Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ】初めてピアスマラで生掘りされた結果・・・・

【ゲイ】初めてピアスマラで生掘りされた結果・・・・

ピアスによりゴム装着不可

千葉県在住のMリーマンさんからの投稿。ここ最近、M気が増しアナルが疼いてしようがない投稿者は、乱暴に犯してくれる相手を欲していた。そして、ある出会い系サイトで興味深い方と知り合い・・・・・
失神ガン掘り
オレ168*55*27のM気ありなウケ。最近SEX狂いな毎日。

ある出会い系で、オレの部屋に来て犯してくれ、って入れたら数人からレス。

そのうちの一人がスゲー気になって…。

173*59*29「狂いたい?」ってプロフ+写真とそれだけ。

「自信あるんだぁ」なんて思いながら添付の写真開くと、黒光りしてカリの張ったマラの先には太いピアスが…。

デカさも写真を見る限りではかなりあり、ケツマンが欲しがって疼いてしまった。

早速「マラのサイズはどのくらい?ピアス?太くないっすか?」と返信。

返事がしばらくすると来て「18cmくらいかな?ピアスはPAってんだよ。ちなみに00ga。入るか?」と。00gaってなんだ?って思ったけど、写真で見る限りデカそうなマラとそのピアスつきで掘られるってのに興味津々で、「大丈夫っしょ!?挿れてみたいのでお願いします」と家の住所入れて返信。

その後シャワ浣済ませて、ローションやゴムをベッド脇に準備して待ってると、
「ピンポーン」…来た!!ドアモニター覗くといい感じ。

浅黒い顔、ミディアムヘアー…とにかくオレ好み。

部屋に来て質問ばかりして何しに来たんだかってくらい色々聞いてる内に、話題がマラに付いたピアスの話に。

00gaとはピアスの太さのことで10mmの太さのことらしく、つけてるのはリングになってて内径が18mmで、太さが10mmなので38mmくらいになるとのこと。

オレはもう見たくてたまんなくなってしまって早速見せてもらうことに。

勃起してなくても太い棹の先にピアスが…こんなのみたことない。

「触っても良い?」

「触んないと始まらないだろ?w」

「なんかスゲー…かなり重いんだ。」

「コレで掘り込まれると普通のマラじゃ物足りなくなるよ。入るまで我慢できればだけど。」そういうと彼はオレの顔を上げさせディープなキスをし始めた。

舌を奥まで絡めてきてピチャピチャクチュクチュわざと音を立てるようなキス。

なんだかとてもイイ気分になってしまってキスだけで陶酔。

かなり長い間キスしてたと思うけど、彼が「そろそろ味わってみない?」というので、彼のマラに目を落とすとやっぱデカイ。

しかもかなりの重量のピアスがマラがヒクツク度に大きく揺れている。

まずはカリからと思うけどピアスがでかくて、口に入れると歯に当たってどうにも咥えにくい。彼はオレが悪戦苦闘するのを知ってたように言葉攻めしてくる。

「まだ先も咥えてないぜ。もっと喉奥まで咥えてみせろよ。根元まで咥えられたらケツマンにくれてやるよ。欲しいんだろ?」と言いながら、彼の指はケツマンに出し入れされている。

なんとかピアス付きのマラを半分咥えたが、そこから先は無理…、すると彼はオレの軟弱な気持ちを察し頭をグッと両手で掴み押さえつけてきた。

オレは苦しくて、ピアスが喉奥に当たる感覚に、えづきながら涙を流しながらとうとう彼のマラが喉奥へ…。

しばらく頭を掴まれたままピストンされ必死にオレはもがいていた。

彼のピアスマラが引き抜かれたかと思うと、「よく出来たな。涙出てんぞ。かわいそうに。マンコに入れてあげるよ。欲しかったんだろ?かわいいよ」と言ってくれ、オレを仰向けにさせて正常位で進入してこようとした。

オレは欲しくてたまんなくなってたけど、「え?ゴムとローションそこにあるよ…」と伝えたけど、彼が、「お前バカか、ピアスが邪魔でゴムつけられねぇよ。病気お前もってないだろ?オレも大丈夫だから!それにピアスマラ生で入ると中で動くからお前も絶対いけるぜ。」と…。

もうここまできてお預けは無理だったオレは「じゃあ…」と言ってしまった。

彼は黙ってピアスをオレのマンコにあてがいゆっくりと確実に押し込んでくる。

スゲー圧迫感…そして彼の指で解されたのに痛みが…。

「ちょっと痛い。やっぱり無理かも…」

「少し我慢しろよ。ここ抜けちまえば気持ちいいんだから!コレ咥えてろ。」と脱ぎ捨てた服から彼が小瓶らしきものを取り出し、ベッド常備してるティッシュにしみこませてオレの口に…。

なんか頭ん中白くなり始めて早くぶち込んで欲しくて、「お願い!早く欲しい!ピアスマラぶち込んで!」と自分で叫んでしまった。

「だろ?じゃあ一気に行くぞ!オラッ!」とあの太いピアスがズボッとオレのマンコに入ってしまった。

「ほら、入ったぜ。じっくり味わえよ。全部入れちまうぞ!狂えよ!」

「あぁデケェ!!あぁなにこれ?マンコの中でピアスが…、あたる!あたってる!イイ!いいよ!こんなの初めてだよ。あぁもっと!もっと!突いて!いい!激しく突いて!壊していいから」

「ピアスの重さ感じるか?気持ちいいとこあたってるか?オレの気持ちいいいぜ!お前のマンコの中オレのピアスマラに絡み付いてくるぜ!オレも気持ちいい!オラ!オラ!あたるか?あたってんのか?ほらもっと突いてやるよ!お前のマンコ望み通り壊してやるよ!」

オレはもう頭の中真っ白になるくらい正常位からバック、騎乗位にまでなりピアスマラを楽しんだ。

「あぁお前イイマンコしてんじゃん。いきそうか?いくか?一緒にいこうぜ!お前の中にたっぷりオレの種つけてやるよ!オレの子孕めや!オラ!いくぞ!いくぞ!あぁ!イクッイクッ!」

「あぁ…ダメダメ、まだ!まだ突いてもっと!もっと突いて!イキそう!気持ちいい!イクッイクッ!出して!中に出して!欲しい、種欲しい!中にたっぷり出して!ピアスマラの子ども欲しいー!」

そして1回目の交尾が終わりぐったりだった…。

彼はケツマンに出し終わるとそのままオレの顔の前にピアスマラを突き出し、「1発目気持ちよかったか?最初いたかったろ?ごめんな。2発目からは気持ちいいだけになるから。」と言った。

オレは…もうスグにでも欲しい気持ちもあったけど、まずは彼の優しい言葉がうれしかったのと1発目の激しさでぐったりしながら、彼のまだ半勃起のピアスマラを綺麗にしゃぶって、その日は…結局3回戦までしてしまった。

3回目なんて気持ちよくなりすぎて失神したほど。

もう普通のマラじゃオレいけないと思う。ピアスマラ最高ー!



 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメント1件

  1. あずみ より:

    ピアス付きマラもシリコンボール入のマラも凄く良いんでしょうね。
    俺もそんなマラで掘られてみたい。
    Twitter ID @abu642sm

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索