ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】レイプからはじまる恋とかあるんだな・・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】レイプからはじまる恋とかあるんだな・・・・・・・・・・

お金の代わりに・・・・

神奈川県在住のリーマンさんからの投稿。残業で帰りが深夜になってしまったある日、タクシーを拾って移動するも所持金がなかったことに途中で気づいてしまう。タクシーの運転手に事情を伝えて謝ったのだが・・・
発展公園で3P
先日の話です。

夜遅くまで仕事をしていた俺は、終電を乗り過ごしてしまい、タクシーで帰ろうと思い、会社の前で1台のタクシーを止めました。

そして家の近くを告げると、それからは疲れていたこともあって深く眠りました。

運転手さんの「お客さん、お客さん、このあたりですか?」の声で目が覚めた俺。

そして、タクシー代を払おうとして財布の中を見ると、なんとタクシー代すら入ってなかったのです。

こんな夜中に銀行は開いてないし、近くにコンビ二もないしで途方にくれてた俺は、運転手さんに今、金をもってないことを告げて、「明日振り込みます、本当にすいません」と言ったら、運転手さんは「そう…お金だったら別にいいよ」と言ってきたんです。

俺は「いや、それはやっぱ駄目ですよ」と言っても、「いいから、いいから」と繰り返すばかりで、、お金払わなくていいのはラッキーって感じがするけど、さすがにそれはできないので、俺も「明日振込みますから」と。。。

暫くこんな会話をしていたら、運転手さんが、「じゃあ、お金は本当にいいから、1つだけ言ってもいいかな?」と言うので、俺は「なんですか?」と聞き返したんだ。

すると、運転手さんは何も言わず車を発進させて、近くの公園で車を止めたんだ。

俺は『何だろうな?』と思ってたら、暫くして「とりあえず降りて」と言われて、車から降りると、運転手さんが俺の手を引いて公園の中に入っていくんです。

こんな夜中に薄暗くて広い公園の中に連れて来られた俺は、『なんかやばいな~、まさか殴られたり、、』なんて思ってたんだけど、一番奥の草むらのところへ連れて来られて俺に、「俺の言うことを聞いてくれる?」と言われたんです。

俺は少し怖くなって「できることだったら」と言うと、その運転手さんはいきなり俺の手を掴んで、自分の股間へ手を導いたんです。

突然のことでかなりビックリしたけど、この時、運転手さんの顔を近くでハッキリ見たら、椎名結平をもっとワイルドっぽくさせた男らしい顔だったんです。

俺はこんな状況にもかかわらず『この運転手さんだったらいいかな?』なんてつい思ってしまって、そのまま手を握られたまま、運転手さんの股間を揉んでいたんです。

最初は股間全体を揉むという感じだったんだけど、途中からチンポ自体をズボンの上から握らされるようになって、運転手さんのチンポは徐々に勃起し始めてきたんです。

それは熱くて硬くて、なかなかのデカさでした。

『これが大人のチンポなんだ。。』と、俺は運転手さんのチンポをズボンの上から握っていました。

俺は運転手さんに、「こんなことでいいんですか」と聞くと、「まさか」と言って、俺の股間を揉んできたんです。

その時、俺は最近溜まっていたのと、大人の男のチンポをズボンの上から握っていたせいで、ビンビンに勃起していたんです。

運転手さんは、俺に「なんだ、君もビンビンじゃない」と言うと、更に激しく俺の股間を揉んできます。

そして「じっくり見せてもらうよ」と言い、俺のズボンのファスナーを下ろそうとしてきたんだけど、その日の夜があまりにも寒かった俺は「ここじゃあ寒いよ」と言うと、運転手さんは「じゃあ、車に戻ろう」と言って、2人でタクシーの後部座席へ乗り込みました。

運転手さんはカッコいいし、どこまでやられるんだろうという少しの期待とで、俺はかなりドキドキしてると、運転手さんは、「緊張しないでいいよ、君は楽にしてていいから」と言って、俺にキスをしてきました。

