ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】昨日、初めてSMサロンに行ってきた・・・・

【ゲイ体験談】昨日、初めてSMサロンに行ってきた・・・・

恥辱好きのドM

以前からSMに興味のあった投稿者は大阪の某SMサロンに初めて行った。縛られ吊るされた先客を前に緊張が高まる投稿者。しかも、オーナーに勧められるがまま人生初めて褌まで穿かされ・・・・・・
SM調教された大学生
ネットでゲイ専門のSMサロンを見付けた。

もともと性格がMで、プレイもウケで恥辱されるのが好きなので、SMには興味があった。

サロンは16時から営業という事だったので電話を入れると「18時頃からお客が来始める」との事で、時間を潰し18時過ぎにサロンに到着した。

そのサロンでのプレイは、基本的にお客同士のプレイだそうで、早い時間は客が居ないようであった。

受付を済ますと、サロン内は下着か六尺褌か全裸という事であったので、下着で参加しようと思っていたが、せっかくだから六尺褌に着替えるよう促された。

オーナーに締めてもらい、初めての褌。

オーナーはすごく似合っていると褒めてくれたが、褌の存在感があり過ぎてどうも落ち着かないというか、なんとも言えない気分。

先客が居たがMのようで、Sの客はまだ居ない。

さっそく先客がプレイルームに呼ばれ、オーナーが相手を務めた。

プレイが始まり呻くような喘ぎ声が聞こえてくる。

自分はゲイ雑誌を手にしながら野球中継を見ていた為、いまいち集中できずにいた。

逆に言えばリラックスしていたんだと思う。

途中でプレイルームに呼ばれ入室すると、先客が縛られ吊されている。

オーナーが「SMは初めてだろ。触ってごらん。」とローションが塗られギンギンに反り返ったペニスを扱かせてもらった。

オーナーは前から後ろから乳首を攻めている。小さく呻く先客。

部屋に戻されると、自分も先客のように吊るされるんだろうか?と忘れてた緊張が蘇り手が汗ばんでくる。

そして自分の番になり鏡を前に直立してると、オーナーが手際良く全身を縛る。

両手を前で縛り吊り上げ自由を奪うと、褌をズラしペニスを取り出す。

「勃てなきゃ始められないよ」と意地悪く微笑み優しく扱き始めた。

ローションを塗り尚も扱き勃起させると、先ほどのように前から後ろから乳首を攻める。更に片脚も縛られ吊り上げられ、恥ずかしい格好が鏡に写る。

身体を蹂躙されるばかりか、縛られ完全に自由がきかないシチュエーションが興奮を更に増幅する。犯されてるこの感覚が堪らない。

興奮が最高潮に達した自分はオーナーの手でイカされプレイ終了となった。

「可愛いお尻だったよ。よく頑張ったね。」と労いの言葉をもらいサロンを後にした。

非日常的なプレイで味わえる快感に病み付きになりそうだ。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。