ホーム » SM調教 » 【閲覧注意】ゲイたちの乱交パーティーが凄まじい件

【閲覧注意】ゲイたちの乱交パーティーが凄まじい件

奴隷というポジション

都内在住の男性からの投稿。以前、ネットで乱交パーティーを主催する男性と知り合った投稿者。男の話を聞くうちにパーティーへ興味が湧いてきてしまい、ついには参加を願い出てしまったのだが・・・
SM乱交パーティー
私はバイのご主人様に奴隷として調教されています。

ネットで知り合ったご主人様に会って話を聞くと、バイですから女性のセフレも多いらしく、定期的に乱交パーティーなんかも主催されているようでした。

当初は一回きりのプレイという話だったのですが、前々から乱交に少なからず興味のあった私は、ぜひまたお会いしたいと伝えました。

ご主人様は快く受けてくださり、次回の乱交パーティーに連れて行ってくれることになったのです。

そんな流れで乱交パーティーに参加するようになったのですが、初めて参加させて貰った時に、ご主人様は私を奴隷として紹介されたため、私はメンバー全員の奴隷というポジショニングが確定してしまいました。

また、驚いたことにメンバーさんには定期的な検査が義務づけられているらしく、全て生で行われていました。

ですから、当初はセーフでとお願いしていた私でしたがパーティー初参加の日に、皆さんの見ている前でご主人様に問答無用で種付けされ、その場で、「皆さんの精液便所にして下さい」と言わされました。

パーティーの開催される日は、私はご主人様と一緒に一足先に会場入りします。

そこで、ムダ毛の処理をしたり、アナルを丁寧に洗浄し、開口具と後ろ手錠され首輪を嵌められ、鎖で繋がれます。

その状態で、パーティーの間は精液便所として使われます。

基本的にメンバーさんの精液は全て私の口かアナルに入れて貰いますが、男性メンバーばかりではないので、相手が女性の場合は、男性から中出しされた精液をオマンコからバキュームクンニで吸い出したりもします。

私自身はチンポでイク事を禁止されていますが、口マン、ケツマンを何度も犯されるので、一晩で数回はトコロテンしてしまいます。

最初は精液便所だったのですが、ある時女性メンバーさんが私の口にオシッコをしたのをきっかけに、小便器として使われるようにもなりました。

全て飲むように言われので、終わりころにはお腹がチャポチャポなんです。

もしかしたらこの先、大便器としても使われるのでは無いかと思うと、さすがに逃げ出したい衝動に駆られるのですが、ご主人様から呼び出しがあると嬉々として出掛けてしまいます。

心の奥では、とことん便器に堕ちてしまいたいのかも知れません。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    これの続きキボン❤

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。