それはすごく上手なキスでした。

最初は唇だけを重ねたり、ソフトな感じだったと思えば、急に舌を入れてきて、激しいキスをされました。

俺はキスだけで感じてしまい、チンポは痛いくらい勃起してました。

運転手さんは、ズボンの上から俺のチンポを握ると、「感じやすいんだね。じゃあもっと感じさせてあげるよ」と言って、ファスナーを下ろし、パンツの上からチンポを扱き始めました。

暫くすると、俺のブリーフは先走りで次第に濡れ始めて、「ほら、こんなに濡れてるよ」と、運転手さんは自分の人差し指で俺のチンポの裏筋辺りをツーっと撫でています。

その時、俺は「う~っ」と思わず声を出してしまい、その声を聞いた運転手さんはニヤリと笑いながら、「もっと声出していいよ」と言い、今度はブリーフの上からフェラをされました。

そして穿いていたズボンを全部脱がされて、下半身はブリーフ1枚だけにされました。

ブリーフの上からいろんなところを攻められ、もうブリーフは、俺の先走りと運転手さんのツバでびっしょりになっていて、「チンポがはっきり見えているよ。ほら、見てごらん」と言われて、自分の股間を見てみると、俺のチンポはクッキリと形を浮かび上がらせています。

「俺、君みたいな子がすごくタイプで、どんなチンポしてんだろって、運転中ずーっと考えていたんだよ。まさか、俺の前でこんなになってくれるとは思わなかったよ。それにこんな感じやすくて、助平なチンポだとはね」と言いながら、俺のチンポをブリーフ越しに再びフェラしてきました。

そして、ブリーフの横から袋を出されて、ケツ穴もモロに見られて、股を思い切り開かされて、今度はそこを集中攻撃してくるんです。

「かなりいいよ、この格好。たまんないね」と言いながら、舌で"これでもか!"というくらい攻められました。

もう俺は、これだけで限界が近づいてきて、「もうだめ。イキそうです」と言うと、運転手さんは「もうイキそうなの?じゃあこのままイッてごらん」と言い、舌でケツ穴を舐められ、手でブリーフ越しにチンポを扱かれて、俺はブリーフの中に発射してしまいました。

それも凄い大量だったので、ブリーフの横からザーメンが漏れてしまい、「すごいよ、その格好。袋とケツ穴だけ出して、横からザーメン垂らして、股は思い切り開いて」と言いながら、俺のその姿を舐めるような目で見ています。

そして暫くすると、運転手さんはニヤニヤしながら、俺の顔に近づき、「さあ、これからだよ、お楽しみは」と言って、俺が着ていたジャケットを脱がし、次いでトレーナーも脱がされ、上半身はTシャツ1枚にされました。

そして、俺のブリーフに手を掛けると「腰を上げて」と言って、ついに俺はブリーフを脱がされてしまいました。

さっき発射したばかりの俺のチンポは、ザーメンまみれになっていたけど、運転手さんはそんなこと気にすることなく、再び俺のチンポを扱き始めました。

「ふう~ん、こんなチンポなんだ」と言いながらも、激しく扱く運転手さん。

すると、さっきイッたばかりの俺のチンポは再び頭を持ち上げてきて、あっという間に起ってしまい、「ほら、君のチンポが、もっと、もっとってお願いしてるよ。それにまたこんなにヨダレを垂らして。本当に助平なチンポだね。こんなに硬くしちゃって」と言いながら、今度は俺のチンポの匂いを嗅いでいます。

先走りやらザーメンやらで、きっと俺のチンポは匂っているハズ。

そうすると運転手さんは、「う~ん、たまんないね、この匂い。先走りとザーメンと小便と汗が混じって、なんともいえない助平な匂いしてるよ。いい匂いだ。すごくやらしい匂いだよ。味の方はどんな味かな?」と言って、今度は裏筋に舌を這わしてきます。

しつこいくらいに裏筋を舐められ、カリのくびれているところや、カリ部分を銜えたり、そうかと思えば、一気に根元まで咥えてフェラしたりと、運転手さんは凄いテクで俺を狂わせてしまいました。

もう俺は最高に感じちゃって、声にならないような声を出して悶えていました。

10分近くたっぷりとフェラ攻撃された俺は、もう我慢できなくなって、「あ~もうだめ、出ちゃう、あっっ~」という声と共に、運転手さんの口の中に2度目の発射をしてしまいました。

