ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DCですが、父の同級生を定期的に掘ってますwww

【ゲイ】DCですが、父の同級生を定期的に掘ってますwww

僕のセフレおじさん

栃木県在住の男子学生さんからの投稿。物心ついたときから男性に興味があった投稿者はずっと1人で悩み苦しんできたそう。親にも言えず、近所に住む父の同級生に相談したところ・・・・・
ガチムチ熟年さん
この前、うちの近くにあるパン屋さんに行った時の事です。

母に明日の朝食用のパンを買ってくるように言われ、お遣いで行きました。

店内にはよく見かける常連のおじさんが居ました。

おじさんは父の同級生で僕が生まれた時から知っているそうです。

そしていつも冗談っぽく「ちゃんとセンズリしていてるかw」とか言って僕のを触ってきます。

いつか、おじさんに打ち明けようと思っていたのですが、僕はその日、勇気を出して「僕、男に興奮するんです、おかしいですか?」と聞きました。

家族にも相談できず、ずっと悩んでいたのです・・・

すると、おじさんは淡々と「じゃあ、治してあげるから家にきなさい」と言ってくれました。

おじさんは家も近くで、父の同級生だからもちろん信用して家まで歩いていきました。

中にはいると、おじさんは女性の裸が掲載されているエロ本を出してきました。

僕は、おじさんと一緒にそれを見てました。

しばらくすると、おじさんが「どうだ、女で興奮するか?センズリしたかったら、ここでしてもいいんだぞ」と言いました。

ぼくは、エロ本では興奮しなかったけど、おじさんの前でオナニーしたくなってしまい、しばらく自分のをシコっていました。

しばらくして勃起すると、「じゃあ、やらせてもらいます」と言って、僕はズボンを脱ぎました。

シコっていたせいもあって、トランクスはガマン汁で結構濡れていました。

しかも、ビンビンにテントをはっていました。

ぼくは、もうどうにでもなれ!!みたいな気持ちでトランクスも脱ぎました。

僕のペニスは、仮性包茎で、勃起しなかったら6センチくらいしかないけど、その時は自分でも結構大きくなっていたのがわかりました。

おじさんは、僕のペニスを見て、「おお!結構大きいじゃないか!!」と言ってきました。

おじさんのあそこを見ると、パンパンになっていました。

ぼくは「おじさんも、オナニーしたら?」と言いました。

おじさんは、「そうだな、勃ってるもんな」といって、下半身裸になりました。

おじさんのはかなり大きくて、太くて、亀頭も黒くて、僕のとは比べものにはなりませんでした。 ぼくは、おじさんのを見て、さらにビンビンに勃起してしまいました。

僕のペニスからは、ガマン汁が溢れ出て、亀頭が光ってました。

ぼくは、エロ本のには見向きもせず、おじさんを見ながらオナニーしてました。

すると、「そうか、、おまえ男が好きなんだったよな」と言われたので、「うん」と答えました。

すると、「ちょっとこれ咥えてみろ」と言われました。

僕は、おじさんのを咥えて、舐めまくりました。

おじさんは、「いいじゃねえか・・・・」と言ってました。

僕は一生懸命フェラしていると、「ああ・・・い、イク・・・」と言って、おじさんは僕の口の中でイきました。僕の口の中は、おじさんの液でいっぱいでした。

「じゃあ、今度は俺が舐めてやろう」と言われ、僕はおじさんに身をまかせました。

おじさんは、僕のを咥えて、激しくフェラし始めました。

「あ・・・あああ・・・」と言って、僕はすぐに果てました。

おじさんは、僕が横になっていると、口から僕の液を垂らして、僕のペニスにかけました。

そしておじさんは、僕のペニスをおじさんのアナルに入れて、腰を上下させました。

僕はまた耐えきれず、すぐイってしまいました。

そのあと、僕はすぐ家に戻ってそれを思い出しながらオナニーしました。

それからというもの、溜まったときはいつもおじさんの家で掘らせてもらってます。

もちろん父には絶対にバレないようにやっていますw

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。