ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】半年前、僕を犯してくれたデカマラさんを探しています・・・

【ゲイ】半年前、僕を犯してくれたデカマラさんを探しています・・・

デカマラの熟年さん

神奈川県在住の会社員さんからの投稿。投稿者が仕事帰りに通る発展公園があるんだが、今から半年前にそこでデカマラ熟年さんに犯してもらったんだとか。以来、どうしてもその時のことが忘れられならしい・・・・
公園で駅弁アナルファック
昨夜の出来事です。

仕事帰りに、なんと無く何時もの公園に寄ってみると、4~5人の人影が。

まだ8時過ぎなのに!ってフラフラと中に入りました。

予想してなかった展開でお尻の準備はしていないから、おしゃぶりしか出来ないかなぁって思いながらベンチに近づくと、いきなりお尻を触られて、ビックリして振り返ると作業服のおじさんっ!

「おじさん!!」

半年位前に、まさしくこの公園で出逢ってテニスコートの裏側で私を下半身裸にしてフェンスに押し付けてガチマラでアナルセックスしてくれた、あの、おじさん!

『お前だったか、やっと逢えたなぁ。あの後、お前にまた会いたくてちょくちょく覗きに来てたんだ。今までの分、溜まってるからさせてくれ』

『あんっ!相変わらずおじさんエロいなぁ、私もずっと探してたんだよっ』

『嬉しいよ、前みたいに今日は生で良いか』

『駄目っ!!今日は洗って無いんだから……』

『なら、しゃぶってくれ』

『あっちでしよっ』

『あのフェンスに押し付けて』

『相変わらずMやなぁ』

『おじさんが欲しいから』

『今日は顔にかけて。おじさんのとびっきり熱いのが欲しい』

私は下半身裸になり、おじさんのズボンとパンツを降ろすと一心不乱にしゃぶりました。

喉奥深くまでくわえ込んで涎を垂らしながら激しく激しく濃厚なフェラ。

相変わらずのデカマラ、また出会えて嬉しい。

すると5分ほどで『イくぞっ!』と、おじさん。

『イク、イクイク!出るぅ〜〜〜〜〜〜』

『おぉぉ~~~~~~~~っ』

もの凄い量の精液!おでこ、鼻、口、顎、胸へと ……… 。

ドロドロの凄い量の精液!

嬉しくって嬉しくって、そのまま喉奥深くくわえジュルジュル! ジュルジュル!

ゴクゴクと自分の涎と一緒に飲み干し『もっと頂戴っ、凄い量!凄い匂い!』

『臭いけど美味しい、、顔の精液を口に入れてぇ…』

ゆっくりとゆっくりと顔に触れるおじさんの手を自ら押さえて顔中に精液を塗りたくり鼻に押し付けて匂いを吸い込み、汚れた指をチュ~チュ~チュ~チュとしゃぶりつく。

口に溜まった精液をおじさんに見せつけては手の平に吐き戻し、手の平の精液匂っては又口に流し込む。

『飲むから見ててねっ』って囁いてから喉元を見せて ゴクゴクゴクゴクって。

ガバッと引き上げられてあのフェンスに押し付けられて両手を上にフェンスに押し付けられて精液の匂いのする唇をベロベロベロ~~って舐められ首や顎、頬や耳まで舐められ腋を何度も何度も舐め廻されて『お前やっぱりエエなぁ、尻の中にも出したくなってきた』

『何時来るの?明日?明後日?』

『今からや、家に来いや。心配せんでも一人暮らしやから、一緒に風呂入ろか?俺が綺麗にしたるから』

………………………… 。

断る理由なんて無いしおじさんの凄い量の精液をお尻の中にいっぱいいっぱい出されたいから頷いてベロキスして『唾液飲ませてっ口いっぱいに唾液頂戴っ』って。

………………………… 。

クチュクチュ! クチュクチュ!ぐちゅぐちゅ! ぐちゅぐちゅ!

口を濯げる位に唾液を溜めてあ~~~~んと開ける。

私の口の中にドロドロドロ~~~~~~~~って凄い量の唾液!

ゴクゴク飲み込む私を抱き寄せ尻をガバッと掴まれ指がズボッと中へ入れられて掻き回されながら『帰ろか』って弄られながら歩いて帰りました。

おじさんの家での凄いセックスはまたレスしますが、おじさんの凄い精液にメロメロなんです。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。