その間、ずーっと運転手さんは俺の最後の1滴が出終わるまで咥えていてくれて、俺のチンポを咥えたまま、ゴクッと俺のザーメンを飲んだようでした。

それからも俺のチンポをきれいに舐めてくれました。

俺は運転手さんに、「ごめんなさい。我慢できなくって…」と言うと、「ううん、おいしかったよ、君のザーメン」と言って、ニコリと笑ってくれました。

そして、俺は暫くの間、座席に寝転がってぼーっとしていると、運転手さんは再び俺に攻撃をしてきたんです。

俺は股を思い切り開かされてしまい、運転手さんにはもう丸見え状態になってしまいました。

「この格好もいいね。チンポの裏側から玉袋・ケツ穴も丸見えだよ。さあ、今度はここをかわいがってあげようね」と言うと、俺の足をもったまま、ケツ穴を舐めてきたんです。

俺はさっきので終わったと思っていて、この状態がいつまで続くのか、少し不安がよぎってきたんだけど、そんな気持ちを掻き消されるくらいに、今度は運転手さんのケツ穴舐めに感じ始めてしまったんです。

運転手さんはそう言うと、俺のケツ穴に舌を這わしてきました。

穴の中にまで舌を入れたりもしてきます。

そしてケツ穴から玉袋を舐め、そして俺のチンポへと舌を這わす運転手さん。

そうこうしてると、俺のチンポは再び硬くなってきて、運転手さんは音を凄く立てて、俺のチンポを攻め立ててきます。

そして、今度は俺のケツ穴に指を入れてきました。

最初は1本だったのが、運転手さんは自分の指にたっぷりと唾液をつけて、更にもう1本の指を入れて、俺の中を掻き回してきます。

2本の指で俺のアヌスを掻き混ぜ、右手で俺のチンポを激しく扱かれ、気持ちよすぎて気が狂いそうでした。

そして上に着ていたTシャツも脱がされて、俺は狭い車内で全裸にされ、もう運転手さんの完全な道具になってしまった んです。

すると運転手さんは、「もうたまんないよ」と言って、自分のズボンのファスナーを下ろし、トランクス越しに自分のチンポを俺の口に押し当ててきました。

運転手さんのチンポはビンビンに勃起していて、前は先走りでびっしょりと濡れています。

俺は運転手さんのチンポを掴んで、トランクスの上から扱いていると、運転手さんは自分の穿いていたズボンとトランクスを一緒に脱ぐと、"俺に見ろ!"といわんばかりに、自分のチンポを俺に突き出してきました。

そのチンポはカリが赤黒くぷっくりと張り、太さ・長さも俺のよりもはるかにデカい大人のチンポだった。

長さも18cmくらいで、俺はそのチンポをひたすらしゃぶった。

時々運転手さんは、「う~っ」とか声を出して感じているみたいだった。

暫く舐め続けてたので、運転手さんのチンポは更にデカくなっているみたいだった。

すると、運転手さんは俺を自分の膝の上に座らせ、「君の中に入れさせてくれ」と、なんともいえない目をして俺の腰を掴んで、ついに俺の中にチンポを入れ始めた。

カリの部分が入っただけで、俺は苦しくて窒息しそうだった。

そして更にゆっくりと腰を下ろされて、徐々に俺の中は運転手さんのチンポでいっぱいになり、ついに根元までしっかりと入ってしまった。

この時はさすがに痛くて、「ごめんなさい…痛い、だめ、できない」と言ってたけど、そんな声を無視して、運転手さんは下から激しく俺を突き上げてきた。

本当にこの時は痛くて我慢できなかった。

あまりの痛さに涙が出たくらいだった。

そして、運転手さんは今度は俺を下にして、俺の足を自分の肩にかけて激しく腰を振り始めた。

時々俺の肩を掴んで自分の方へひっぱるようにするから、運転手さんのチンポは更に深く俺の中に入ってきた。

あまりの激痛で耐えられなかったけど、なんか暫くしたら、痛み以外に、変な快感が俺を襲ってきた。

そう、俺は感じてきたのだった。

運転手さんもそれがわかったのか、「もう大丈夫だよ。これからは腰が抜けるぐらい感じさせてやるからね」と言い、更に激しく腰を振ってきた。

「君のケツマンコ最高だよ。女のマンコより気持ちいいよ、それによく締まる。どう?俺のチンポも気持ちいいか?」と聞かれ、俺は「気持ちいい、もっと下さい…」と言わざるを得ないくらい、この時は感じまくっていた。

