ホーム » フェチ・特殊性癖 » 【ゲイ】潮吹きするまで男友達のチンポを扱いてみた結果・・・・

【ゲイ】潮吹きするまで男友達のチンポを扱いてみた結果・・・・

精液ローションで扱いて

東京都に住む友人宅を訪れた学生さんからの投稿。数年ぶりに高校時代からの友人と再会した投稿者。友人の部屋で飲んでいたのだが、旅の疲れから先に寝てしまった投稿者は・・・・
色白茶髪のウケ男子
大学4年生になり、進学を考えていた僕は東京で開かれる説明会に行った。

僕は高校時代の友人で、東京で1人暮らしをしている拓也の家に泊めてもらう事にした。

説明会を終えた後、池袋駅で待ち合わせることになっていて、拓也は慣れない僕を案じ、携帯で連絡を取りながら10分ぐらいしてやっと会えた。

拓也は東京生活が長いだけあって茶髪で緩いパーマをかけていて、とても似合っていた。

色黒で割と男っぽい顔つきは昔と変わらず、今は大学のサッカーサークルに入っているそう。

拓也とは高校時代はほとんどの時間を一緒に過ごしていた親友で、放課後に僕が勉強を教えたり、アニメやマンガを半ば強引に進められたりした。

そんな彼だが、高校時代に脇腹をつつかれると「あんっ」と女のそれのような声を発するのが面白かった。先輩からもよくつつかれていた。

僕はその声と、クネッとした立ち居振る舞いが何かしらをそそったんだと思うが、彼に対して母性本能にも似た、愛情を抱いていた・・・・

池袋駅で拓也は相変わらずクネッとしながら歩いてきた。

拓也「おう」

僕「久しぶり。」

拓也「何だよスーツかよ。なんかゲイの援交みたいだな。」

こういうゲイ寄りな変テコな例えも、高校時代から変わっていないw

こんな感じのやり取りと寄り道をしながら30分ぐらいして彼のアパートについた。

早速、途中で買った酒や、つまみやを広げ、それとピザも頼んで2人だけの宴会をした。

5時間ぐらい飲んだだろうか。

高校の時の教師の話やら、友人の消息についてなど いろんな事を話した。

早起きだったこともあって午前2時にもなると、猛烈な眠気が襲ってきた。

僕「なんか、眠くなってきた。布団はある?」

拓也は押し入れから、前に使っていたという薄い掛け布団を出して貸してくれた。

拓也「お前酒強いんだよぉ、いつ寝てくれるかと思ったよ。やっと開放されるw」

僕「ごめんごめん、お前酒弱いんだっけ・・・」

拓也「そーだよぉ、もう、おれ、寝る!!」

そういうと拓也はベットにダイブして寝てしまった。

そんなこんなで僕はワイシャツを脱いでタンクトップになり、スーツで寝るのはやだとゴネて貸してもらったハーフパンツを履いて床で横になった。

いつしか僕も寝てしまった。

ふと目が覚めた。時計は午前6時。

帰る時間までまだ13時間もある。

拓也も今日は休みだって言ってたし、東京を案内してもらおう。

そんな感じにボーっと20分ぐらいしていた。

すると拓也が起きだした。

僕は何故かとっさに狸寝入りを決め込んだ。

拓也はトイレへ行った。ジョボジョボジョボジョボジョボ~拓也の放尿の音がする。

僕はだんだんと自分のチンポが勃ってきたのが分かった。

キツめのハーフパンツに、これでもかと言うほどテントが張っている。

しばらくして拓也が戻って来た。

何故か僕の横で足音が止まった。勃ってるの見られてしまったか。

しかし彼の足音がしない。おいおいまさかガン見してるんじゃ・・・

待てよ。ガン見してるんなら、拓也もそっちの気があるのでは??

