ホーム » ノンケ » 【ゲイ】僕は、エロ尻のせいで200人以上の男性に掘られました

【ゲイ】僕は、エロ尻のせいで200人以上の男性に掘られました

男が放っておかない尻

東京都在住の会社員さんからの投稿。ゲイになったきっかけは高校時代、体育教師に迫られ身体の関係になったことなんだとか。教師が言うには、投稿者の尻は唯一無二の淫尻らしく・・・・
唯一無二の淫尻
僕の初体験は高校2年の時でした。

相手は体育柔道の先生でした。

最初のころは何だかわからずに柔道教えてくれてると思ってました。

そのうちに覚えが悪いという理由で、居残り練習をさせられ寝技ばかり教えてくれてました。

後ろから抱え込むような姿勢が多くなり、何だか硬いものを感じるようになりました。

そして、先生が寝技をかけながら柔道着の首から手を入れておっぱいを触ってきましたのです。

まだ未経験だった僕は、恥ずかしいような気持ちいいような不思議な感じでした。

そのうちに先生が、「お前はもっと鍛えないとダメだなぁ、このままじゃ赤点つけるしかないぞ。嫌なら俺が特別補習してやるから俺んちに来い」と言われました。

土曜の夕方を指定されて先生のアパートに行くと先生は裸でパンツ一枚の格好でした。

「お前も先生みたいに服脱げ。服てると体の動きが解らないから上達しないぞ」と言われ僕もパンツだけになりました。

先生が後ろから僕を抱くようにして手はオッパイのところに置き時々乳首に触れてきました。

ここに来る前から、もしかしたら先生にHなことをされるかも知れないと思っていましたが、ビンゴでした。

僕も段々気持ちよくなって先生にされるがままにしてました。

先生は僕の反応を見ながらドンドン露骨になって乳首を吸ってきました。

脳天を突き破られてたような衝撃でんもう頭がボーっとしてきました。

先生はキスしてきて驚きましたがとっても上手でウットリしました。

気付くと先生はパンツも脱いでビックリするほど大きく硬いモノを押し付けてきました。

キスされてるのでボーっとなり何が何だか解らなくなってしまいました。

先生は僕の手を取り自分のモノを握るように言いました。

ドクンドクンと脈打って凄い大きさでした。

先生はヌルヌルしたものを僕のお尻に塗ってるようで気持ち良くなりました。

先生がいきなり自分のモノを僕の顔の上に持ってきて口に入れようとしてきました。

僕は初めての体験だったので怖くなってじっとしてました。

先生はゆっくり自分のモノを僕の顔に当ててきてジワジワと口に近づけてとうとう咥えさせられました。

男のモノを咥えるなんて想像も出来なかったんですが、不思議なもので咥えてしまうと自分から舐めてました。

口の中でドックンドックン脈を打ってるのがハッキリ解りました。

もう必死で先生にしがみついてました。

先生はキスして乳首を舐めてくれました。

もうトロケルような快感でした。

ヌルヌルしたお尻に先生の大きなモノがゆっくり入ってきました。

当時は未だ女との経験も無い僕なのでセックスってこんな気持ちいいものかと思いました。

それから卒業するまでの1年半ずっと土曜日は先生の家で抱かれました。

勉強も教えるという名目で土日を先生と過ごすようになりました。

先生は土日の2日間で最低5回は抱いてくれました。

先生は僕に、お前は俺が仕込んでやるからいい女になるぞ、これから先お前は何百人という男たちに抱かれるはずだといいました。

先生が言うには僕のお尻は女のように大きくキュッと上に上がった珍しいお尻だから男が放っておかないはずだと言ってくれました。

その時はピンと来なかったのですが卒業して東京の大学に進学し東京に住むようになって先生の言ったことが解りました。

東京に出発する数日前から先生のアパートで過ごし毎日昼晩と抱いてくれました。

「お前の尻は女より綺麗だから他の男に取られたくない」と言い一日中抱いてくれました。

東京では十条のアパートに一人住まいで毎日赤羽線で池袋まで通ってました。

当時の赤羽線は超のつく激混み電車で乗り込むだけで大変でした。

いきなり初登校の日から男の痴漢にあいました。

僕の後ろにピッタリついて腰をグイグイ押して硬くなったモノを押し付けてきました。

しかし、先生の仕込みのお陰でイキナリ感じてしまいました。

男は自分のモノを出して僕に握らせてきました。

電車の中なのに大胆でビクビクしました。

電車を降りてズボンの後ろを触るとヌルットした感触、思い切り放出されてました。

初日からこうです。

次の日も又次の日も男たちが入れ替わり責めてきました。

駅のホームから僕を狙って乗車しピッタリとくっついて来ました。

ある時は3人4人で僕を取り囲み前から横から後ろから責めてきました。

全員がモノを出して握らせようとします。

前の男は僕のシャツをめくり乳首をいじり舐めて来ました。

電車の中ということで皆興奮してズボンまで下ろそうとします。

電車の中で入れられたことも度々で電車を降りる度にトイレに駆け込む毎日でした。

そして殆どの男に言われたことは先生と同じ言葉でした。

お前の尻は女より綺麗でよく締まるホテルに行こう・・・毎日でした。

ある日など3人の男にお尻を撫で回され池袋に着くと3人にホテルに連れ込まれました。

初めての3Pでした。

直ぐに脱がされ3人から責められました。

キスされ乳首を据われ背中、お尻を舐められトロトロにされて3人のモノを順番に咥えさせらえれ二人同時に咥えたことも有りました。

咥えながらバックを責められ気が狂うほどで失神しました。

3人の男に何度もやられました、もう腰も動かず学校にも行けない日が何度も有りました。

駅のトイレに入ると又男がお尻を撫でてきました。

オシッコしてると両側の男が同時にお尻を撫でます。

じっとしてると了解したとばかり個室に連れ込まれシャツもズボンも脱がされて咥えさせられもう一人がバックを責めてきました。

通学中だけでなく街を歩いてても男が声をかけてきます。

「お茶飲もうよ奢るから」と言われて目的は解ってるのでついて行くと、やっぱりホテルです。

大学4年間に電車内だけで100人以上の男に入れられました。

駅という駅でも誘われホテルに行った男も100人以上でした。

特に上野駅は凄いです。

トイレに押し込まれ咥えさせられ入れられ一人終わると直ぐに次の男が入って来て又責められてトイレから出られない状態でした。

直ぐ横の上野公園も激しく今は無いですが公園内の照明の無いトイレでは次から次に男が入って来て咥えさせられ入れられました。

もうお尻はベトベトで着替えのパンツをいつも持ち歩いてました。

トイレだけでなく公園の茂みの中、機関車の後ろ何処でも犯されました。

そして、殆どの男達が次に会える日を聞いてきました。

もうアパートにたどり着くころはヘトヘトでした。

一時期池袋のヤクザに脅かされて誘われホテルで抱かれるとヤクザの幹部だそうで自宅マンションに連れ込まれました。

ヤクザは刑務所時代に入れたらしい歯ブラシの柄と真珠で異様なデコボコした大きなモノでした。

入れる時は気持ちいいだろうと何度も言い僕が善がり声を出すと喜んで何度も責めてきました。

ヤク中だそうで萎えることが無く何度も入れて来ました。

このマンションの鍵を渡しておくから毎朝来いと言われ怖いのでしばらく通いました。

毎朝咥えさせられ入れられスッキリして組事務所に行くんだそうです。

歯ブラシの柄と真珠を入れたモノは段々良くなり離れられなくなっていきました。

このヤクザが学生時代の一番の恋人になりました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。