この時、何となく外を見ると、俺たちの行為を窓越しに覗いている奴がいたんです。

俺はビックリしてしまい、「見られてる!!」と運転手さんに言うと、「じゃあ、もっと見せてやるか」と言って、俺が運転手さんの上に乗り、外から見てる奴に、俺のチンポが丸見えになるように股を開かされて、下から突き上げてくるんです。

俺は気持ちいいのと、人に見られているのとで、堪らなく感じていた。

外から覗いている奴は、窓越しにしっかりと俺たちの行為を見ている。

運転手さんの下からの突き上げは更に激しくなり、運転手さんの太いチンポをしっかりと受け入れ、俺の勃起しまくったチンポは、先走りでベトベトになっている。

それも外から覗いている奴に"よく見て下さい"と言わんばかりに、思い切り股を開かされている俺。

きっと外からは丸見えになっているだろう。

そうしたら、なんとそいつはドアを開けて、車内に乗り込んで来たんです。

さすがに俺は焦ったけど、運転手さんはお構いなしに下から突き上げてくる。

俺もこんなそばで誰かに見られていると思うと、更に興奮した。

すると運転手さんが、「こいつの助平なチンポ、どうにかしてやってよ」と、乗り込んで来た奴に向かって言った。

その人は30歳前後くらいの、スーツを着たリーマンだっだ。

眼鏡をかけて、いかにも仕事ができそうな大人の人だった。

清潔感があって、細身で背も高そうで、『この人もゲイなの?』って思うような人だった。

その人がじっくりと俺のチンポや、運転手さんの太いチンポを咥えこんでいるケツ穴とかを見てるんです。

そして、ついに俺のチンポを握り始めたんです。

そして、先走りでベトベトになっている俺のチンポを咥え始めたんです。

俺のチンポの至るところに舌を這わすリーマン。

俺の先走りを全部きれいに舐め終わると、ついに俺のチンポは、根元までしっかりとリーマンの口の中に入ってしまった。

そして、口で激しく上下にフェラされ、我慢も限界に達した俺は、「はぁ~、だめ」という声と共に、リーマンの口の中に発射してしまった。

リーマンは俺のザーメンを飲んだみたいで、暫く俺のチンポをしゃぶり続けていた。

そして、今度は体位を変えて、運転手さんが俺の上になって激しく腰を振ってきた。

そして、すぐに運転手さんは、俺の腹の上に大量のザーメンを発射した。

そして、自分が発射したザーメンをきれいに拭き終わると、「そろそろ仕事に戻るよ。後はこの人にたっぷりとかわいがってもらいな」と言うと、1人さっさと服を着始めた。

俺は1人全裸のままぐったりしていると、リーマンの人が俺を裸のまま抱き上げて、すぐ近くに止めていた自分の車の中に連れて行ってくれた。

そして、俺の洋服を取ってきてくれると、2人で後部座席に入った。

タクシーの運転手さんはもうどこかに行ったみたいだった。

そのリーマンの人の車は大きめのワンボックスで、後ろのシートを全部倒していたので凄く広かった。

すると急にリーマンは俺に襲いかかってきた。

俺はなんとか抵抗を試みた。

だけど、さっきまでタクシーの運転手さんに激しく攻められた俺には、そんな力がなかった。

それに全裸で抵抗している俺の姿が、逆にリーマンを刺激したみたいで、凄い力で俺を攻めようとしている。

そして、リーマンは俺に、「さっきまで股広げて、男のチンポ咥えてたんだろう。それに俺の口の中に出しやがって。お前、抵抗してるくせに、チンポがデカくなり始めてるじゃねぇか。大人しくしてろ、このくそガキ!」と言うと、俺の頬を一発平手で殴ってきた。

