ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】教育実習生のセクハラアンケートが露骨すぎwwww

【ゲイ】教育実習生のセクハラアンケートが露骨すぎwwww

第二性徴期について

茨城県在住の男子学生さんからの投稿。ある日、小学5年生の時にお世話になった教育実習生と偶然再会した投稿者。先生は数年前と変わらず面白く、昔の思い出話で盛り上がり・・・・・・
教師に尺られる男子学生
それは塾の夏期講習から自宅に帰る時だった。

駅前にコンビニで偶然にも5年生時の教育実習の先生(以下、Nさん)と出会った。

当時はNさんは面白いギャグを連発し、生徒たちのハートをガッチリ掴んでいてすごく人気があったんです。

Nさんとコンビニの前で昔話に花を咲かせているとNさんがジュースをおごってくれ、おまけに自宅まで車で送ってくれることになった。

自宅まで約30分ぐらいかかるのだが、その途中、僕はおしっこがしたくなり、Nさんは最寄の公園で車を止め、僕はトイレに向かった。

僕がトイレで用を足していると、背後からNさんが僕の放尿シーンを覗きこみ、「もう毛が生えてるんだね。大人じゃん!」と冗談ぽく言ってきたが、僕は恥ずかしくて反応できず、車に戻っても黙ってしまった。

Nさんも僕の落ち込みに気づいたみたいで、「さっきは御免ね。この年頃だと恥ずかしいよね。俺も6年生ごろから発毛したんだけど、当時は恥ずかしかったもんなー。」と言って謝ってきたw

その1週間後、またNさんと偶然出会った。

でも、今思えば偶然じゃなかったのかも…

Nさんは、また自宅まで車で送ってくれたのだが、今回はNさんのアパートに寄ってから自宅まで送ってくれることになった。

Nさんはアパートに着くと、「論文を作成するにあたって、あるアンケートに答えてほしいんだ。答えてくれたらおいしいこと教えてあげるから。」と僕にお願いしてきたが、僕は何の疑いもなく快諾した。

アパートに入ると、一人暮しの部屋らしく雑然としていた。

暑かったせいか、Nさんは服を脱ぎ始め、トランクス一枚になった。

そして、僕に冷たい飲み物を出し、質問をし始めた。

質問内容は、第二次性徴に関することだった。

「いつから毛が生え始めた?」とのことで、正直に「4年生の夏ごろ」と答えた。

Nさんは「そうだよな、あれだけ剛毛ならなー。」とコメントをした。

「その時はどう思った。処理してた?」とのことで、「恥ずかしくて、しばらくの間、剃ってた。」と答えた。

Nさんは「俺はみんなに見せまくったけどなー!」とのコメント。

「発毛に関して、まわりの友達はどう反応した?」とのことで、「5年生の時、おしっこしてたらバレてしまい、その時以来おもしろがってパンツを脱がされるようになった。」と答えた。

Nさんは「俺が教育実習してた時期じゃないかー、そうだったのか。」と今ごろになって気づいたみたいだった。

次に「オナニーの経験はあるのか?」とのことだったが、「オナニーって何?まだない。」と答えた。

Nさんは「俺も、中学校に入ってから教えてもらけど、あれって最高だぞ。」とのコメントだった。

この他、いろいろと質問してきたが、こうして、アンケートは終わった。

アンケートが終わると、Nさんはカメラを持ち出してきた。

そして「1000円あげるから、パンツ姿になって!」と求めてきた。

僕はためらったが、お金がほしかったので、Nさんの注文に応えた。

僕がパンツ姿になると、Nさんは何枚も写真を撮った。

Nさんは僕の股間だけを撮っていた。

撮影が終わると、「今からすごいもん見せてあげる。」と言って、エロ本を見せてくれた。

初めての無修正のエロ本だったため、僕のあそこが反応しないわけがなく、すぐに勃起してしまった。

僕は勃起を隠すため、足を組んでごまかそうとしたが、Nさんはしっかり僕の勃起をカメラに収めていた。

さらに、Nさんはビデオカメラまで持ち出してきて、セットすると、「今からオナニーを教えてあげよう。」と言ってきた。

Nさんはトランクスを脱ぎ、ちんちんをこすり始め、「こうやってやるんだよ。僕のマネをしてやってごらん。」と僕にオナニーを勧めてきた。

Nさんのおちんちんはズル剥けで亀頭が黒くなっていた。

僕は必死に抵抗したが、「気持ちいいんだし、大人になるには避けてとおれない?」と強引に僕のブリーフを脱がした。

僕も覚悟し、Nさんのマネをしてオナニーをはじめた。

Nさんは、ぼくのちんちんにクリームをつけてくれすべりを良くしてくれた途端に、僕は発射した。時間にして1分ぐらいだった。

発射後、Nさんはウェットティッシュで僕のおちんちんを拭いてくれたが、その気持ち良さでまた勃起しまうと、Nさんは僕の包皮を剥いた。

亀頭の周りには白いかすがたまっていたが、Nさんはきれいにふき取ってくれた。

その時の僕の亀頭は紫色をしていて、Nさんの手の感触に絶えられなかった。

実際、赤くなってしまい、少し血まで出てしまった。

でも、Nさんはクリームをつけてくれ、僕のちんちんを優しくマッサージし続けると、僕の息子は2発目の発射をした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。