Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】イケメン放尿!おしっこ飲んでみた結果・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】イケメン放尿!おしっこ飲んでみた結果・・・・・・・・・

【体験談】佐賀県在住のフリーターさんからの投稿。以前から放尿プレイに興味があり掲示板で募集したところ、一人のイケメン男性と知り合う。会ってみると写真以上のイケメンで心を踊らせながらホテルへチェックイン。さあ待ちに待ったオシッコだ・・・

放尿プレイ

前からおしっこプレイに興味があって、自分のを顔にかけたり、少し飲んでみたり したことはあったのですが、他人としたことはありませんでした。

でも、一度はやってみたくて募集したところ同じ20代のイケメンな方からレスがあり、会うことになりました。

土壇場で「やっぱり無理」って言うかも、と言っておきましたがそれでもいいとのこと。

プレイがプレイなだけに場所が困りましたが最終的には男性同士で入れるホテルにしました。

待ち合わせ場所で彼に会うと清潔そうなイケメンで一安心。

自己紹介を済ませて早速ホテルへ入りました。

一応別々にシャワーを浴びてから、彼に全裸でベッドに寝てもらい、まずはフェラ。

なめる前からフル勃起状態のおちんちんをたっぷり味わいました。

彼はおしっこを我慢しているらしく、「もうそろそろ」ということで、彼には寝たままおしっこをしてもらうことにしました。

私は彼の少し開いた足の間で、彼の勃起ペニスからおしっこが出てくるのを待ちました。

さすがに見られながら、しかも寝ながらでは出しづらいらしく少し時間がかかりましたが、ようやく亀頭の割れ目から液体がちょろっと出て我慢汁と一緒に少し糸を引きながら、 彼のお腹に垂れていきました。

おしっこが少し出たばかりの亀頭の割れ目を舐めてみると、おしっこ独特の味とにおいが鼻をつきぬけました。

一度出たので道がついたようで、少しずつチョロチョロとおしっこを出し始める彼。

私は舌で猫のように舐めていましたが、興奮してきてしまいおしっこが出ているおちんちん をパクッと咥えてしまいました。

口の中でジョロジョロと溜まっていくおしっこ。それど喉を鳴らして飲みました。

不思議と抵抗はほとんどなく、まるでジュースを飲むように美味しくいただきました。

全部のんでしまっては勿体無く感じ、一度おしっこを止めてもらい、今度は私がベッドに寝て 顔や体におしっこをかけてもらいました。

もちろんおちんちんにも。

最後はおしっこが滴るペニスを頬張りました。

今度は彼も舐めてみたいと言ったので、逆に私がベッドで寝たまま、おしっこをしてみました。

私も中々出ませんでしたが、出始めると彼も舐めたり飲んだり。同じく最後は彼の体にもかけてあげました。

二人ともおしっこまみれでものすごくやらしい臭いを発しながら、互いのアナルをいじりあい、 最後は抱き合いながら互いのおちんちんをこすり合わせる兜合わせでフィニッシュ。

汚れた体をシャワーで洗い流し、二人でホテルを後にしました。

その後、彼はもう一回だけ出したいというので、まだ夕方で人通りがありましたが、ホテルの 裏手の公園に入り、物陰でフェラしてあげました。

さっき出したのに、彼は周囲の状況で興奮していたのか3分も経たずに私の口の中に 大量に射精してくれました。

それからまた会うことを約束して別れました。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索