ホーム » リーマン・社会人 » 【体験談】ドSなイケメン痴漢の下僕に堕ちた俺

【体験談】ドSなイケメン痴漢の下僕に堕ちた俺

ドSな痴漢野郎

神奈川県在住の会社員さんからの投稿。毎朝、通勤電車で一緒になるイケメンリーマンに淡い思いを寄せる投稿者。ある日、車内超満員の中、イケメンリーマンと向かい合い密着してしまった投稿者は・・・・・・

電車で痴漢

毎朝、同じ駅から同じ車両で、ほぼ自分の近くで同じ駅で降りるイケメンリーマンとの出来事。

その日は混雑していて自分とリーマンRはいつしか向かい合わせで、Rの手が俺の股間に当たっていた。

だんだん堅くなった俺の竿をRは撫でている様に感じた。

すると今度は鞄を下げた俺の手の甲にRのカチカチになったモノが当たっていた。というか、当ててきた。

目を合わすと、ニヤリと微笑んだ。

数分間の短い間お互いに股間中心に刺激し合い、駅に到着し降りてすぐにRがちょっと時間有るかな?ときいてきたので、頷いた。

アドレスを交換したいと言って来たのでメアドと電話番号を交わした。

昼頃さっそくmailが来た、その日の晩に駅に待ち合わせした。

朝に電車内で股間を触りあった仲なのに、妙に照れ臭くて顔が熱かった。

Rはそんな俺の様子を見て、いろんな話をしてくれ、おかげで緊張が和らいだ。

彼のマンションと自分のマンションは歩いて5分の位置で、とりあえずRのマンションに行くことに。

部屋に着いて、いきなり抱きつき、濃厚なキスをしてきた。

なすがままに、服を脱がされボクサー一丁になり、Rも黒いビキニになりヘソの辺りまでそそり立つどす黒チンコが。

するとベッドに寝かされ引き出しから、ローション、張り形を出し、荒い口調で今日から俺の思う玩具にしてやるから、じっくり感じ体に仕込んでやるから、と言って、乳首をつまみ上げた。

髪を鷲掴みにしビキニから飛び出たチンポに押し付けたイマラチオ味あわせて、苦しむ姿を見て、喜んでいた。いわゆるどSだった。

プロは185*75*30 P18.5

童顔で、自分は170*65*35 P17。

しゃぶっていると激痛が走りアナルに指か入っていた、次に冷たい感じがと思うと中太い張り形が、痛みはだんだん、快感に、あえぐ自分にそろそろいいころだなと言うと口からチンポを抜き、一気に差し込んできた。

温かい肉棒は少しづつ動き始めた。

頭中が真っ白になり、気持ち良いを連呼して直ぐにイッてしまった。

Rは見届けると激しく突いてきた。

あたたかい液体を尻の中に感じ、肉棒が刺さったまま二人は寝てしまった。二時間ほどして目がさめると、Rがシャワーを浴びていた。

気付いたRは優しく、シャワーに誘ってくれた。

帰り支度をしていたら、Rは明日何時もより二本早めの電車に乗ろうよと言われ。紙袋を渡してきた。

それはリモコン式のバイブで明日からこれケツに仕込んでこいとの事。

言われるまま、仕込んで言われた時間にホームに着くとRがいた。

ニヤリと微笑んだとたん尻の中に振動が走る。

近付き挨拶をしたら、振動が強くなった。

電車の中でも、何度か振動が走る。

駅に到着すると、人気の少ないトイレに連れ込まれ、

朝からしゃぶって一発夜は、火木土と土曜は朝まで、何度も掘られ続けて、今日も昼頃からお互い4発終わりました。

たぶん朝まで、三回ぐらいかな。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。