ…

遂に僕は先輩と一つになった。

本当に死ぬほど痛くて、泣きました。

でも不思議と段々慣れてきて、変な感じを覚えた。

そして、先輩が僕の中に出してしまい、チンコを抜くと、タラーンと白い液が出て、つい「うわぁ汚い!」と言うと、先輩がきれいに舐めてくれた。

仕事が始まり、何食わぬ顔で仕事をした。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。