ホーム » ノンケ » 【ゲイ】性欲盛んなノンケDKに手コキしてみたwww

【ゲイ】性欲盛んなノンケDKに手コキしてみたwww

性欲には勝てないノンケ

北海道在住の男子学生さんからの投稿。数日前、親友が家に泊まりに来た時の出来事。その日はとても冷え込む夜で、ひとつの布団で親友と寝ることになってしまった投稿者。ノンケ同士だが人肌に触れるとアソコが勝手に反応してしまい・・・・
DKのオナニー事情
1度目は高校のとき、友人が泊まりにきたときのことだ。

俺は地元が北海度なので、冬の夜はメチャクチャ寒い。

ストーブをつけて寝ることもあるんだが、このときはストーブの前に友人の布団があって、火事になる危険があったんでストーブをつけないで寝たんだ。

飲んでるときはよかったんだが、酔いもやや醒めてきて、さあ寝ようってときには死ぬほど寒かった。

10分くらいしたら寒さの限界がきたのか、酔っ払ってたせいか定かではないが、友人が俺の布団に入ってきた。しかもかなり密着してくる。

「寒い〜寒い〜」って震えてるw

同じ布団で誰かと寝るなんて初めての経験だったので、俺はノンケなのに少しドキドキしていた。

その友人もホモとかではなく、ただ単に寒いから俺の布団に入ってきたんだと思う。

俺は、からかってそいつのチンコを揉んでみた。

すると、意外にもそいつは抵抗しない。

調子にのって、俺は激しくモミモミしてみた。

さすがにちょっと抵抗して、今度はそいつが俺のを触ってきた。

お互い同じ布団の中、チンコを揉み合っている。

最初は冗談でやり始めたが、気持ちよくなってきてしまったんだ…

正直俺はそのときかなりドキドキしていた。

少したってからそいつが後ろを向いた(もみ合ってるときは、向かい合っていた)ので、俺は後ろから抱きしめるような格好でズボンの中に手を入れ、パンツ越しに揉んでみた。

「やめろよ、エロ・・・」と軽く抵抗してきたが、そんなに嫌がっている様子はない。更に調子にのった俺は、パンツの中に手を入れ、尻をなでてみた。

特に抵抗しない。

そのまま手を前のほうにすべらせ、直接奴のチンコを触った。

毛の感触、チンコの柔らかさ、温かさ、全て俺の手に伝わってくる。

数秒揉んだところで、奴のチンコが大きくなってきた。

そのときは恥ずかしいことに、俺も完全に勃起していた。

男に、しかも親友に興奮して勃起してしまうなんて、情け無い。

性欲の塊というか若かったせいもあるのかもな。

奴のチンコが完全に勃起したようなので、ノリでそのまま握って上下に動かしてやった。

奴は何も言わない。お互い無言のまま、俺は奴のチンコをしごいている。

数分揉んでいると奴は突然「あああ、イきそう・・・!!」と言い出した。

慌てた俺は、いつも枕元に常備してあったティッシュを数枚抜き取り、奴のチンコにあてる。

ビュクッ、ビュクッ!ほぼ同時に奴は発射した。

なんとか間に合ったが、俺の手に少しついた。

「変態!何するんだよ!」今更になって文句を言ってきた。

「俺だけイったのずるいから、俺にも見せろ!」そういって、奴は俺のギンギンに勃起したチンコをしごきだした。

かなり興奮していたせいもあったか1分もかからず、あっさりイってしまったw

お互いイったあと、少し無言の時間が流れたが、そのあと友人用に出した布団をしまい、ストーブをつけて一緒の布団で寝ましたとさ。

朝起きたときも俺が先に起きたんで、イタズラとして奴のチンコを揉んでやった。

これが俺の最初のホモ体験だ。

ちなみに俺は今完全にノンケなんで、誤解しないように。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。