もうこの先はレイプ同然だった。

さっきまで俺がこのリーマンに抱いていた想像とは全く違う男が、俺の体を好き勝手に、時には必要以上に攻め立ててきた。

体中を舐められ、足を思い切り上に開かせられ、俺のチンポやアナルが丸見えになると、リーマンはビチャビチャと音を立てて、チンポの隅々まで、アナルの中まで舌を這わして来た。

俺は『こんな奴、大嫌いだ!』と思っていたのに、悲しいことに、チンポはビンビンに勃起してしまっていた。

「ガキのくせに淫乱なチンポだぜ。ここまでされて、こんなにヨダレ垂らしやがって。もう少ししたら、俺のぶっといマラで突いてやるからな」

リーマンの言う通り、この時、俺はチンポからいっぱい先走りを垂らしていて、感じまくっていたんです。

リーマンは運転手さんよりも凄いテクで、俺のチンポを舐め回してきます。

そして、リーマンは着ていた洋服を脱ぎ始めると、ブリーフ1枚になりました。

意外とガッシリとした筋肉質の体型で、"ブリーフの前はこれでもか!"というくらいパンパンに膨れ上がっています。

うっすらとシミもできていました。

そして、リーマンはブリーフを脱ぎ、俺の目の前に自分のチンポを突き出してきたのです。

赤黒く使い込まれたチンポは、ギンギンに勃起していて、長さも太さもさっきの運転手さんよりもデカいチンポでした。

先からは先走りがタラ~っと流れています。

「さっきの運ちゃんのよりデカいだろう。これでたっぷり泣かせてやるよ。その前に俺のチンポ咥えろよ」と言い、俺の唇に自分のチンポを押し当ててきたんです。

俺はリーマンの言う通りに口を開け、たっぷりとフェラをすると、「もういい」と言い、ついに俺のアナルに自分のチンポを押し当ててきたんです。

でも、シートの位置が少しおかしかったのか、なかなか入らない様子でした。

すると、「おい、ヒロシ。ちょっとこのガキ押さえてくれ」と言うと、なんと運転席からもう1人出てきたんです。

全くそんなことを考えてなかった俺は、咄嗟にこのままではヤバイと思い、なんとか車から脱出しようとしたけど、すぐに男2人に取り押さえられ、ヒロシという奴に上半身をしっかりと押さえられ、足もしっかりと掴まれ、リーマンに向かってアナルを突き出すような格好にさせられたんです。

そして、ついにリーマンは俺のアナルに自分のチンポを押し当てて、ゆっくりと挿入してきました。

リーマンのガチガチに硬くいきり起っている太いチンポが、俺の中に徐々に入ってくる。

まだカリの部分しか入ってないのに、痛くて痛くて、リーマンは更に俺の中に押し入れてくる。

そして、ついにリーマンの太いチンポは、すっぽりと俺の中に根元まで入ってしまった。

この時は、ゆっくりと入ってきたから、そんなに痛みは感じなかったけど、根元まで入れると、リーマンはとても激しく腰を振り始め、ガンガン俺を突いてきます。

この時は痛くて痛くて、「いやだ、痛い、やめろ!」と言ってしまったんです。

すると、リーマンはその言葉にむかついたのか、「痛いだと!何言ってやがる、さっままでこの中にチンポ入れてもらって、はぁはぁ感じてたじゃねぇか!」と怒鳴るように言い、再び俺はリーマンに殴られてしまった。

俺は痛いのと、悲しいのとで、涙が出てきた。

本当に辛かった。

早くこの現実から逃れたい気持ちでいっぱいだった。

「何泣いてんだよ、このくそガキ!泣いてる暇があったら、自分でチンポ扱いてろ」と、更に俺のアナルを激しく攻め、髪の毛は強引に引っ張られ、更に頬はぶたれ、口から出血までしていたみたいだった。

やがて、リーマンは絶頂が近づいてきたみたいで、「おいヒロシ、しっかりこのガキ押さえつけておけよ」と言うと、更に激しく腰を振り始め、イク寸前に俺のアナルからチンポを抜くと、俺の口目掛けて大量にザーメンを発射した。

