ホーム » ノンケ » 【ゲイ】彼女持ちのイケメンを泥酔レイプしてきたwwwwww

【ゲイ】彼女持ちのイケメンを泥酔レイプしてきたwwwwww

ノンケの部屋でケツに4発!

都内在住の会社員さんからの投稿。ある日、仲間3人と飲んでいたという投稿者。おひらきになり駅に向かっていると前にカップルが歩いていたという。彼氏は優しそうな超イケメン。すると、仲間が道を尋ねるふりをして声をかけたんだとか・・・・・・・
寝込みを襲われた学生さん
明日から仕事始めだという前日、俺は気の合うお仲間3人と新年会で夜遅くまで盛り上がっていた。かなり飲んだくれて居酒屋を出たのが夜の11時だった。

千鳥足で駅まで向かう道のりで、前をイカす男女のカップルが寄り添って歩いていた。

「いい感じしゃん、あの二人」

「男が超いけてるよ」

男は女を駅まで送ってきたらしく、彼女が改札を入ると今来た道を足早に引きかえそうとしていた。

何を思ったのか俺の仲間は、「すいません、このへんに***という居酒屋あるの知らない?」と唐突にそのノンケに声をかけ始めたのだった。

「おいおい、それは俺たちが今まで飲んでいた居酒屋じゃん」

「ああ、それでしたらこの先を…」

「申し訳ない、そこまで一緒に行ってくれないかな?」

「ああ、いいですよ」そいつは本当に優しい奴で、初めて会った俺たちに神対応してくれた。

居酒屋の前に着くと「よかったら俺たちと一緒に飲もうぜ!おごるから…」と、仲間の奴は半ば強引にノンケの男を誘った。

「あ、はあ…」ちょっと困った顔をしていたがタダ酒飲めると思ったのかそいつは快くオッケーした。

どのくらい飲んだだろうか、相当盛り上がってノンケの口から色々な話を聞けた。

二十歳の大学生であること。テニスサークルで毎日練習に明け暮れていること。最近バイトが忙しくてほとんと寝ていないこと。今駅まで送っていったのが付き合い始めてまだ一ヶ月の彼女で超ラブラブであること。

そして久々のデートで今日Hしたこと…などなど酔っ払っているせいもあって恥ずかしげもなくベラベラとしゃべり続けた。

終電もなくなろうという頃、そのノンケは相当酔ったみたいで立ち上がることも間々ならず、俺たちはそいつを抱えて引きづるように店を出ることに。

「おい、大丈夫か?お前の家どこだ?」返事がない。

「おい、しっかりしろよ!」

ノンケは睡眠不足がたたってか深く眠り込んでしまって答えなかった。

しかたなく仲間の奴がノンケのコートをまさぐるとそこに学生手帳を見つけた。

「おい、こいつの住所わっかったぜ。カギもあるし…部屋まで連れて行ってやろうぜ!」

仲間がニヤッと薄笑いを浮かべた。

「おい、大丈夫か?ここがお前の部屋だろ、着いたぜ!」

ノンケは部屋に入るなりベッドに倒れ込んだ。意識がほとんどないようだった。

フェチの仲間の一人が部屋を物色した。

「おい、ノンケの部屋だぜ、たまんね~」

「女とやった後の残骸も残ってるぜ、精子ふき取ったティッシュがゴミ箱にあるよ、コンドームにこいつの精子が残ってるよ〜」

「洗濯物の中に洗ってないトランクス見つけた、んん〜、匂う、ノンケの臭いだ、たまんね~」

仲間のもう一人はノンケが寝入っているのを良いことに、服をぬがせ始めた。

「おい、大丈夫か?寝るなら服脱がなきゃだめだよ…ほらシャツもパンツも…」

マッパにさせられてもノンケは気持ち良さそうに寝息をたてていた。

「こいつのチンコ、オマンコ臭せえよ」

「どれどれ、ほんとだ、じゃ清めてやらなきゃな」

一人がおもむろにくわえ込んだ。

しかし、ノンケは起きる気配がない。

もう一人の仲間がノンケのケツに顔をうずめた。

蛍光灯で明るく照らされた部屋でノンケの両足は思い切り天井に上げられた。

テニスで鍛えあげられた見事なプリケツ、毛のないきれいな処女マンコがあらわになる。

男をしらない二十歳の極上ケツマンコだ。舌でほぐされたアナルは唾でヌルヌルにされると簡単に指を受け入れた。

それでもノンケは気づかない。起きない。

寝息を確認すると「それでは、ノンケのオマンコいただきます!」と仲間の一人に両足を押さえてさせて固定し、一人がいきり立ったチンボをのめりこませた。

すると、ノンケの口がかすかに開いた。

「あッ…」

その、あまりにエロい光景に俺も我慢できなくなり近づいて小さく開いたその口に自分のチンボを突っ込んだ。

「すげ~、初マンコ締まる、すげ~よ」と仲間が言った。

俺も半開きのノンケの口で舌が動くわけでもないが、勝手に出し入れした。

そのそのシュチュエーションに感じまくり、そのままノンケの口元に果てた。

俺の精子がノンケの口の中に入っている。

その時同時にケツを掘っていた仲間が「もう限界、出すぜ!ああ…」と、処女ケツの奥に一発目の種がついた。

「次は俺だぜ」もう一人の仲間がすぐさまおもむろにいきり立ったチンコをぶち込んだ。

「マジかよ、これがさっきまで女をこましていた男のケツかよ、最高に具合いいぜ!」

ノンケは意識のないまま、時折り吐息をもらした。

「もうこいつノンケじゃねえぜ、ほんとは感じてるんじゃねえのかよ」

一発目の種が泡となってノンケのケツはオマンコと化していった。

「すげ~、すげ~、俺もイクぜ~…うぅぅッ!」

二発目が付けられた。

「今度は俺の番だ!」

俺は一気に入れ込んだ。ほんとすっげートロマン。

そして俺は早くも2発目をケツ奥に付けた。

すると最初に種付けた奴が「俺もう一回いくぜ!」と俺が抜いた直後、速攻で突っ込んだ。

「もう中ぐちょぐちょじゃん」ノンケはタダの性処理道具だった。

たまにかすかな声を漏らすだけで、全く気づかない。

半分気を失っているんだろうか。

「あ~イク~」ケツには4発目が注入された。

「じゃ次もう一回俺…」とやりたい放題の俺たち。

相手が気づかないことを良い事にかまわずガン堀りする。

そのときだった、「うぅぅぅ~」ノンケの目が開いた。状況がつかめないのか、まだ夢の中なのか、まばたきもせずただぼーっと天井を仰いだ。

「やばい、」俺たちは早々にその部屋から退散した。

朝、正気にもどったノンケは自分のアナルを見てどう思うだろうか。。

男にいいようにもて遊ばれ、回された悪夢に気づくだろうか…たまらないノンケ食いだった。

これ、ほんとの話です。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。