ホーム » SM調教 » 【ゲイ】中村映劇に行った欲求不満な童貞青年の話

【ゲイ】中村映劇に行った欲求不満な童貞青年の話

中村映劇にて

愛知県在住のアルバイト店員さん(25)からの投稿。以前からゲイに興味があった投稿者は、初めてハッテン場に行くことに。ただ有料発展場には行く勇気がなく、成人映画館で探してみることに・・・・・
拘束調教された青年

僕は25歳になります。

何ヵ月か前の話だけど、経験はなかったけど、ゲイに興味のあった僕は、いろいろ調べて、発展場というのを知って、映画館に行ったので報告します。

行ってきたのは愛知県の中村映劇という成人映画館。

前調べによると女装子さんが多いみたい。

僕は女装の趣味はないので相手にされないかなぁという心配はあったけど、とにかく見るだけでも経験だと思って行った次第です。

劇場内に入ると思ったほどお客さんがおらず、肩透かしを食らった感じ。

とりあえず後ろのスペースに立って様子を見ることに…と、すぐ股間を触る手が伸びてきて、壁際に寄せられた。

あまりの急展開に緊張で硬直していると、「初めてなの? 可愛いね」と言いながら、チンポを出され、直で扱われてました。その後はキスなどもしてきて。

そんなのを10分くらいしてると、相手の中年男性が「ゆっくり2人でしようか」と言ってきて、僕はそのまま手を引かれ、映画館を出ました。

連れて行かれたのは、その人の部屋みたいでした。

最初は、先ほどまでのような普通のプレイだったけど、途中から拘束具もつけられたりしだして、僕は少し不安になってきて、「怖いです」と言ってみた。

でも男性は、「これから調教するんだから」と言って笑ってました。

後でわかったことだけど、彼はゲイに加えて、SMの気もあったようです。

それから僕は、手足に拘束具をつけられた状態で、お風呂に連れて行かれた。

それからシャワーの先を外して、アナルにそれを入れられて、浣腸みたいなことをされ、それを何度か繰り返しされました。

水しか出てこなくなると、またアナルにシャワーを入れられたかと思うと、そのまま変わった形のパンツみたいのを穿かされて、シャワーが抜けないように固定されました。

その後、僕はお尻を突き出すような格好で四つん這いで、シャワーを入れられたまま放置されて、そのままアナルの中に、水を出され続けて放置されました。水は隙間から漏れてたけど、それでも苦しかったです。

何時間もそんな状態だったけど、途中から僕のチンポはビンビンになって治まらなくなってた。

その後、シャワーから解放されてからは、「これで綺麗になっただろうし、解れただろ」と言って、唾をつけて男性がアナルにチンポを入れてきました。もう僕は頭が軽く飛んでしまってて、多分喘いでたと思う。

彼は一度中に出すと、「まだこれからだぞ」と言って、またピストンを始めました。

そして、僕は同時にチンポを扱われて、彼が中に出すと同時に、大量にザーメンを出した。

その後は、翌日の朝まで半日くらい、拘束具はされたままで、アナルにはバイブを入れられて、僕はひたすら彼のチンポをしゃぶってたと思う。

そして朝、アナルにまた出された後、解放されました。

でもシャワーとかも貸してもらえず、アナルからザーメンが大量に溢れてきてる状態で、下着を穿いて帰りました。

彼とはそれ以降会ってないけど、最近になって、それを思い出しては興奮してます。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。