Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ】先輩のユニフォームをオカズにオナニーしてた俺

【ゲイ】先輩のユニフォームをオカズにオナニーしてた俺

憧れの先輩と・・・

香川県在住の男子学生さんからの投稿。放課後の部室でユニフォームの忘れ物を見つけた投稿者。家まで届けてあげようと手に取ると、何と憧れの部長の名前が。興奮してしまった投稿者は・・・・・
憧れの部長に手コキされた
『ふ~。』

俺は部活あとの自主トレを終えて、1人部室へ行った。

あたりは薄暗く、もう誰もいないと思っていた。

ガチャッ。ドアを開けると、やはり誰もいなかった。

散らかり放題の部室の中。まだ部員たちの熱気やすっぱい汗の匂いの名残がある。

その中の椅子に誰かのユニフォームのズボンがかかっているのに気づいた。

『誰のだろう…』そう思って名前を見てみた。

菅沼健介。我が部長の菅沼先輩だった。

背が高くてめっちゃかっこいい先輩。

先輩がシュートを決めるときの、あの目付き。がっちりな体。

少しガサツだけど、男らしい言葉遣い。俺の中で菅沼先輩は憧れだった。

そして、部長として大好きだった。

「菅沼先輩…忘れるなんて珍しいな…」

あたりを見回してから、ちょっと気になってズボンの匂いを嗅いでみる……。

男の匂い、少し残る洗剤の匂い。なんだか異常に興奮してしまった…。

そして気付いた……!!!俺のアレは高々と反り返るほどに固くなっていた。

「…!なんで!!俺は男の匂いを嗅いで勃起してんだよ!?」

まぁ部活が忙しくて3週間抜いてなかったから、無理もなかったのかもしれない……。

急に、抜きたい衝動が襲う。

何を思ってんだ俺は…!ここは学校の部室だぞ……と自分に言い聞かせる。

しかし片手には、あの憧れの先輩のズボン…

俺は我慢できず椅子に座るとユニフォームのズボンをずり下げ、そのままアレをしごき始めてしまった。もう始まってしまうと自分では止められない。

そして、先輩のズボンを顔面に擦り付けるように匂いを嗅ぎながら。

「ぅ……!やっべぇ、興奮する……あっ…はぁはぁ…」

だんだん息が荒くなり、頂点が近くなる。

「あぁ……!!やっべぇ!」

そのときだった……ガチャッ!!

「っ!!!」

部室のドアが空いた。そこには誰がいた。

「す…菅沼先輩…!!!」

制服姿の菅沼先輩が部室に入ってきたのだ。

「おい翔。こんなとこで、オナニーすんなよ~(笑)」笑いながら近寄ってくる。

「なぁ俺のズボンなかったか?忘れちまったんだよなぁ……って…それ俺んじゃね?」

先輩は俺の片手にあるズボンを見る。

「え?何?俺のズボン匂ってオナってたんか?(笑)へー、翔ってそんな趣味あったんか。」笑いながら俺のアレを指差す。

「いや…違っ………3週間抜いてなかったから、ついやっちまったんです…すみません。綺麗に洗濯して返しますんで」

「俺も溜まってんだよな(笑)」俺が言い終わる前に、先輩は言う。

「俺さお前んこと、前から狙ってたんだよ。なぁ…チンコしゃぶってくんね?」

気付かなかったが、何と先輩のアレもしっかり勃起していた。

制服の上からみたチンコはすっげぇエロかった。

「すっげぇ……」

俺は先輩の股間に釘付けだった。男子制服がこんなにエロかったなんて……。

「ほら……しゃぶれよ、欲しかったんだろ?」

制服のまま、俺の顔に股間を擦り当てる。

その制服も、男子の匂いって感じですごく興奮した。

「お前、男の股間匂ってまた勃起してんのか?(笑)さぁ、しゃぶれよ。」

菅沼先輩の目付きは、シュートのときの目付きと同じ。

獲物を狙う狼のようになっていた。

「俺フェラなんてしたことないッス……」

「なら俺がしてやるよ。」

先輩は俺の勃起してるチンコを口に含んだ。グチュグチュグチュ……

「うっ…!!ヤバいっ!!き!気持ち……いい!あぁっ!!!」

ヤバいほど気持ち良かった、亀頭攻めは死ぬほど気持ち良かった…

「ほら同じようにやれ。」

再度つきだされた股間…

俺は無我夢中でズボンを脱がした。そして、先輩の黒々したチンコを口に含んだ。

「フンッ…!!フンッ……!」グチュグチュグチュ……

同じようにしゃぶってみる。すると先輩が腰を動かしてきた。

「おらおら……俺チンコはうめぇか?もっと奥までしゃぶれって!!」

ノドの奥まで突かれ、苦しかった。

だけど、俺の左手は自分自身をしっかり握って上下していた。

「あぁやべぇ……気持ちいいぜ……イクとき口ん中で出していいか?」

俺は目で合図する。

「ほら、もちっと奥までしゃぶれよ。あぁ…そうだぜ……気持ちい…そろそろイクぞ。」

俺は先輩を吸い上げる。

「くっ…!気持ちいいぜ!!やべぇ!!イク!!!イっちまう!!うぁっ!」

文字通りそれが引き金となり、先輩は俺の中で果てた。

「はぁはぁ…やべぇ気持ちよかったぜ翔…ッて大丈夫か…?」

俺は先輩の大量の精液を飲み干したら咳き込んでいた…。

「ゲホッゲホッ……苦ぇ……精液ってこんな味なんすか……。うぇつ」

「わ…わりぃ…ごめんな」

さっきまでの野性的な先輩ではなく、男らしくも優しい先輩に戻っていた。

「いや、いいッス。大丈夫ッス。」

「そうか…。じゃぁ帰るか。暗いしな」

先輩は立ち上がって、ズボンをはきなおす。

「先輩…俺先輩のこと好きッス(笑)」

「はは(笑)俺も好きだぜ。」

先輩はふいに俺の口にキスを落とした。

「これからは、時々相手してもらうからな。」

「ありがとうございます。」

この時から俺は先輩のセフレになっていった。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索