Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ】電車で乗り合わせた男に発情したリーマンの末路・・・・

【ゲイ】電車で乗り合わせた男に発情したリーマンの末路・・・・

全身モロ感

東京都在住の会社員さんからの投稿。毎朝、会社に行く前のオナニーを欠かさない投稿者。その日は珍しく寝坊してしまい、オナニーを中断し家を出る事に。淫乱スイッチオンの状態で地下鉄に乗った投稿者は・・・・
地下鉄の痴漢魔
今日はずっとガマンしていただけあって出る量も勢いもすごかった。

陰毛にからまる精液はとてもエロい。

洗濯バサミで苛めていた乳首がとても敏感になってしまって、すこしシャツで擦れただけで快感が襲ってくる。

乳首の快感はそのままア○ル奥の雄の器官に直結して、とたんに厭らしいスイッチが入ってしまう。こうなったら身体が言うことをきかなくなる・・・

そんな危うい状態で乗った地下鉄でのこと・・・

周りに気づかれないよう、ドア横に立ってテントを張った股間を隠すようにカバンを前にして乗っている時間はわずか15分程度なんだけど、この状態での15分は1時間にも2時間にも感じる。なるべく乳首が擦れないようジッとする。

後ろに立つスーツ姿のがっちりりした体つきの男の手が揺れた拍子に俺の尻に触れ
思わずビクっと反応してしまう。

ハッと周りを見回すけど意識しているのは俺だけ。

もう、ダメ、息が荒くなってきた・・・

目的地に着くなりあわてて飛び出し、そのままトイレに駆け込んで厭らしいボクサーパンツを露にすると、布地からはちきれんばかりに屹立するペ○ス。

先端からは透明な汁が滲み出し、パンツに恥ずかしい染みを作っていた。

さっきの電車で見た男を思い出しながらゆっくり下着の上から亀頭をさわり、同時に敏感になった乳首を触るとそれだけで出してしまいそうになる。

亀頭はぷっくり膨らみビクンッビクンッと脈打ち出す。

限界ギリギリだが、もう少しだけこの時間を楽しみたい。

狭く身動きが取りにくいトイレの中で便座に座り、ズボンを脱いで下着姿になって大きく足を開き、声を殺しながらゆっくりゆっくり亀頭を撫で回す。

制服をたくしあげ、乳首をつまんでひねったりこすったり。

鞄から取り出した小さなローターをローションを使ってアナルにあてがって、ぐっと押し込むと僅かな痛みと共にアナルの中に入り同時に快感と痛みと異物感に襲われた

しばらくそのままでこの奇妙な感覚に耐えていたのですが、ペ○スはギンギンに張り詰めてました。

そのままそっと○ニスに触れると、アナ○もぎゅっと締まって中のローターを押し出そうとむずむず動いて。

でもローターの形状が楕円形の球体なのでアナルを押し広げる格好になり広がる事でまたアナル奥へ押し戻す、この奇妙な動作でなんともいえない快感と排泄感と異物で過敏に反応してしまい、もうこれ以上ないくらいギンギンに張り詰めているペニスに手をかけゆっくりしごきながらローターのスイッチをON。

すると電気が走ったような強烈な刺激がアナル奥で始まり、その振動に耐える事ができず、ビクビクっと腰をふるわせ白く厭らしい匂いを放つ白濁液が床に飛び散る。

どくどくと出している間、ローターは振動し続け、ビクビクと搾り出す動作と共に振動しているローターはアナルへさらに刺激を与え続け思わず「んっ・・あああ!」と声が漏れてしまった・・・痺れるような射精感

しばらく余韻に浸っていたがさすがにそのままではまずいので、ペーパーで軽くふき取り身づくろいをしてトイレを出た。

途中、何人か用をたしている人もいたけど気づかれたかもしれないな・・



 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索