ホーム » イケメン » ジャニ系イケメンに朝方までぶっ通しでケツマン掘られた話

ジャニ系イケメンに朝方までぶっ通しでケツマン掘られた話

人生、最高の思い出

都内在住のフリーターさんからの投稿。去年、掲示板を使って出会ったイケメンとの夜が忘れられないという投稿者。朝までお互いの体を貪りあい、別れ際にはキス。思い出すだけで勃起してしまう、そんな過去の体験
フェラチオするイケメンさん
これは僕が去年体験した話です。

僕は去年の夏、無性にムラムラしてしまって、掲示板にH相手募集のカキコをしました。

載せて1時間くらいして、《俺でもよければ~》とメールがきたので、相手が住む近くの駅で会うことにしました。

実は、画像交換とかはしてなかったのですが、会ってみて超ビックリしました。

相手は凄くカッコいい人だったんです。

例えるなら、NEWSの山下君が50%入ってる(50%でもかなりと思わない?)

カッコかわいい感じの人だったんです。

「こんばんは、ゆうやです」

「こんばんは、○○です」

まぁ、最初に交わす挨拶をして、僕の運転してきた車に彼を案内しました。

「あの…僕、こんな感じですけど、いいですか?」

僕は、あまりにカッコいい人なんで、つりあわないと思いました。

正直断られると思っていましたが…

「え?全然いいよ!! てか、ゆうやさんみたいな感じ、嫌いじゃないし、ぶっちゃけ、今日はすごくヤリたい気分なんで…」

「そうなの?じゃあよろしくです」

「うん!!」

駅からラブホまで行く間に、彼といろいろ話しました。

彼は、来月20歳になること、ちょっと前に彼と同棲していたけど別れて、今はノンケの人と一緒に暮らしていること。

もちろんアパート代とか必要になってきたから、今は配達関係の仕分けのバイトをしていることなど…。

雰囲気が良くて気さくに話してくれたから、僕も気を許していろいろ話して、お互い緊張ってのは全くありませんでした。

15分くらい車を走らせていたら、目的のラブホが見えてきて、僕はホテルの駐車場に車を停めました。

ホテルの部屋に入ったら、待ちきれないように彼はいきなりキスをしてきて、ベッドに僕を寝かせてきました。

「シャワー浴びてくるね」

「わかった。早く浴びて来てね」

彼は家でシャワーを浴びて来ていたので、僕は急いでシャワーをして、部屋に戻りました。

部屋に戻ると、彼はもう下着一枚になっていました。

僕も彼も、結構こっちの人には人気のある同じメーカーの下着を穿いていたので、お互い思わず笑ってしまいました。

今日は泊まる予定だったので、僕は話をしながら、軽くお酒も飲んでいました。

酔いも回ってきたころ、彼が「じゃぁ、、そろそろ」と言って、僕をベッドに誘ってきました。

最初からムラムラもしていたし、お酒も飲んでいたし、彼もカッコよかったので、もう僕のあそこはパンパンでした。

彼は僕のそれを見て、「こんなに反応してくれるなんて嬉しいよ」と言って、キスをしてきました。

キスをしながら、僕は彼のあそこを触っていると、彼のあそこもビンビンになってきて、そのまま2人で69をしました。

クチュクチュとお互いイヤラシイ音をたててしゃぶりあげました。

僕の方が年上のなのに、彼の体やテクにメロメロになってしまいました。

彼は、僕をゆっくり自分の体の下にして、体中を愛撫してきました。

僕は、なぜかわからないけど、体の左半分が右より感じるんだけど、すぐにそれを見抜かれました。

左に首筋や乳首をレロレロの嘗めたり、吸われたりして感じると、手足が痙攣する。

僕はその間中痙攣しまくっていました。

その僕の姿を見て、彼は喜んだ顔をして、「気持ちいい?」って聞いてきました。

