ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ】ビデボ宝島24で恥部見せ合いプレイした結果・・・

【ゲイ】ビデボ宝島24で恥部見せ合いプレイした結果・・・

八王子のビデボにて

東京都在住の会社員さんからの投稿。数年前、出会い系で知り合いHしたことのある女装子好き男性から久々にメールをもらった投稿者。今は女装をやめてしまった投稿者だったがビデボでオナニーの見せ合いすることに・・・・・
バリウケのジャニ系少年
今週は、八王子のビデボ宝島24で、40代の女装子好き男性とお会いしました。

この人と会うのは2回目なんです。

前回は、3年くらい前、私(以下、真樹)が女装してたときです。

現在は、女性下着をつけるくらいで女装してないって伝えると、「そしたら、触ったり舐めたりはできないけど、見せ合いだけで良ければ、久々に会わない?」とお誘い戴いて、真樹は即答でオッケー。

触ってもらえなくたって、男性の勃起した姿やオナニーを見せてもらえたり、真樹の恥ずかしいところを見てもらえたりするだけで、すごく興奮するので…。

真樹のお部屋の番号をメールで伝えると、向かうから鍵を開けて待っててねとの返信。

すぐに鍵を開けて期待に胸を膨らませて待つこと10分。

なかなか彼が現れません…。

あれ?と思いながら、借りてきたDVD(この日は羞恥系)に観入る真樹。

鍵はずっと開けっ放し。

鏡の前に立たされて恥ずかしいポーズをとらされる女優さんを見ながら、頭の中で自分を重ね合わせて、自らの下半身をリズミカルに刺激し出しました・・・

ちょうどそのとき、カチャッとドアが開きました。

一瞬見ただけで当時の記憶が蘇ってきました。彼です。

待ちきれずにひとりでいやらしいことしてるとこ、いきなり見られちゃった…。

すぐに下着を穿いてごまかそうとすると、彼は反対にズボンを脱ぎ、下着姿に。

ボクサーパンツの彼は、今にも飛び出しそうなくらいにビンビン。

一方、真樹は彼のためにビデボで買った下着と黒タイツを穿きました。

久しぶりだね…と少しだけ言葉を交わした後は、互いに快楽を求める2人の男同士。

相手の体を見つめながら、自らの性器をしごき始めます。

真樹ちゃん、相変わらず大きいねとか、可愛い声だとかささやかれながら、真樹は興奮度を高めていき、彼の胸、お腹をつたい、下半身へと手を伸ばします。

彼も、真樹を誘導するように腰を動かし、ビンビンになったオチンチンを触らせてもらいました。

ゆっくりゆっくりしごいて彼の反応を確かめていると、思いがけないことが!

なんと、彼が真樹のペニスに手を伸ばし、真樹と同じようにしごき始めたのです!

触ったりできないと言われていたのに…。

お互いにしごき合い、途中から、真樹はお口も使って奉仕。

興奮がマックスになった真樹は、いつもだったら絶対にしなかったような仕草を…。

仰向けの姿勢で、両足を開脚…。

どんな姿勢かわかりますか?正常位で挿入されるときの女性のような感じです。

真樹はアナルが苦手で、彼もそのことは重々承知なんですが、その真樹が脚を広げた…。

「真樹ちゃん、いいの?」と聞かれ、「はい…」と答えた真樹。

自分でもよくわからない感情でしたが、心の深いところで彼のチンポが欲しかったのだと思います。入れられたら絶対に痛いのをわかってるのに…。

優しく彼がアナルをいじくり、徐々にほぐれてくると指が2本、真樹の中に。

くねくねと動かされるたび、「あん、ひん、」と高い声が出ちゃう…

そして、ついに彼のがアナルにあてがわれ…。

グングンっと押し込まれたかと思うと、先の方が真樹の中へ。

ただ、アナルをずっと使ってなかったので全部は入らず、穴のまわりを突いてもらうプレイに変更。最後はアナルめがけてタップリ射精してもらいました。

それだけでも、すごく幸せな気分になれました。

真樹は、彼が見つめる中、DVDを見ながら射精。

「また連絡するね、ありがとう」って言ってお別れしました。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。