それも大量ですごく濃い、ネバネバしたザーメンだった。

すると、リーマンは自分の出したザーメンを指で、俺の口の中へ入れ始めてきた。

「さっきはお前のザーメン飲んでやったんだよ。お前も飲めよ!」と言い、俺はリーマンのザーメンのほとんどを飲まされてしまった。

するとリーマンは、俺の小さくなっていたチンポを再び咥え始めた。

裏筋やカリのくびれを執拗に攻められると、俺のチンポはまた硬くなり始めた。

そして、「ここで自分でチンポ扱けよ!」と言われ、俺は仕方なくリーマンとヒロシとかいう奴の前でオナニーして見せた。

「これで許して下さい…」と言うと、リーマンは、「お前がここで発射したら開放してやるよ。だからチンポ扱け、もっと」と言い、俺は激しく自分のチンポを扱いた。

クチュクチュといやらしい音を立てながらも、俺は必死にオナニーをした。

食い入るようにリーマンとヒロシは俺の姿を見ている。

やがて、俺もイキそうになった頃、リーマンが「やべえ、また元気になっちゃったよ」と言うと、再び俺の上に覆い被さってきた。

もうこの頃に、は抵抗する気力もなく俺のアナルは、再びリーマンのチンポを飲み込んでしまった。

2回目だったから、今度はすんなりと根元まで入ったようだった。

今度はいろんな体位をさせられ、「ヒロシよく見てろよ。このガキすげー淫乱だから。もうじき、チンポからいっぱいヨダレを出し始めるからな」と言い、俺は後ろ向きにリーマンの上に乗り、下から激しく突き上げられた。

そして、思い切り股を開かされ、リーマンの太いチンポが俺のアナルに出入りしているのを、ヒロシはしっかりと見ている。

俺は先程、発射寸前で止められたためにチンポはギンギンに勃起しまくっていて、先走りでグジョグジョになっていた。

「な、ヒロシ、こいつすげー淫乱だろ、ガキのくせによ。こうされるともっとよがるんだせ」と言うと、リーマンは俺のチンポを激しく扱き始めた。

俺は、迂闊にも「あ~」という声を漏らしてしまい、今度は俺を前向きに座らせ、下から突き上げてくる。

そして今度は俺が下になって、リーマンの肩に俺の足をかけるような格好で、リーマンの太いチンポに突かれた。

俺たちの結合部分をしっかり見ているヒロシは、「もう俺、たまんないっす。兄貴、このガキの口使わせて下さいよ」と言うと、「たっぷり咥えてもらえよ」とリーマンが言い返し、ヒロシはGパンを脱ぎ、トランクスも脱ぐと、ビンビンに勃起したチンポを俺の口の中に入れてきました。

ヒロシは茶髪・ロン毛のサーファーぽい奴で、年は23~24くらいかな?うっすらと無精ヒゲを生やし、ちょっとワルっぽい感じの奴。

この時、俺はリーマンの完全なおもちゃにされて、理性なんかなかった。

必死にヒロシのチンポにしゃぶりついた。

リーマンよりも少し小さいけど、やはり若いだけあって、すごく硬いズル剥けチンポだった。

俺はヒロシのチンポの隅々まで舌を這わし、たっぷりとフェラしてやった。

するとそれを見ていたリーマンが、「お前らの姿見てたら興奮したきたよ、もうイキそうだ」と言い、更に腰を激しく振ると、俺の中に2度目の発射をした。

2度目もすごく大量だった。

そして、ヒロシも絶頂に近づいてきたようで、「俺もイキそうです」と言うと、俺の口の中に大量のザーメンを発射した。

口の中とアナルの中にたっぷりとザーメンを出された俺は、この後何度もリーマンに犯された。

何度も俺の体を貪り、何度もザーメンを俺のアナルや口、そして顔に発射した。

俺は、この間一度もイクことを許されずに、ひたすらリーマンに犯され続けた。

その間、ヒロシはその光景をしっかりと見ていた。

そして、リーマンは俺の体に飽きたのだろう。

「おい、くそガキ。ここでまたオナニーしろ。そろそろ開放してやるよ。最後に俺の目の前で発射してみろ」と言われた俺は、自分のチンポを扱き、ものの何分かで、2人の目の前で発射した。