「凄く気持ちいい」と答えると、彼は「じゃぁ、もっと気持ちよくしてあげる」っと言って、僕を四つん這いにさせ、彼は僕の後ろに回り、僕の後ろ股辺りを舐め始めた。

正直、アナルは舐められたことはあるけど、股は初めてだったので、その快感に溺れてしまいました。

前にも書いたけど、感じたら手足が痙攣する僕は、その快感に四つんばいの姿勢を保つのに必死でした。

そして彼のイヤらしい舌は、僕の敏感な後ろの方を攻めて来ました。

穴の付近を強く押し広げるように舌で押したり、周りを吸うように舐めたり、触れるか触れないかの力で舐めたり、最後に口を後ろ全体に付けて、舌を上下させながらの愛撫をされたら、我慢できなくなり、「あっ…ああぁぁ~」と声を出して、四つんばいを支えていた手が崩れてしまいました。

そして、彼はそんな僕の姿を見て、「すごく可愛い」って言ってくれました。

僕よりも何倍も可愛い彼に、そんなことを言われて、凄く嬉しくなりました。

こんなにも気持ちいいのは初めてだったのに、彼は「このままローションつけて、前をシゴいてあげるよ!!」と言って、彼はカバンからローションを出し、自分の手に取り、硬くガチカチになり、たまにビクビクしている僕のチンコを手に取り、ゆっくりとシゴキだしました

グシュグシュと音がたっています。

彼は僕のをシゴキつつも、僕のアナルを嘗め回していました。

たまにチュッチュッと吸われたりして、僕はもう失神寸前でした。

「はぁ、はぁ、あああぁっ~」

僕は声にならない声を出してしまいました。

暫くすると、彼は口を離し、もう一方の手にもローションを付けて、アナルの周りを触りだしました。

穴の付近を暫く触り、ゆっくりと彼の指が中に入ってきた。

人差し指が出し入れされていく。

「ああぁぁはぁはぁあんはぁん、○○(彼の名前)気持ちいいよ」

「ゆうや、そんなに気持ちいいの? 年下にこんなことされてるのに…」

彼はきっと少しSが入っているんだろう、いつのまにか僕を呼ぶのも呼び捨てになり、卑猥な言葉を僕に囁いてくる。

彼はゆっくり動かしていた手を、いきなり素速く動かし始めた。

そして、前の手も僕の感じる部分を探し出し、「ゆうやは、さきっちょが感じるんだね」と言うと、そこだけを攻めだした。

彼も興奮しているか、「ハァハァ」という声が聞こえてきた。

僕は後ろも前もグシュグシュという音を立てられ、その隠微な音にも感じていました。

「あああぁぁ、はぁはぁ、○○、もう駄目!! もうイキそう」

「いいよ!! ゆうや、イッちゃえよ!!」

「ぁぁああ~イク~~!!」

「ああああ~」

「あああぁあぁ」

僕の喘ぎ声と同調するかのように、彼も声を出して、僕は大量の液を出してしまった。

…しかし、彼はシゴいている僕の手を止めようとしなかった。

「そのまま、もう1回イクまで放してあげない!!」

そう言って、そのままシゴキ続けた。

彼は僕のをシゴキながら、上手に僕を反転させて、僕も上向きにさせた。

そして、空いている左手でローションをとり、シゴいている僕のモノに垂らした。

そしたら、一段とグシュグシュとイヤらしい音が響き始めた。

快感はどこまで上があるんだろう。

それは逃げ出したくなる程の快感だった。

今、感じている快感を例えるなら、イッた瞬間の気持ちよさが、ずっと続いている感じだった。

さっきから手と足の痙攣が止まらない…。

「はぁ、はぁ、ああぁあん~○○!! もう死にそうだよ」

「ゆうや?感じてる?気持ちいいの?どうなの?」

「うん!!気持ちいい~」

みんなもわかってくれると思うけど、イッたすぐ後に、またすぐイクなんてできっこないよね?

