ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【体験談】バイ男性、婚約者の義父のチンポまで食い漁るwwww

【体験談】バイ男性、婚約者の義父のチンポまで食い漁るwwww

彼女よりも義父

静岡県在住の会社員さんからの投稿。彼女にプロポーズした投稿者は、彼女の実家へご挨拶に行く事に。どうやら、彼女の父は現役の自衛隊員でガチムチの強面だそうで・・・・・
乳首モロ感なガチムチ兄貴
俺はバイで、付き合ってる彼女とついに結婚することにした。

さっそく向こうの両親に挨拶に行くことに。

彼女曰く義理父は自衛隊勤務で、ガタイのデカい強面だという。

見た目は怖いけど根は優しいのよ…と。

俺はスーツでびしっと決めて、いざ挨拶へ。

噂通りのマッチョ系色黒親父が待っていた。

かなり緊張はしていたが、目の前の親父さんがモロタイプだったもんだから、股間は興奮して、膨らみを隠すのに必死だった。

両親に結婚の承諾を得て、みんなで楽しくご飯を食べることに。

義理父に酒を勧められ、ホロ酔いで少し打ち解けた頃に、彼女と義理母が買い出しに出ると言う。2人っきりが気まずいとは思いながら、気を遣いながら酒を飲む。

しばしの沈黙の時間が流れる。

気まづいなぁと思っていると、いきなり義理父の大きい手が俺の肩に。

その直後、「お前可愛いな」っていいながら、一方の手で股間を揉まれた。

「!!!!!」

少し腰を退きぎみにしてると、あっけなく力で横倒しにされ、「さっき股間をもっこりさせて誘ってただろ?」と、自分の股間を触らせた。

ズボンの上からでもわかるくらいデカく、エラが張ってるような感触。

生で触りたいと思いながらも一応、「やめてください」と言うと、キスをしてきた。

こんなにもやらしくて、燃え上がるキスは初めてで、俺がキスに夢中になっていると、着ていた物を全部脱がされた。

乳首を弄ばれ、完全フル勃起。

もっとして欲しい気持ちと、2人が帰ってくるという緊張感から、チンポからは我慢汁が溢れ垂れてくる。

義理父のズボンをずらすと、想像通りにデカくて、ズル剥け、ドス黒チンポが登場。

半勃起ながら我慢汁が出ている。俺は思わずしゃぶりついてしまった。

すると義理父が「お前、経験あるのか?」なんて聞くから、しゃぶりながらケツを振った。

ニヤッと笑った義理父はイケると思ったのか、69の体勢になり雄マンを舐められた。

唾液でべちょべちょにしながら、ローション代わりに俺の我慢汁で、1本、2本と指を入れてくる。

激しく掻き回され、思わず「お父さんのデカマラをください」ってねだってしまった。『2人が帰ってくるかも』と心配してると、いきなり携帯にメールが。

彼女から《お父さんと仲良くなれるチャンスだよ》なんて文章がきた。

仲良くなるって…と一人言を言っている間に、義理父が全裸に。

鍛えられた胸板と筋肉の上から、脂がのった体に俺のテンションは最高潮、と同時に、いきなりヒョイッとお姫様だっこをされ、寝室に連れていかれた。

『普段はここで義理母と…』と思うだけで、我慢汁ダラダラにケツマンが疼きだす。

興奮してる俺を見てからなのか、ビンビンに勃起したデカマラをいきなり押し当ててきた。

「お父さん、ローション」って言うと、「尚宏って呼べよ」って耳元で囁かれた。

その言葉に雄マンが開いたのか、デカマラがすんなり入ってきた。

元々緩い雄マンの俺は、すんなり受け入れることができた。

エラの張った親父チンポは、大きさを増しながらガツガツ掘っていく。

乳首を攻められながら、言葉責めと熱いキスで、俺はすぐにトコロテンをしてしまった。

そして雄マンが締まったのか、尚宏さんもイクッッッと言いながら、俺の中で果てた。

ダラダラと精子を出しても、なお勃起してるデカマラを入れたままキスをしてくれた。

「そろそろ戻ろう、母さんたちが帰ってくる時間だ」

着替えて、飲み直していると、彼女のお姉さんの旦那さんとも関係を持ったと聞かされて、また雄マンがじわぁっと疼いた。

尚宏さんが「今度は3人で」って話していると、2人が帰ってきた。

義理父と仲良くしてる俺に、彼女は「なんかあったの?」と聞いた。

深い関係だなんて言えずに、義理父が男同士の秘密だと言った。

彼女はそんな俺たちの姿を見て、とても嬉しそうにしていた。

早く義理兄とも会いたい。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。