ホーム » イケメン » 【ゲイ】バイト終わりの売り専君にナンパされた俺

【ゲイ】バイト終わりの売り専君にナンパされた俺

欲求不満の売り専君

東京都在住の会社員さんからの投稿。久々に二丁目で朝まで飲んでいた投稿者。その帰り道、かわいい感じのホスト系の子に突然話しかけられてしまい・・・・・
ホスト系の売り専君
先日、久しぶりに年休消化のため平日が休みになって、やることも無いので休みの前の日に二丁目で飲むことに。常連とかでは無いがたまに顔を出す店。

久々だったこともあって楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、終電を逃してしまった。まぁ、明日は休みだから気にせず始発まで飲んだ。

で、始発に合わせて店を出たんだ。

途中の駅から乗車したチャラかわいい感じのホスト系の子と何度も目が合うような気が・・・・

で、偶然にも俺が降りる駅で彼も降りた。

駅前のバス停を見てもまだバスはなかったので仕方なく家まで歩くことに。

道を挟んだ歩道にさっきのチャラい感じのホスト系も同じ方向に歩いていた。

また目が合った。すると彼はこちらに向かっきたんです。

ケンカとか売られたらどーしょうとか思ったが、彼は「二丁目にいましたよね」と声をかけられ拍子抜けする俺。

俺は「ハ、ハイ・・・」と言うと、彼は「もしかしてゲイですか?」と聞いて来た。

俺は正直に「バイかな?」と答えた。

彼は屈託のない笑顔で「よかったらウチ来ませんか?」と言う。

いきなりだったので躊躇したが、彼の「怪しくないから大丈夫ですよ」の言葉を信用してついて行った。

万が一でも体格的には俺の方が175×65で、彼は見た目160×50位で俺の方が見るからに勝っていたので逃げられると思ったからだ。

彼の部屋は駅から10分かからない所のアパートだった。

鍵を開けて、彼は 「1人暮らしで誰もいないから遠慮しないで、どーぞ」と俺を中に入れた。

彼は慶くんと言い、自己紹介で160×44×20で二丁目の売り専にいるとのことだった。

その日は朝まで待機したが客が21時位にショートの客が1人であとはつかなかったのだとか。

で、たまたま朝帰りで二丁目を歩く俺を見て、タイプだと思っていたら乗る電車も降りる駅も同じでビックリして声をかけたそうだった。

慶は床に俺を座らすと、横に座り、よりかかるようにすごく甘えて来た。

慶の髪や服からは甘い香水の香りが漂い鼻をくすぐった。

慶は俺の胸に頭をスリスリつけながら売り専でのグチをこぼしはじめて、「昨日はショートの客も1人でイッテしまって慶は抜けなかったから溜まってるんだ」と言う。

その後「まさかずさんさえよければ、してもらえませんか?」と言うので俺もうなずき、そのまま横に座る慶を床に押し倒した。慶の上になり、キスをした。

服を脱がして乳首を舐めて、お互い全裸になった。

慶の上になって全裸になって…だが、相手は売り専のプロだ。

俺も彼氏もいたし、エッチも何人かは経験したが、プロ相手にどんなもんだろうかと、上に乗っかったまま躊躇し止まってしまった。

そんな俺を察してくれた慶は 「どうしたの?普通でいいんだよ。僕は何も注文されないとただのマグロだから。好きなようにしていいよ。」と言ってくれた。

少し緊張しながら、上に乗っかったままアソコをこすりつけた。

慶のも大きく硬くなってきた。

俺のからは我慢汁も多くなり、ネチャネチャと音が出はじめた。

慶が 「入れて」と 言うので、俺は慶の上から降りた。

慶がローションを持って来てくれて、四つん這いにした。

俺は 「ゴムはある?」と聞いた。

慶は 「持ってないの?」と逆に聞いて来た。

確かに昨日は二丁目に行ったが、飲みに行っただけでヤりに行ったわけでは無いし、
普通、ゴムなんか持ち歩かないだろう。

慶も今切らしてると言うことで、入れるのはよそうとしたが、慶はナマでいいよと言うので、あまりすすまなかったが、慶の希望と俺も慶がストライクだったので、ナマでさせてもらうことにした。