そう!!その気持ちよさは、拷問にも似た気持ちよさでした。

彼は、僕のを離さないでシゴき続け、顔を近付けてキスをしてきた。

クチュクチュと音がたってしまう…。

彼の舌が僕の舌を捕らえ、吸われ、舌唇を噛まれ、僕も同じことを彼にする。

そして、左手で僕に近付いた彼のチンコに触った。

玉を揉み、亀頭をシゴキ応戦した。

僕はさっきからイッた瞬間の気持ちよさがずっと続いて、意識も朦朧としてきた頃だった。

彼はキスを止め、首筋、乳首、お腹と下っていき、なんと僕の精子とローションでベトベトになっている僕のを銜えてきた…。

根元から先まで口を思い切り窄めて、口でシゴいている。

右手で玉をゆっくり揉み、快感は最高潮を遥かに超え、僕の足はずっと痙攣しっぱなしで、喘ぎっぱなしだ…。

「○○、汚いよ!! 駄目、そんな…」

「気持ちいいだろぉ?」

ジュポジュポクチュチュチュ…。

「はははぁああん、はぁ、はぁああ」

最初にイッた時から、もう10分は過ぎているのに、僕のはまだイッてくれない…。

その10分は、本当に甘い苦痛だ…。

喉も喘ぎすぎて痛いし、腕も痙攣しているけど、力を入れてないと失神してしまいそうだから、ずっと枕を両手で抱きしめていた。

ジュポジュポ…彼の方を見ると、僕と目が合ってしまった。

そして彼はニッコリして、僕の特に感じる先を集中的に舐めてきた。

先は精子とローションと彼の唾液でもう溶けている。

そこを舐める彼の口もベチョベチョでスゴいことになっている。

右手はいつのまにか根元をシゴいている。

彼が僕の先を集中的に攻めて、30秒くらいした時、瞬間快感が途切れた。

そしてその後すぐ、今まで感じた快感の2倍くらいの快感が襲ってきた。

ダムでせき止めた水が、一気に開放されたような感覚だといえばわかってくれますか?

その快感は、イク時の快感の何倍とか表現できるものじゃなかった。

その快感も、その日の体調もあるだろうし、相手との相性もあったと思う。

でも、その快感をあえてわかりやすくいえば、体中の性感帯が、僕のアソコに集まって、体中の性感帯を攻められているといえばいいのだろうか?

開放までもうすぐだった。

「ぁぁわああ~。○○、イク、イク、イク、ァァアアアアハアア…」

彼の口の動きも速くなる。

「駄目!! 放して放して!! イッちゃうイッちゃうイク、イクぅ~。アアギャァアアハァあああああああああぁ!!!!」

叫び声とも言えるような声を上げて、僕は彼の口の中に、2回目だというのに大量の精子を出してしまい、彼は全てそれを受け止めてくれました。

イッてビクビクしている僕のアソコを軽くシゴきながら上に移動し、ベトベトになった自分の口をティッシュで拭いた後、2人ともかなり汚れてしまったから、2人ともシャワーをし、一息ついた。

