ホーム » トコロテン » 【ゲイ】ハーフ美男子の23cmマラで死にかけたんだが・・・・・・・

【ゲイ】ハーフ美男子の23cmマラで死にかけたんだが・・・・・・・

ブラジルの血

東京都在住、22歳の大学生からの投稿です。デカマラにガン掘りされて意識がぶっ飛びそうになる感覚が大好きだという投稿者。これまで色んなデカマラたちと遊んできたらしいが最高記録は19cmらしい。そんなある日、その記録を4cmも更新する規格外の巨根と出会ったんだとか・・・・・・・
背後からチンポ弄りされるリーマン
ブラジルとのハーフの年上のカッコイイお兄さんとネットで知り合い画像交換して会うことになりました。そのお兄さんはメールでモノがデカ過ぎて中々ケツマン掘れるタイプの奴がいなくて困ってるとのことでした。

自分は無類のデカマラ好きなんでもちろんOKして彼の家で会うことにしました。

彼が駅まで迎えに来てくれ、会うと画像以上にイケメンでサッカー選手のネイマールのような感じで笑顔が素敵でした。

彼も僕のことを可愛いねと、とても気に入ってくれて家まで付いて行きました。

家に着くと、すぐにお互い全裸になりました。

お兄さんのモノは勃起する前から大きく重量感があって目が釘付けでそれだけでケツマンコが疼いてしまう感じ。

そして、仁王立ちのお兄さんのデカマラをしゃがんでしゃぶるとみるみるうちに大きくなって口マンコに収まりきらなくなってしまいました。

日本ではやはり見たことない程デカイ大きさであとで聞いたら23cmもあるそうです。これなら相手がなかなかいないというのも納得の大きさです。

そのビンビンになった超デカマラで顔をビンタされながら一生懸命口マンで奉仕しました。

口マン奉仕中も足で自分のチンポ弄られ興奮しまくりでした。

もう我慢出来なくなり、自分からケツマンコにぶち込んでくれるようお願いしちゃいました。

四つんばいになって待ちに待った超デカマラをケツマンコに一気にぶち込まれると頭から足の先まで強い電流が流れるような衝撃が走しました。

それからガン掘りされて苦しくてしょうがないんだけど亀頭からは我慢汁垂れまくりでした。

一時間以上掘られまくって自分はその間に二回もトコロテンしちゃいました。

最後にデカマラにたくさん種付けされました。

その日は結局3回種付けしてもらい、自分は何回トコロテンしたか覚えてません。

お兄さんも満足してくれたみたいで次回は自分の友達(やっぱしデカマラ)も入れてやろうと言われすごく楽しみです。

もう、普通のサイズじゃ物足りなくなってしまいましたね。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。