Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DC君、剥きたての亀頭で兜合わせした結果www

【ゲイ】DC君、剥きたての亀頭で兜合わせした結果www

剥きたての亀頭

秋田県在住の男子学生さんからの投稿。中学時代、親友が裏本を手に入れたらしく一緒に見ることに。その刺激的な内容に性欲盛んな2人はすぐにフル勃起状態になったとか。そしてお互いのチンポの大きさ比べが始まり・・・・・
大学生の兜合わせ
中学1年の時の体験です。

夏休み中の部活動終了後、同級生の宮島と一緒に家に帰っていたある日のこと。

宮島が、「なぁ、実はいい本を手に入れたから一緒に見ようぜ」というので私の家に持ってきてくれることに。

「いい本」というのは勿論、エロ本のことです。

今はネットの普及で当たり前に見れる世の中になったけど、当時ではなかなかお目にかかれなかった“ノーカットもの”で、2人大興奮して見てました。

宮島が、「朝倉、お前チンポ勃起してる?」と聞きました。

私は「あたりまえだろwお前だってそうだろ」

宮島は「せっかくだから、どのくらい勃起したか測ってみようぜ」と提案。

まず、部屋の隅に行って私に見えないようにして定規で測り、長さをメモに書きました。次に私も宮島と同様にメモに書いてお互い交換しました。

確か、彼が12センチ、私が13.5センチだったと思います。

宮島は、「うそ、1.5センチ負けたか……。だけど本当かどうか分からないから、チンポ比べて見ようぜ」と言いました。

俺は彼のチンポを見たかったこともあり、比べ合いに応じました。

ジャンケンで負けた彼が先にパンツを脱いで、チンポを出しました。

「宮島のチンポ、包茎の先がとんがってるな」と、私は皮が余っている所を指で触りました。皮余りは丸まってなくてとがった形をしてました。

触ると、「ピクン」とチンポが動きます。

「ビンビンに勃起してるな。腹につきそうな角度だし。固さはどうかな?」とチンポをつかみました。

「すげー固いな。カチカチじゃん。」

ちんぽを一旦下に下げて手を離すと、「バチン」と音を立てました。

「よし、今度は朝倉のチンポ見せろよ。」と彼が言いました。

この時既に私のチンポは彼のチンポを見たり触ったりしてるうちに、先走りが激しくなり、ぐちゃぐちゃなのであまり見せたくなかったが、宮島に触られたい気持ちが強く、思いきってパンツを脱ぎました。

「おー、朝倉、でっけー。もう剥けてんのか!?」と宮島は亀頭をつつきました。

「全部剥けてるのか、すげー。お前、亀頭がなんか濡れてるぞ、いやらしいな。ほら。」と、くびれから亀頭の先端まで触って濡れ具合を確かめました。

宮島は「お前、こんなに剥けてるってことはオナニーのしすぎじゃねーのw」と皮をつかんで上下に動かしました。先走りがぐちゃぐちゃ音を立てはじめました。

皮から手を離して、今度はくびれのところだけ擦りました。

ものすごく気持ち良く、亀頭はたちまち濡れ濡れになりました。

次に宮島は自分のちんぽを私のチンポにぶつけてきて擦り合いました。

彼のとがった皮余りで私のくびれを最初ゆっくりと、段々激しく撫で回しました。

もう少しでイキそうになってしまいました。

私は、「俺にもやらせろよ」と濡れ濡れの亀頭を彼の包茎のとがった皮の部分にぐりぐり押し付けました。

彼は、「あー。なんかスゲー気持ちいい。」と言うのでしばらく続けました。

剥けきったチンポと包茎チンポが押し付け合ったり、擦り合ったりすることで、お互いのちんぽの先走りは、もう濡れ濡れでいつイッてもおかしくない状態でした。

次第に彼のちんぽのとがった皮の先端が徐々に剥けはじめ、亀頭がほんの少し頭を出しました。

「おー。宮島もちんぽ剥けてきた。全部剥けるかな?」と私は自分の亀頭を彼の剥けはじめた部分に押し付け、上下左右にゆっくりと擦りだしました。

すると、途中から擦っている感触が変わりはじめました。

宮島のちんぽも皮が剥けて亀頭が全部露出したため、亀頭と亀頭を擦り合っていたからでした。私はチンポを離して彼のちんぽを眺めました。

「宮島、お前も全部剥けたな。このへん気持ちいいだろ」とくびれを手で擦りました。

彼は剥きたての超敏感な亀頭を刺激され身体全体でビクビク反応します。

「やべー。やべーよ、イッちゃうよ。手でイッたことはあるから、擦り合ってイッてみてー」と言うので、交代で互いのくびれを亀頭で撫で回し、そして裏筋の辺りを擦り合いました。

すると彼が先に「あ、出る!」と言ってイきました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索