数分経っても彼は動かない。これは確定だろ。拓也はゲイの気がある・・・

僕は「う~ん」と子供っぽく顔に掛かっていた布団をどかした。

若干キスをねだる様に唇をほんの少しだけ突き出してみた。

すると、そっと彼が近づいてきた。何かが僕の顔に迫ってきた。

そして唇に彼の何かが触れた。動いている。そして吸ってくる。

恐らく拓也はもうどうなってもいい感じでキスしてきた。僕も応じて、吸い返した。

拓也「起きてる?」

僕「あんなキスされたら起きるよ。」

拓也「ごめん、俺、我慢できなくて・・・」 拓也は少し目に涙を見せていた。

僕「なんで謝るの?続きしようよ。」

拓也「え、・・・良いの??」

僕はうなづいた。拓也はさっきよりもずっと強くキスしてきた。

お互い相手を本気で求めた。口の中では下を絡ませ、鼻息を掛け合った。

拓也「んっ・・・・んっ・・・遼・・・俺・・・ずっとこうしたかった・・・遼ぉ・・・」

僕「拓也、可愛いなぁ・・・っん・・・じゃあ・・・もっと気持ちよくさせて。」

そう言って、ハーフパンツを脱いで、拓也の前にチンポを出した。

拓也「舐めても良いの?」

僕「舐めて気持ちよくして・・・」

拓也は僕のチンポを口に含んだ。

凄い温かい。ヌルヌルしてる。たまに歯が当たるとビクッとする。

中で動いているのは拓也の舌だ。本当に気持ちいい。下半身に力が入らない。

僕「っんはぁ・・・はぁ・・・・っん・・・気持ち・・良い・・・」

ジュポッ、ジュポッと音を立ててしゃぶっている拓也を見ても興奮して、頭がどうかなりそうだった。

僕「今度は俺の番・・・」

そういうと拓也をベッドに上げ、僕が上になってキスしながら拓也の股間をさすった。すると灰色のジャージに染みが出来てきた。

僕「拓也濡れてんじゃん。」

拓也「恥ずか・・・し・・い・・・っん・・・」

僕は拓也のズボンを脱がせ上のジャージも脱がせた。

拓也は体も男っぽく、へそ毛も濃く、色黒の体で最近の不節制な生活のせいか若干腹が出ていた。

パンツは青のトランクスで見事にシミを作り、シミに触っただけでも糸を引くほど濡れていた。

僕はそのトランクスを脱がせた。

拓也のチンポはそこそこの大きさで、亀頭が大きく先から汁が垂れていた。

僕は敢えてしっかり触らずに、そっと指先で一瞬触れる事を繰り返し、拓也を焦らした。

拓也「っあ・・・ん~・・っあ・・・ちゃん・・と・・握って・・・っあん・・・どうかなりそう・・・」

僕「握ってほしい???」

拓也「お願い・・・握って・・・っはあ・・・っん」

僕はぎゅっと拓也のチンポを握った。

拓也「っっっっっっっんん・・・・あぁああん・・・っんは・・ああ・・」

先から凄い先走りが出て来た。流れてでて来たからイッたのかと思うくらいだった。

僕はそれを口に含んだ。

しょっぱい、拓也は昨日風呂に入らずに寝たから、汗の匂いやらオシッコの匂いやら結構キツかった。

でも僕は舌で亀頭の下を圧迫したり、上唇でキツく締めたりした。

拓也「ヤバい・・・出そう・・・・っっはぁん・・・ん・・・・んんん!!」

そういうと僕の口の中に結構な量の精液を出してきた。

鼻から青臭いような匂いが通り抜けた。

ティッシュにそれを出したら本当に凄い量で、卵の白身より少し少ないぐらいの量だった。そこで僕は止めなかった。

男はイッた後に扱き続けると潮を噴くと聞いた事があったから、彼の精液をローション代わりに扱き続けてみた

拓也「あぁあああ~んんん・・・・・やめ・・・・あっっっんんはぁああああ」

若干泣いているような感じで、隣にも聞こえるようなくらいで、拓也は喘いだ。

僕「止めてほしいの???」

拓也「や・・・め、ない・・・で・・・・んんんん・・・・」

2分ぐらいやっただろうか、突然拓也の足に力が入った。

拓也「んんんんん・・・・・何か出るぅ・・・・・んんああああああ」

すると拓也のチ◯コから潮が噴き上げた。凄い・・・

ボタボタッボタボタッとベッドやら僕の体やらに拓也の潮が掛かった。

拓也「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・恥ずかしいよぉ・・・・」 すっかり甘え声でしか話さなくなった拓也。