ぐったりしている俺を見ずに、リーマンは服を着て車から出ていった。

車内はヒロシと俺だけになった。

ヒロシは、俺にそっと毛布を掛けてくれて、「さっきはごめん。俺も君にひどいことしちゃって。君がつらいことわかっていたのに俺。自分が何もできなかったのがくやしくて。見てるだけの俺もすごくつらかった」と言葉を掛けてくれたんです。

「本当にごめん。こんなことになって」と、ヒロシは俺にすごく謝ってくれた。

そして、「そんな格好じゃ家に帰れないだろ。よかったら、俺のマンションへおいでよ。心配しないで。俺のマンションにあいつは来ないから」と言うと、ヒロシは車を運転して自分のマンション。

その間、俺はなぜか涙が止まらなかった。

開放された安堵感と、ヒロシのやさしい言葉に。

マンションに着くと、毛布にくるまったままの俺を軽く抱えて、ヒロシの部屋へ案内された。

そして、そのままバスルームに連れて行かれて、ヒロシも着ていた洋服を全部脱ぐと、シャワーで俺の体をきれいに洗ってくれた。

髪の毛も洗ってくれたヒロシは、「あとここも。ちょっと痛いかもしれないけど我慢して」と言うと、俺のアナルの中に指を入れて、中をシャワーできれいに洗ってくれた。

リーマンが吐き出したザーメンが、少しずつ俺のアナルから出てくる。

それでもヒロシは優しく奥の方までシャワーできれいに洗い流してくれた。

「これで大丈夫。許してくれとは言わないけど、本当につらいことしてごめん。俺にできることがあったら、何でも言ってよ。そうでもしないと俺、、、」と黙り込むヒロシ。

俺はこの時、明るいところで初めてヒロシの顔・体をしっかりと見た。

背は高くて、スジ筋のきれいた体だった。

顔はやっぱりワイルドな顔をしているけど、とても優しい瞳をしている。

なんかこんな俺に、ここまで優しくしてくれるヒロシに俺は抱きついて、胸で思い切り泣いてしまった。

その間、ヒロシは俺をしっかりと抱きしめていてくれた。

ずーっと、ずーっと。

ヒロシの温かさがハッキリと伝わってきた。

そして、ヒロシは俺の顎を指で軽く上にあげると、キスをしてきた。

最初はソフトなキスだったけど、途中から舌を入れてくるハードなキスになった。

こんなキスされたのは初めてだった俺は、キスだけで体がガクガク震えてしまった。

この間もしっかりとヒロシは俺を抱きしめていてくれた。

俺のへそ辺りにあったヒロシのチンポは、徐々に熱を帯び始め、ついには完全に勃起してしまっていた。

ヒロシは俺の腰辺りに手を下ろすと、自分の体に更に強く密着させるように抱きしめてきた。

俺の腹には、ヒロシの熱いモノが、ビクンビクンとなっているのがモロに伝わってくる。

この間もずーっとキスをしたままだった。

そしてヒロシはキスをやめると、俺の頭を抱き寄せて、「ごめん。これじゃあ、俺、あいつと一緒だよな。あんなことされた君に、俺、何してんだろ。最低だよ、俺」と自分を責めるヒロシに俺は、「いいよ、謝らないで。このまま続けて、さっきのこと忘れさせてよ」と言うと、ヒロシは再び俺にキスをしてきた。

そして、俺の体を抱き上げると、そのままヒロシのベッドルームへ運ばれ、ベッドの上に寝かされると、ヒロシも俺の上に被さってきた。

そして、優しくたっぷりとキスをされると、ヒロシの舌は首すじや耳まで舐め始めた。

そして、乳首を舐められるとヒロシの舌は、徐々に下へ下へと這っていく。

そして、ついにヒロシの舌は俺のチンポに届き、たっぷりと舌で舐め回してきた。

俺は快感のあまり、「はぁ~っ」と声を漏らすと、ヒロシは「いいよ、もっと声出して。やらしい声を俺にいっぱい聞かせてよ」と言うと、今度は俺のチンポを根元までしっかりと咥えて、上下に口を動かし始めた。

