ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】デブ巨漢の僕がイケメンのスジ筋さんとセックスした話

【ゲイ】デブ巨漢の僕がイケメンのスジ筋さんとセックスした話

ジャニ系スジ筋兄貴と

埼玉県在住の会社員さんからの投稿。出会い系サイトでスジ筋兄貴と知り合った投稿者。根っからのガチムチ専だが送ってもらった兄貴の画像がかなりのイケメンで、会ってみることに・・・・・・

きた!やっときた!ついにきた!

イケメンスジ筋兄貴ゲットオオオオ!!!ガチムチじゃないけどこの際妥協だ。

出会い系で知り合い、何度かメールのやり取りをして会うことになり、食事⇒買い物⇒ホテルの流れになることに。

写真をみせてもらったら、イケメンすぎて勃起が収まらないよぉ……。

嫌われないようにケツマンコを丹念に洗ってキレイにして、1週間ほど金玉に溜めに溜めた雄汁を溜め込んで準備万端!

そして、実際に会ってみるとジャニ系のイケメンでした!!!!

写真よりも断然かっこいい!というか写真写り悪いって自分で言ってた。

一応タチで登録してたけど、見た感じはウケっぽいんだよな。

もしかしたらハンドルを握ると気性が変わるタイプのスジ筋兄貴!?

一通りのデートを済ませてホテルに到着。すると僕はベッドに押し倒された。

先ほどまで可愛いぐらいのおとなしいスジ筋兄貴が豹変!

目が鋭くなってタチモードになっちゃってる。

あっという間に全裸にされて、兄貴もいつの間にか全裸になってる。

「ねぇ…」僕が喋ろうとした瞬間、唇を奪われ、とろけるようで貪るようなキスをしてきた。

僕の口マンコはもうとろとろトロマンレベル。

首や腕、いろんなところを強く吸ってキスマークをつける。

自分が女の子になったかのような感覚に陥った僕。

そして舌で僕の雄穴をほぐしてくる……。

スジ筋兄貴「へっ、熊みたいな体型しやがって……ケツマンコぐちょんぐちょんだぜ」僕の気持ちいいところをピンポイントに舐めてくるスジ筋兄貴。

同時に言葉攻めもしてくるかなりのテクニシャンだ。

トロマンにされたところで、スジ筋兄貴がブーメランパンツから、太マラを取り出し、僕の口マンコに突っ込む。

スジ筋兄貴「熊の癖にフェラうめぇじゃねぇか!ご褒美に雄穴マンコにぶちこんでやるよ」

僕の口マンコを褒めてくれたスジ筋兄貴は、口マンコから太マラを引き抜き、そのまま僕のケツマンコにぶちこんだ……。

「トロトロじゃねぇか、熊マン最高じゃねぇかよ」

フル勃起だったのに、スジ筋兄貴の太マラを入れられた瞬間、僕の雄マラもビン立ちに!スジ筋兄貴は僕のトロマンに夢中でガン堀り!

同時に僕のマラも手コキでいじめてくるので、先にトコロテンさせられてしまった……。僕がイクとき、スジ筋兄貴の太マラが一瞬大きくなった。

僕の女みたいなイキ声と顔に興奮したのかどっぷりと、僕の腸内に濃い雄汁を送り込んで、スジ筋兄貴は僕の巨体に倒れこんだ。

スジ筋兄貴「はぁ〜気持ちよかったぞ、こんなに満足したのは久しぶりだ」

スジ筋兄貴は僕の頭を撫でながら優しい声で褒めてくれた。

僕はあまりにも気持ちよくってゲイでよかったと心のそこから思った。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。