ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】ぶっかけ!精子でドロドロにされた俺のチンコ

【ゲイ】ぶっかけ!精子でドロドロにされた俺のチンコ

ぶっかけヤリ捨て

愛知県在住の男子学生さんからの投稿。女装好きの投稿者は掲示板で知り合ったおじさんとアパートで会うことに。女装姿で喘ぎまくっていた投稿者だが、どうやらお隣りさんに丸聞こえだったらしい・・・・・・
フェラ好き大学生
この間掲示板で知り合ったおじさんとしました。

自分はワインレッドの上下の下着とストッキングで女装をし、部屋で待機。

鍵は開けておいたので、しばらくするとおじさんが入ってきました。

「いやらしいパンツ履いてるねぇ」

「今から君のチンポぐちゅぐちゅにしちゃうからね」

「あれ?もう、我慢汁でチンポぬちゃぬちゃだ」と耳元での言葉攻めにアヘ顔を晒す自分。

気がついたら僕はおじさんのチンコにしゃぶりついていた。

おじさんは大量につばを垂らすと僕のチンコをさらにぐちゅぐちゅにした。

「我慢汁とつばでチンポぐちゅぐちゅだよ」

「いやらしい音たてて隣の人に聞こえちゃうね」

「君の口まんこ、とっても気持ちいいよ」

「ほら、口まんこにびゅるびゅる射精しちゃうよ」と、おじさんのチンコにしゃぶりつきながら、ぐちゅぐちゅ音をたてられてしごかれてることに興奮し、僕はあっけなく射精してしまった。

「あぁ君の口まんこ気持ちいい」

「どこにかけ欲しい?」

「もうイっちゃうよ」

おじさんは僕のチンコにものすごい量の熱い精子をぶっかけてくれた。

そして、おじさんは何も言わずそのまま部屋を出ていった。

しばらく脱力状態だったため、部屋の鍵をかけ忘れていた。

はっと気がついたがひと足遅く、隣の部屋の人?が入ってきてしまった。

「さっきから、いやらしい音響かせて近所迷惑だろ?壁薄いから丸聞こえなんだよ」

その人は知り合いが来ていたらしく、その知り合いも呼ばれ、まだ僕とおじさんの精子でぐちゅぐちゅのチンコを弄り始めた。

「何だよ、この変態チンコはw」

この非常事態に僕は興奮し、チンコはすでに勃起していた。

二人組は交互に、また同時に僕の口まんこを容赦なく犯してきた。

凄まじいイラマチオに意識は遠のいていくがチンコは逆にギンギンに勃起していく。

ものすごい興奮に僕は精子でぬちゃぬちゃのチンコをしごき始めた。

二人組の男の人達はその変態ぶりに興奮したらしく「あぁぁイクイク」と言って僕のチンコにビュルビュルと射精した。

僕のチンコはいやらしすぎる精子まみれ状態で、もう限界だった。

ぶっかけ企画のAV女優になったような最高の気分の中、僕はまたさっき以上に射精してしまった。

そして二人組は、そそくさと部屋を出ていった。

ぶっかけられて捨てられるというシュチュエーションが堪らなかった。

今でも思い出しただけで、チンコはギンギンになってしまう。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。