ヒロシはぎこちない舌遣いながらも、俺のチンポを必死に舐め続けている。

そして、先だけを舌でレロレロ舐めながら、手で俺のチンポを握ると、上下に激しく扱いてきた。

俺はとうとう限界に近づいてきて、「俺、もう、イキそう」と言うと、「このままイッてみて。君のイクところが見てみたいんだ」と言われたので、俺はヒロシの手に思い切り発射してしまった。

ヒロシに扱かれたことで興奮していたのか、結構大量に出たみたいで、ヒロシの手は、俺のザーメンがベットリと付いていた。

「なんか君、すごくHな顔してたよ。そんな顔されると俺、もう」と言いながら、俺の顔の近くにヒロシは自分のチンポを突き出してきた。

ヒロシのチンポはギンギンに勃起しまくっていて、へそにつきそうなくらい起立している。

そして、先走りでベッチョリになっているカリは、これ以上にないくらい膨らんでいる。

俺はヒロシのそれに口を近づけると、まずカリの部分を口に入れて舌で舐め回した。

ヒロシは「あ~」と声を出して感じているみたいだった。

そして、今度は裏筋に舌を這わして、下から上に舐め上げるようにすると、ヒロシは更に声を上げて、「最高だょ。たまんない」と腰をくねらせています。

そして、俺はヒロシの硬く熱くなったチンポを、口の中にゆっくりと入れていき、ビチャビチャとわざと音を立てながらフェラしました。

右手でヒロシのチンポの根元を握ってフェラして、左手でヒロシの玉袋を揉むと、ヒロシは「そんなことされると俺、もう立ってられないよ。ベッドに寝かせて」と言い、ベッドに仰向けに寝ました。

ヒロシのチンポは、ピン!と天井を向いて、ビクンビクンしています。

そして俺はヒロシの上に乗ると、再びチンポをフェラしました。

ヒロシも俺のチンポを再び舐めてきて、部屋中にフェラをしている音が響き渡っています。

ヒロシは俺のケツ穴にまで舌を這わしてきたので、俺もヒロシのケツ穴を舐めてやりました。

予想以上に体をビクンと震わせると、「それだけは絶対だめ」と抵抗しました。

が、俺はヒロシの足の方へ体を移動して、ヒロシの足を持ち上げてました。

「やめてくれよ。そこだけは俺だめなんだ。それにこんな格好恥ずかしいよ」と言うので、俺は、「さっき俺にできることがあったら、何でもするって言ってたじゃん。だからね」と言って、ヒロシのケツ穴に再度舌を這わした。

ガチガチに緊張しているヒロシだったけど、そこを舌で舐めると、ヒロシは「あ~っ、だめ」と言い、体をよじりながら感じているようです。

俺は更にヒロシのケツ穴を舐め、時々玉袋も舐めたり口に入れたりして、ヒロシの一番弱い部分を集中攻撃した。

すると、ヒロシはハァハァ声を出し、チンポからはいっぱい先走りを垂らしているんです。

そして、俺はヒロシのケツ穴を舐めながら、チンポを上下に激しく扱いた。

でも、あまりにも先走りでグジョグショになっていたので、先走りを全て舌で舐め尽くした。

そして、再びケツ穴を舐めながら、チンポを激しく扱くと、ヒロシは「もう、俺、だめ、出る」と言うと、自分の腹に大量のザーメンを発射した。

凄く濃いベトベトのザーメンが腹一面に飛び散った。

暫くハァハァ言って動かないヒロシだったけど、俺はヒロシが発射したザーメンをティッシュで拭いていると、思い切り抱きしめられて、暫く2人とも裸で抱き合っていた。

俺はこの時、『このままずーっとヒロシとこうしていたい』と思いながら。。。

そして月日が流れ、、、

今、俺はヒロシと付き合っている。

こんなに自分に正直に素直にありのままでいられる人とつきあうのは初めてだった。

ヒロシにコクられた時はビックリして、断ったんだけど、ヒロシは俺をとてもしっかりと支えていてくれた。

真正面からぶつかってくるヒロシに、俺は少しずつ心が傾き、今ではいつも隣にいてくれる。

俺はヒロシを必要とし、ヒロシも俺を必要としてくれている。最近になって、俺はヒロシに初めて抱かれた。

やっと2人であの過去のことを忘れることができたと思う。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。