ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中1の頃、叔父のケツに毎週種付けしてました・・・・

【ゲイ】中1の頃、叔父のケツに毎週種付けしてました・・・・

叔父と甥っ子の禁断交尾

三重県在住のたかしさんからの投稿。幼少期、プレステをやりに一人で叔父の家へ通い詰めていた投稿者。ある日、叔父の部屋でゲイ雑誌を見つけてしまい・・・・
感じている男性

僕の叔父は親父の8つ下の弟です。

独身で、うちからも近いところに住んでて、親父とは対照的にゲームも得意だったのでよく家へ行ってました。

確か中1の時(親父が40歳で叔父が32歳)

プレステ2が発売されましたが親父は買ってくれず、ゲームが好き叔父は早々に買っていたので、叔父が「週末遊びにこいよ」と誘ってくれて土日には泊りで行ったりしてました。

ただ最初は本当にゲーム目的でしたが、段々と変わってきました。

きっかけは叔父の寝室で男同士の本のさぶと言う本を見つけたこと「うわ、なにこれ??」と叔父に言ったら、最初はゴマしていたけどそのうちに本の中を開いて、あれこれ説明してくれました。

不思議と段々興奮してきて、アソコはムクムク堅くなる。

「エッチだろ?これ」と言われ「うん」と言うと、「ちんぽ見せてごらん」

言われてその後、叔父の口で生成され始めだしたばかりの精液を吸い取られ飲まれました。

あの快感は凄まじく、それからはゲームをするという名目で叔父の家へ通い続けました。

そのうち僕も叔父のズル剥けを咥えてからごっくん。

フェラチオはみるみる上手になりました。

叔父はウケだったので、バックスタイルで叔父のケツの穴目がけてローションをかけたチンコを突っ込み、腰を振ると叔父は声を殺しながも哭く。

僕は叔父のケツの奥で思いっきしイク、もちろんゴムなし。

オナニーを覚える前に叔父とのセックスを覚えたから、高校生頃には竿はこげ茶色で、亀頭は赤黒なっていた。

(色素の問題なので個人差あるようだけど)元々はキレイなピンク色の亀頭だったはずなので、明らかな変身。

大学で彼女が出来るまで毎週のようにしていたから、10代は叔父の世話になりっぱなしだった。

今は僕は結婚して地元を離れています。

僕は30代で叔父は50代です。

親族の集まりなんかで会うことはありますが、あの頃の事は、お互いに話しません。

今ではただの叔父さんと甥っ子になっています。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。