ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】大久保ドラゴンでポジ種注入されてしまった俺

【ゲイ】大久保ドラゴンでポジ種注入されてしまった俺

危険な生交尾

東京都在住のウケリーマンさんからの投稿。当時、セーファーセックスしか知らなかったウブな投稿者は、好奇心から生交尾で有名な大久保ドラゴンへ。噂どおり、あちこちで生交尾が繰り広げられており怖じ気づく投稿者だったが・・・・・・
ポジ種注入
162/56/31のリーマンです。今から10年以上前に、初めてポジ種を注がれた。

今では俺も立派なポジマンで、毎日のように発展場で生交尾を楽しんでるけどその時の体験でも。

始めて生堀で有名な発展場に行ったのは、いつも発展場ではゴム付きセックスしかしたことが無く、生交尾を直に見てみたいという好奇心と、単なるノリからだった。

折角なら人が多そうな連休前の週末に行ってみると、予想以上の人がいて、あちこちで生交尾と思われるセックスをしていた。

念のためケツを洗い、暗闇の中で激しく声を上げながらガン堀りされているウケを見つけて、結合部を触ってみるとやっぱり生なんだ。

ゴムを付けている感じもなく、ただローションでヌルヌルになったチンポを挿入されてた。

しばらく見ていると、タチが「どうして欲しい?」と言いながら速度を上げてウケに尋ねると、ウケも当然のように「中、中で出して。孕ませて~」と喘ぎながら答える。

タチは予想していたようなニヤつき顔になると、猛烈にピストンを早め最後はウケの中に完全に精子を注ぐ。

そして、しばらくそのままの姿勢で動かず、またゆっくりとピストンを再開し始めた・・・

俺もそんなセックスを見て興奮してアナルが疼いてきたが、さすがに生が多い中で相手を探すことも抵抗があり、壁際で扱きながら周りを見ていた。

すると、ガチポな感じの色黒兄貴が隣に来て、俺の体を触りながら「さっき交尾見てたけど、生やりたいん?」と聞いてくるので、「さすがに生はヤバイっすよ」と答えると、兄貴は俺のケツに手をやり軽く揉みながら、「疼いてるんやろ?ゴム付けるからしよか?」と誘ってきてくれた。

確かに生挿入を間近に見て欲しくなっていた俺は、兄貴について薄暗い部屋の奥に連れて行かれ、愛撫が始まる。

最初は腕枕をしたまま、チンポを扱かれ、乳首を舐められる。

そうこうするうちに、兄貴の舌が俺の体を蹂躙し、俺が少し「うぅっ」と呻くと、そのポイントも見逃さず的確に責めてくる。

「ここがいいんか?感じてるんか?」と徐々に声を荒げて兄貴の言葉責めが始まる。

個室では無かったので、周りの反応が気になったが、兄貴はお構いなしに俺のケツに舌を入れ、ビロビロとケツマンを舐め、舌を差し込み指を入れてほぐし始める。

「あぁ!!うぅっ!!」と喘ぎ続ける俺を見て、「そろそろ入れよか?」とゴムを取り出して俺に見せる。

俺が頷くと、ガサガサという音がして、暗闇の中に黒光りするチンポが一瞬見えたかと思うと、ケツマンが広がる感触に襲われた。

一応ゴムしてるか触ろうとしたが結合部が触れないくらい奥まで挿入され、久々に感じるチンポの進入に、俺はたまらず喘ぎ声を上げ、兄貴に抱きついてた。

兄貴も俺を抱きしめ、何度かピストンを繰り返した後は、体全体を使って俺を布団に押しつけ、腕を押さえて本格的に犯し始める。

そうこうするうちに、ギャラリーが増え、俺たちのセックスを見て興奮しチンポを俺の顔に出してくる。

喘いでいる俺は咥えるヒマも無かったが、半ば無理矢理開いた口に突っ込まれ、そのまま上下の口を犯され、口に突っ込まれたチンポから精子が注がれる味がした。

さすがに飲みたくは無かったので、兄貴に掘られながらも、「口の精子出したいっす」と口から白い液体を漏らしながら言うと、「そのまま飲んじまえよ、どうせ今日てめーは俺のポジ種注がれて、ヤバマンになるんだから」と。

「えっ・・・・」

「ちゃんとゴム付けたところまで確認してない方が悪りぃんだろ!」と衝撃的な言葉が浴びせられる。

言われた直後は意味がわからず、一瞬呆然としたが、すぐに理解して「無理っすよ!セーフじゃ無いんすか!!?ポジ嫌っすよ!!!」と訴えながらピストンをやめさせようとするが、俺が呆然としていた一瞬のうちに兄貴はギャラリーに「おい、こいつを押さえつけとけ!」と声をかけていた。

ギャラリーのうち、2人の兄貴がニヤニヤしながら俺の両手と口を押さえつけ、兄貴のピストン運動を邪魔しないよう、俺の抵抗を完全に封じた。

「一回なっちまえば気にしなくていいって」とか、「俺もポジだかんな、後でポジマン掘らせてくれよぉ」と言葉責めが始まる。

「んー!んー!」と声を出すも、体を押さえつけられ黒々とした生のチンポの抜き出しと挿入が高速で繰り返される。

そうやって犯されるうちに、俺の体が段々とおかしくなってくる感じがする。

いつもの感じ方と明らかに違う、おかしい・・・

チンポがこんなに気持ちいいなんて!と思い始めると兄貴はピストンを少し緩め、俺の耳を舐めながら、「さっきたっぷりと仕込んでやったぜ。イヤとか言ってるけど、体は正直に感じてるやろ?」って囁いた。

時間をかけた前戯でたっぷり仕込まれていたことがわかり、今こんなに俺が感じてるのは仕込まれたせいだって首を振って反対したけど、「自分の体の欲求が正直に出てるだけやで。身を任せてみ、ん?どうや、感じてるんやろ?」って言われながら、なおもピストン運動を続けられ俺の体と精神は兄貴のチンポと言葉にゆっくりと、でも確実に支配されていった。

時間をかけた調教と仕込みのせいで俺は完全に兄貴の奴隷に堕ちてしまい、最後はギャラリーに拘束を解かれても自分から兄貴の体を足で挟み込み、「中出しするまで抜かないで欲しいっす!!精子下さい!俺をもっとポジマンにしてもらいたいっす!兄貴のヤバイ子ども孕みたいっす!!」と淫語を連発しながら、ピストン運動に合わせてうれしそうに叫んでいた。

兄貴も俺の希望を聞き入れてくれ、何度も何度も俺の中でポジ種を注ぎ込み、念のためにと周りの奴らにも種を注がせてくれ、俺は涙と涎を垂らしながら何人もの兄貴たちの精子を注いでもらった。

数ヶ月後、検査してみると予想通りポジになっていた俺は毎日の様に発展場に通い詰め、ポジ種を思う存分注いでもらい、ポジになりたいタチの精子も喜んで注いでもらっている。

今では種付けしてくれたポジ兄貴たちに感謝している。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。