冗談半分で 僕「たー君、気持ちよかった??」と聞くと、拓也「うん、気持ちよかった。」

本当に子供のような、ゾクッとくるほどの甘え声だった。

拓也は僕の胸に顔を埋めてきた。

拓也「りょう君って呼んでもいい??」

呼び捨てから君付けに変わった。でも全然悪い気がしなかった。

その日から拓也とは付き合う様になりました。

今日で約一年になります。

外では遼と呼び捨てにするのに、どっちかの家に行くと甘えん坊に変わる拓也が本当に愛おしいです。

拓也と付き合って少し経ったぐらいのとき、事件が起きた。

拓也が僕のアパートの大事なプラモデルを落として、さらにジャストミートに踏んで壊したのだ。

僕「マジかよぉ~、これ結構したのにぃ~」

拓也「マジでごめん。うわぁ~弁償してやりたい気持ちはあるんだけど財布にそれだけのキャパがないいんだわな~。」

僕「お前さ、悪いと思ってんの??」

拓也「思ってる!思ってる!!」

しばらく僕と拓也の攻防が続いた。そしてある事を思いついた。

僕は拓也に1週間後に罪を償ってもらうとだけ伝えた。

そして1週間後。拓也がうちに来た。

拓也「さぁさぁ、何で償えば良いんでございましょうか??」

僕は秘密兵器をネットで購入していた。それは、アナルに入れるバイブ。

以前見たゲイビで、それを入れたまま町を歩くという内容のものを見たのだが、拓也で実践しようとw

最初は嫌がっていいた拓也を、何とか説き伏せた。

渋々ズボン・パンツを脱ぐ拓也。そしてケツをこちらへ向ける。

拓也「本当に痛くないんだよね・・・」

僕「大丈夫、大丈夫。」

そういってローションを付けてから、 グッと拓也の毛が密集しているアナルにバイブを入れた。

拓也「ッんく・・・あっはぁぁ・・・・」 拓也は腰をビクッとさせながらバイブを中に飲み込んだ。

このバイブは遠隔式リモコンがついている。試しにバイブを稼動させた。

ON

拓也「・・・ッくはぁあああああぁぁあん・・・んんん・・・・」

OFF

拓也「やばいやばい、これ歩けないよ・・・」

拓也はまだ足をガタガタ言わせている。

僕は拓也を連れて問答無用に散歩に出かけた。※補足:拓也は生粋のMであるため、俺より先にアパートの表に出ていた。

人とすれ違うか違わないかのタイミングでスイッチON!!ヘナッとしゃがみ込む拓也。・・・ヤバいって、こんなとこじゃ声出せないよぉ・・・拓也は小声で訴えて来た。

が、当然聞こえない振り。

散歩続行!!スイッチON/OFFを何度か繰り返していた。

拓也「やばい、どこかトイレ行きたい・・・」

僕も拓也の様子がなんか変であることに気付き、公衆トイレの個室に入った。

拓也がおもむろにズボンを下ろすと、若干ではあるが拓也はパンツを濡らしていた。

そしてパンツを脱ぐと拓也のチンポはすでにギンギンになり、先走りが垂れていた。

拓也「たぶんスイッチ入れっ放しなら、一発出そう・・・お願い、出させて・・・」

さすがにかわいそうになったので、スイッチをONに入れ、同時に拓也にキスをした。

拓也「っんんんんぁあぁああ・・・・っはふんんんん・・・・」

拓也のケツからは ヴーヴーヴーというバイブの音がしていた。

拓也はもう腰から下に力を入れられなくなって、僕にもたれ掛かって来た。

拓也「遼ぉ・・君・・・もう・・・だめ・・・・出そう・・・」

甘え声モードの拓也は本当に可愛かった。

僕は自分の指を二本、拓也のアナルに入れた。

拓也「んあっ・・・・ま・・・ま・・待って・・・・ちょ・・・・やば・・・」

僕は二本の指で拓也の腸壁をぐいぐい擦った。

拓也「っんんんん~んんん~・・・・出る・・出る・・出る・・出る!」

ビュッビュッと拓也の大きな亀頭から放たれた精液はトイレのドアにビトッと掛かった。

拓也「ハァハァハァ・・・・これヤバい・・・ハマりそう・・・・でも・・・これ・・・罰ゲームなんだよな・・・ハァハァハァ・・・・家でもう一回やりたい」

このバイブプレイは今では週一のペースでやることになった。

 

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。