ホーム » バイセクシャル » 【ゲイ】既婚者ですが、男性のフェラテクに堕ちてしまい・・・・

【ゲイ】既婚者ですが、男性のフェラテクに堕ちてしまい・・・・

フェラ好きのバイ

愛知県在住のバイ既婚者さんからの投稿。ハッテン公園で男性にフェラされて以来、すっかりその快楽に嵌ってしまった投稿者。嫁のフェラでは、もうイけそうにないらしい・・・・
白昼の発展公園で生交尾
自分はもともと限りなくノンケよりのバイでしたが男性のフェラに病みつきになり、たまにハッテン公園に行って男性に股間を触られ、扱かれ、最高に気持ちのいいフェラで口の中にザーメンをぶっ放していた。

先日もいつもと同じように公園に行ったんだが、まさかアナル処女を奪われることになるとは・・・・・

公園の人気のないポイントに到着すると早速ガタイの良い兄貴が股間を触ってきた。

すぐにアソコはビンビンで臨戦態勢に。

そのうちしゃぶられる。待ちかねていたネットリとしたフェラ。

バキュームの力強さ、ツボを得た舌技は、女性のフェラでは得ることができない。

あまりの気持ちよさに、すぐにイきそうと告げるが、パッと口を放しイかせてくれない・・・

隣りに座りシャツを捲り上げ、乳首を指で摘みながら首筋や耳などに舌を這わせてくる。

ネットリした舌がいやらしく這い回り指は乳首とビンビンになってる亀頭をこねくり回している。

兄貴は「すげえよ、先走りが溢れてるぞ。まだイかせてやんないからな」と焦らす。

男は立ち上がると、自分からファスナーを下げ逸物を取り出し俺の顔の前に。

デカマラがビンビンと脈打ってる。

「しゃぶれよ」

俺は魅入られたようにくわえた。初めてのフェラだった。

「もっと舌使えよ」と髪の毛を掴んでガンガン喉の奥まで突いてくる。

そのうち壁に手をつかされヒンヤリしたものをアナルに塗られ、鼻に何かを嗅がされ、指でかき回された。

また首筋や乳首を責められ、もう俺は女みたいに喘ぎ声を出していた。

やがて、入り口に兄貴の先があてがわれゆっくりと入ってきた。

もちろん、アナルなんて使ったことない。

「痛い!抜いてくれ、、、」

「大丈夫だ。そのうち良くなるから我慢しろ」とゆっくり動いてきた。

乳首摘まれたり首筋に舌を這わせたりアソコを扱いてきたりしているうちに、じわじわと快感が込み上げてきた。

兄貴は「掘られるのは初めてか?」俺は頷くと、「そうか。だから締まりがいいのか、お前のケツマンコたまんねえよ」とか「ちんぽに絡みついてくるよ、最高ー」とかイヤらしいこと言われながら、一層激しく腰を打ちつけている。

男っぽいって普段言われてる俺が、マッチョな兄貴にケツマンコ犯されながら、女みたいによがりまくってる‥そう考えるだけですごい興奮もピークに達し俺は兄貴の手の中に大量のザーメンをぶっ放してしまった。

兄貴はまだ構わず腰を動かし続けている。

俺は一度イッタにもかかわらず、俺のケツマンコを犯し続けているのが、性処理道具みたいに扱われてる自分にまた興奮した。

やがて兄貴も限界きたらしく、物凄い早さで突いてきて「おお、もうイクぞ、中に出すぞ」といいながら二度三度と奥まで突いてきた。

兄貴は「前からお前に目をつけてたんだ。マジ良かったよ。またやりたくなったらヤらしてくれよ」と言っていた。ヤバい。癖になりそう‥

 

カテゴリ:バイセクシャルの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。