Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】巨根ショタ、先輩達を片っ端からチンポ堕ちさせるwwww

【ゲイ】巨根ショタ、先輩達を片っ端からチンポ堕ちさせるwwww

親に感謝

和歌山県在住の高校生からの投稿。自分のチンポが人と違うと気づいたのは小学生になってからだという投稿者。同級生と比べものにならないそのチンポは、皆からバカにされ・・・・・・
ノンケの体育会系巨根学生
おれ現在はチンポ23cm、22歳。

子供のころからデカマラで真剣に悩んでました。

小5のころおれのチンポは平常時10cm、たつと15cmくらいで太さもあり、みんなに「お父さん」と呼ばれバカにされていました。

おれはチンポがでかいのが恥ずかしくトイレに行った時は、いつも隠していましたが、みんな知っているので、からかわれていました。

そんなおれがゲイにめざめ、逆にチンポでかくてよかったと思えるようになったのは中学1年のときです。

野球部にはいったおれは、これで「お父さん」とかいわれなくなると思っていたのですが、同じ小学校のやつが野球部の先輩にばらしたらしく、5月ごろ部室でたくさん部員がいる前で強面の3年生数人に「お前デカいらしいな、チンポみせてみろ」といわれ、勘弁してくださいと言うと、手足を押さえつけられて無理やりぬがされました。

3年生は「確かに中坊のチンポじゃないなwたたせてみろ」といっておれのチンポをしごきはじめたので、すぐにおれのチンポはでかくなってしまいました。

そのころは17~18cmくらいでたつと完全にむけてました。

みんなに「デカチン野郎」とかいわれ笑われましたが3年のA先輩だけは、だまっておれのチンポをじっとみていました。

数日後、練習後部室の掃除を1年がさせられて帰ろうとするとA先輩がきて、おれだけ残りように言ってほかの1年は帰ってしまい、おれとA先輩2人になりました。

先輩は優しく「なぁ、もう一度チンポみせてくれないか?」といったので、おれは3年生に逆らえるはずもなくチンポをだすとA先輩は握ってしごきはじめ、すぐにたってしまいました。

先輩はお前のチンポすげー、といってチンポをしごきキンタマをさわってきました。

おれは「先輩でちゃうよ」というと先輩はおれのチンポをイキナリくわえてしまい、おれは超びっくりして「やめてください、いっちゃうよ」といったのですが、先輩はかまわずおれのチンポをしゃぶりまくったので、おれは先輩の口のなかに結構な量を発射してしまいました。

先輩はおれの精液を飲み干すと、「絶対にだれにもゆうなよ」といって帰っていきました。

その後、先輩は月2~3回くらい部室や先輩の家に、おれを呼び出しておれのチンポをしゃぶりました。

夏休みにはいってすぐ先輩の家によびだされて行くと、先輩はおれのチンポをいじくりまわして、服も脱げといっておれをスッポンポンにさせました。

いつもは服を脱がない先輩も服を脱ぎ裸になりました。

先輩はおれより体はひとまわり大きかったけどチンポは12~13cmくらいでした。

先輩はおれに抱きついてきて「正直に言うけど、おまえのチンポが欲しい。女だと思ってやってくれ」といわれ、おれがとまどっていると、先輩はベッドの上におれを仰向けにして、おれのチンポに先輩のケツを当ていれようとしました。

なかなかはいらなくて先輩はつばをつけたりして何度もやっているうちに、おれのチンポが先輩のケツにはいって、先輩は、あーん、といってよがりはじめた。

野球になると妥協を見せないくらいストイックなA先輩が女みたいに喘ぐんです。

しかも俺のチンポで…

先輩はケツを上下に振り、おれは気持ちよくてすぐに先輩のなかに発射してしまいました。先輩も自分のチンポをしごいてすぐにイッテしまいました。

すると今までおれに命令口調だった先輩は、女みたいになりおれに甘えてきてキスしてきました。

おれは先輩を腕枕してやると、男になったような気がして、今までデカマラがはずかしかったけど何か自信がもてるようになりました。

先輩の家はその日はだれもいなかったので、おれはそのあと先輩の口とケツのなかに1回ずつ発射して帰りました。

夏休みの間おれは中3のA先輩と3日に1回くらい会ってやりまくった。

お互いの家でやれないときは、中学の部室やトイレで先輩がおれのをくわえるか、先輩が壁に手をついてケツをつきだし、おれは後ろからガンガン掘った。

先輩の家でだれもいないときは、いろんな体位で2~3回ケツを犯した。

おれは先輩のことを好きとかいう気持ちはなかったけど性欲にまかせて掘りまくっていた。

秋以降は授業や練習もあり、会う回数は減ってしまい、先輩は卒業してしまった。

2年になるとおれのデカマラをからかうやつはいなくなり、逆に野球部の後輩たちが「先輩の伝説のチンポみせてください」というようになった。

おれがお前らのもみせたら見せてやるというと、野球部の1年3人がチンポをみせた。

2人のチンポはたっていて12~13cmくらいだった。

おれがチンポをみせてたたせると、みんなすげーといって触りたがった。

1人かわいいやつがいたのでそいつにさわらせてやると、気持ちよくなってきたのでくわえさせてイッテしまった。

そいつとは時々2人で会うようになったが、ケツにはどうしても入らなくて口と手でやってもらっていた。

そして、おれは高校にはいると野球部に入部したんだが中学のころケツを掘っていたA先輩がいて、おれたちはまたHをするようになった。

おれのチンポは高1のころには20cm以上になっていた。

先輩のチンポも15~16cmになっていた。

先輩は久しぶりにケツにいれられて痛がったが、2~3回やるとなれたみたいでまた中学のときのようによがるようになった。

高1の夏休み前、野球部の部室で先輩のケツをガンガン犯していると、高2の野球部の先輩がはいってきてしまった。

A先輩は誰にもいうな、といったが高2の先輩の1人Bは、「おれにもやらせてくれたら黙っててやる」といってA先輩のケツをほることになった。

B先輩のチンポもかなりでかくて17~18cmくらいあった。

B先輩は初めてケツを掘ったみたいで「すげー。気持ちいい」といって掘りまくった。

おれのチンポは途中で終わってしまってギンギンのままだったので、もう1人の先輩Cに「おれたちもやりませんか」というとCもズボンをおろした。

チンポは14~15cmでおれはケツを掘りたかったがいやがったので、おれとC先輩はチンポをしごきあい、A先輩の顔のところにチンポを近づけると、うれしそうに交互にしゃぶりはじめた。

B先輩はおーいくといってA先輩のケツのなかに発射した。

おれとC先輩は顔に大量の精液をかけてやった。

そして、A先輩もトコロテンでイってしまった。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索