そして、彼が僕の元に歩んできた。

そう、次は彼の番だった。

「ゆうやって、あまりバックは経験なかったんだよね?」

「うん…」

「できるだけ優しくするから入れたい…駄目?」

「いいよ」

僕の体をあんなににした彼を拒むことができる男がいるなら、見てみたい。

そして、その男を褒めてやりたい。

彼は、なんと僕をお姫様抱っこしてベッドに歩いていった。

ベッドに行くと、彼は徐ろに僕の下着を剥ぎ取った。

そして、彼も素早く下着を脱いだ。

イキリ起った彼のチンコは、もうビンビンだった。

それを僕は咥えたくて、急いで彼のにしゃぶりついたけど、すぐ押し倒された。

「ゆうや、もう入れたくて、入れたくて、しょうがないんだ」

そう言うと、ローションを取り出し、僕のアナルに塗り、自分のにも塗ると、いきなり僕の中に入ってきた。

さっき充分に攻められた僕のアナルは、咥え込むように、すんなりと彼を受け入れた…。

ズブズブブブ…。

「あ~、やっとゆうやを俺のものにできた…」

そう言うと、ゆっくり腰を動かしだした。

普段なら痛みが先にくるけど、もう体は快感しか感じなかった。

「アアアン~最高!! 最高に気持ちイイよ」

僕がそう言うと、「俺も最高だよ~」そう言って、彼は腰を動かしている。

彼は腰を動かしながら、僕の乳首を人差し指で捏ねている…。

僕はその快感に溺れていると、彼はバックを要求してきたバックの体勢になると、腰の動きはもっと激しくなった。

パンパンパンと彼の腰と僕の尻の当たる音がする。

そのうち、彼が僕と彼の体の間にローションを垂らすと、音がもっといやらしくなった。

『ブュチュブッブッ』と音が出る。

その音に、恥ずかしいけど感じしまい、僕も喘いでしまう。

あまりに激しく突っ込まれてしまったので、途中で彼のチンコが外れてしまうと、早く彼のを欲しがるかのように、僕のアナルに入った空気が抜けて、「ブュ…ブ」と、空気が抜ける音がする。

「あれぇ、ゆうやのアナル、すごくいやらしく鳴ってるよ」

「うん、僕、本当はすごくイヤラしいかも…」

「そうだな!! お前はイヤラしい奴だよ…そうだ!!どんなにイヤらしいか、ムービーで撮ってやるよ」

そう言って、携帯を取り出し、体勢を変えられ、僕のアナルに彼のが入っている動画を撮られてしまいました。

後で見たら、それはもうお互いのモノがまるで動物だった。(ちなみにその画像は訳あってもうありません…)

その後、何度も体位を変えられ、突っ込まれ続けた。

彼はいろいろな体位で僕を突いてきた。

その度に甘い痛みが僕を襲った。

「ああ~ん…あっ…はっああん」

「うう~」

ハァハァと彼の息遣いも荒くなる。

彼は僕をゆっくり抱きかかえ、僕が上になった。

そして、下からこれでもかというほど腰を突き上げた。

今までにない程の速い腰の動きに、僕はヘロヘロになった。

そして、彼も上体を起こし、僕の口を奪う。

お互い息遣いも荒いキスだった。

体力も限界だっただろうに、彼は「男」をみせる為、僕を抱き抱え、「駅弁?」の体位もとってくれた。

もちろん駅弁なんて初めて。

僕の体重が僕のアナルに集中し、そこを彼は突きまくった。

この時は正直痛かったけど、そこまでして「男」をみせてくれる彼が愛しく思えた。

彼のお腹に目をやると、力が入っているのか、腹筋が見事に見えていた。

彼もそろそろ限界だったのか、「そろそろイッていい?」と聞いたので、僕は「うん。たくさん出してね」と言った。

彼は僕をベッドに戻し、最初の正常位の体位に戻り、また僕を突いてきた…。

彼はさっき僕はもう2回もイッてるのに、まるで一緒にイこうと言ってるように、僕のもシゴいて来た。

ベッドの隣はところどころ鏡になっていて、それを見ると、僕達はなんてイヤらしいことをしてるんだろう…まるで野獣のようなセックスだ。

彼の腰の動きももっともっと速くなった。

僕も後ろと前の快感で、もう死んでしまいそうだった。

手足は痙攣し麻痺寸前だった。

「ああああぁぁあ~!! 僕、イッちゃう!! イッちゃう~」

「俺も、俺も、俺も!!!!ああああ~あっあっぁ!!!!もう駄目だ!! 我慢できない!! ゆうや、イクよ!!」

そう言うと、僕の唇を奪い、僕の舌を奪い吸い噛み、そして舌を入れてきた。

その瞬間、彼の腰の辺りが瞬間痙攣し、大量の彼の精子が僕に入ってきた。

それを見届け、僕もイッてしまった。

時計を見たら朝方の4時だった。

ベッドに入ったのが1時前だったから、間に休憩も入ったけど、3時間くらいセックスをしていたことになる。

僕達は、その後シャワーを浴びて、束の間の眠りについた。

朝の10時、僕達はホテルを後にした。車中での会話はあまりなかった。

暫くすると、彼を乗せた駅に着いた。

僕は彼を見送るため、車から出た。

ちょうど周りには誰もいなかった。

暫く手を繋いでいた。

そして、さよならのキスをした。

深いキスじゃなかったけど、甘い甘いキスだった…。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。