慶を四つん這いにすると、穴に指を入れる。

慶は「数時間前にウリでしていたので、すぐに入ると思う」と言うので、穴と俺の肉棒にローションを塗ってそおっと挿入。

あまり経験無い上に久しぶりで上手く入らなかったので慶が手で誘導してくれてなんとか挿入出来た。

合体してからは、少し慶の穴はゆるいような気がしたが、中で動かした。

慶も少し感じてくれてるのか、「あ、あ、あ、」とか「あんあん」とか「う、う、」とか声をあげた。

慶が俺に覆いかぶさって欲しいと言うので、背にのしかかりながら四つん這いの体勢を床にうつぶすようにして、ピッタリ密着するように重なって首からうなじ、サラサラの髪をなでてキスをして、さらに「ん、ん、ん」と息をもらす慶の呼吸に合わせて突いて、俺が 「イキそう」 と言うと、 慶が 「中に欲しい」 と言うので、つい快感に負けて慶の中に放出してしまった。

それから俺はグタァーと脱力し、慶の背中の上に崩れてそのまま合体したまま重なってお互い、呼吸を合わせていた。

どれ位重なっていたのかな。もしかしたら数分かもしれないが長く感じた。

慶が 「そろそろいい?」と言う声に我に帰りました。

「ごめん、ごめん。あまりにも気持ちよかったから…。ごめん、重かった?」

俺はそう言って、慶の背中の上から降りた。

「今度は慶の番だよ」俺は言って、慶を仰向けに寝かせた。

慶のをしゃぶった。

プロの慶は満足してもらえるか、上手くしゃぶれてるのか不安だった。

慶は無反応なのか、さっきみたいに声をあげない。

乳首も少し触り、少し激しくもんでみた。少し 「あんあん」言ってくれた。

その後 「やばいです。イキそうです。」

何故か敬語で慶が言うと俺の口の中に放出してくれた。

そのままゴクンと飲み干した。

それから慶くんとシャワーを浴びて、お互いボディソープで洗いっこをした。

慶くんみたいな子が彼氏だったらなぁと思いながら、シャワーを済ませてバスタオルを借りて部屋に戻った。

慶くんが「まさかずさん、今日は予定あるんですか?」と聞いてきた。

俺は「特別ないけど」 と言うと、「僕はまた夜には仕事(売り専)に行きますが、それまでは空いてます。よかったらこのまま、まったりしてもらえませんか?」 と慶くん。俺はもちろんOKした。慶くんは布団を敷いてくれた。

お互い横になり、イチャイチャして時には重なりあったりじゃれあったりしたが、
お互い朝帰り。睡魔には勝てずにくっついた状態で眠ってしまった。

何時間かたち、付けっ放しだったテレビは昼過ぎのワイドショーをやっていた。

下半身にもぞもぞと何かが当たり目が覚めた。

俺が「慶くん?」と言うと、「あ、起きましたね」と慶くんが言ったと思ったら、俺の腹の上に馬乗りになってきた。

慶くんは 「もう1回したい」と言い、すぐさま俺の肉棒にローションを塗った。

ローションを塗る手だけでもイキそうになりしました。

そして慶くんが俺の上に跨がり騎乗位で自ら挿入。出したり入れたりしました。

俺もいつしか気持ち良くなり下から突きはじめて、慶くんが俺の腰の動きに合わせて「あっあっあっあっ」とよがり、「あ!イク~」と言うとドピュっと1打目は俺の頭を超えて2打目3打目…と胸腹へそに出した。

と同時に下から慶くんの中に放出しました。

慶くんは俺の上に崩れて重なり、密着してお互いの腹で慶くんの精子がネチョネチョとやらしい音を立てました。

しばらくキスをして舌を絡めあいました。そしてシャワーを済ませました。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。