Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】モデル並みの白人ショタがアクメ顏で快楽堕ち!!!

【ゲイ】モデル並みの白人ショタがアクメ顏で快楽堕ち!!!

外国人の底知れぬ性欲

千葉県在住の男子学生さんからの投稿。以前、掲示板で知り合った調教好きの先輩から久々に連絡があった投稿者。どうやら外国人のショタを捕まえてきたらしく公開調教するらしいのだが・・・・
便器に調教されたショタ
僕が中学2年の頃、同い年の男の子が調教された。

その子は在日イギリス人で、名前はランスロット(仮名)。

父の仕事の関係で数年前から千葉に住んでいるらしい。

ブロンズの髪の毛に緑色の大きな瞳で、目鼻立ち整ったショタ系の美少年。

外人子役モデルと言っても過言じゃないほど。

ちなみにイギリス語と日本語の2か国語を喋れるんだ。

ある日、悪友の先輩の家に遊びに行った時、凄く色白の子が絡まれてるなぁと思ってたら、それがランスロットだった。

先輩に「今から外人調教するから見てろよ」と言われたので、すごく興味があって鑑賞してたw

ランスロットは服を全て脱がされた後、全身にローションを塗りたくられる。

チンポは完全に剥けてた。

そこに先輩2人が愛撫と手コキで責めると、ブロンズの髪の毛を振り乱して気持ち良さそうに喘ぐランスロット(^^)

でも先輩達の寸止めによって射精出来なくなり、次第に涙と涎を流し始めました。

当たり前かも知れないけど、寸止めプレーは外国人にも通用するんだぁと思いながら見てた。

「イカセて、イカせて!」と泣き叫ぶランスロットに先輩達はクスクスと笑ってハリガタでアナル責めを行う。

前立腺を刺激され、四肢をくねらせて悶えるランスロット。

続いて、バックでガンガンに掘られ、生の肉棒で直接前立腺を突かれる度に絶頂の声を部屋中に響かせる。

「んあああああ!!」

彼の美しい顔は快楽で歪み、涙と涎と汗にまみれたアクメ顔を披露。

先輩達は「また美少年のアクメ顔フォルダが潤うぞ~」とニヤけ、今や懐かしい当時のガラゲーでカシャカシャ連続撮りをする。

「ああああ…ああああ…」

絶え間ない快楽地獄に身も心も淫乱になり、騎乗位では射精感を求めて腰を振り、声変わりしていない高い声でメスのように喘ぐ。

僕は経験上、ランスロットが快楽堕ちしてると解った。

「そろそろか」

先輩はようやく、ランスロットの勃起したチンコを上下に激しく動かす。

ランスロットは嬉し涙と涎を飛び散らせて悶え喜ぶ。

「んばぁああああ!」

あまりの気持ち良さに身体を仰け反らせて、大量の精液をぶちまけた。

先輩はその精液を両手で受け止め、あろうことか射精した本人の口にその精液を流し込んだ。

ランスロットは目を閉じ、頬を赤く染めて自分の精液をゴクゴクと飲み干す。

ランスロットの痴態に僕は興奮してしまい、オナニーしながら近づき、彼のアクメ顔に精液を放出。そのままチンコを喉奥に入れて、口奉仕させました。

「おいおい勝手に何してんだよ」と先輩に言われ素直に謝る。

すると、ランスロットが口を開けて舌を出した。

先輩は「誰がザーメン飲んだ奴とキスするかよ」と言ったが、ランスロットは首を横に降った。

「…もっと」

「はぁ?」

「精液もっとぉ…」

思ってもみない答えに声をあらげて笑い出す先輩達。

「こいつ理性ぶっとんでるww」

「自分の精液飲まされた挙げ句に顔射されて、まだザーメン欲しがるとかwwww」

いくら罵倒してもランスロットは涙を流して「お願いします」と言い、舌をレロレロと動かす。先輩達は目の色を変え、お得意の言葉責めをした

「ランスロット君の綺麗な顔をこれ以上汚したくないな」

「お、お願いします」

「だったらさ。僕の綺麗で整った顔をザーメンで汚して下さいってお願いしなきゃ」

先輩2人が同時にランスロットの右耳と左耳を舐めると「あん」と艶やかな声で喘いだ。

「ぼ…僕の綺麗で整った顔をザーメンで汚して下さい」

先輩達は「よく言った!」とランスロットの頭を撫でた後、掲示板にこう書き込んだ

「ザーメン漬けされたい変態がいる。数は多ければ多い方がいい。某公園に来てくれ」ついでに、とびっきりのアクメ顔の写メを追加して送信した先輩。

僕らはランスロットを連れて公園に行くと、総勢20人近くのゲイが集まって、ランスロットを徹底的に廻してザーメン漬けに♪ヽ(´▽`)/

4本同時のフェラ抜きで顔面精子まみれにしたり、色んな体位で輪姦してると、ランスロットは白くて張りのある肌を踊らせてヨガリ狂ってましたw

廻し終わると、彼は芝生の上に出来た精液の海に溺死体のように転がっていました。

ランスロットは四肢を痙攣させて「はぁはぁ」とだらしない声をあげる。

僕は心配して、白濁色の液体がついた手を持ち上げて、ランスロットを起き上がらせた。

そしたら「また今度犯してください・・・・」と言われました(笑)

僕なんかとは比べ物にならない絶世の美少年は、ついに誰専の精液便器に成り果てました。一体ランスロットに何発の精液を搾り取られたか……

チンコ貪ってる顔が凄いエロくて、思わず写メ取ったよ(笑)

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:外国人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索