ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ】引き篭りニート(38)が童貞を拗らせた結果wwwwwwww

【ゲイ】引き篭りニート(38)が童貞を拗らせた結果wwwwwwww

もう男性でもいいから・・・

都内在住の男性からの投稿。中学卒業以降、ほぼ外出もせずに実家に引きこもり続けてきたという投稿者。悲しいかな性欲だけは衰えることを知らずアラフォーになるまで童貞を拗らせてしまい・・・
熟年坊主のバキュームフェラ
都内に住む38歳の男です。

実は僕は完全なンケなんですが、男性経験をしたことがあるのでここに書き込むことをお許し下さい。

初体験は1年前でした。

僕は中学を卒業してから、学校にも行ったことがなく、働いたこともありません。

ニートってやつです。

そのため女の子との出会いがなく、女の子とHしたことはおろか、付き合ったこともありませんし、 女友達もいません。

お母さんから小遣いをもらって生活しているので、風俗に行くお金もありません。

でも毎日家でオナニーばかりの生活に我慢できなくなって、もう男性でもいいからHなことしたい、 と思ってネットで募集しました。

しばらくして22歳の男子大学生が連絡をくれて、会うことになりました。

相手はSっ気の強い人ということで、若いのに経験豊富と言っていました。

一方的にしゃぶってくれるんだったら会ってあげてもいいよ、とのことだったので、未経験ですが、がんばりますと言って会ってもらうことに。

待ち合わせは、平日の夜10時に都内の某公園の男子トイレの個室でした。

都内といっても僕の家はちょっと郊外の方なので、電車で1時間かけて、はじめて行くその公園に到着。

あまりに楽しみで待ちきれなくて、9時半くらいに着いてしまいました。

トイレの一番奥の個室でカギをかけずに全裸で正座待機という指示だったので、ちょっと驚いたけど、初めてなので言う通りに僕はすぐに服を脱いで正座して待つことにしました。

彼がちょっと早く来てしまってもいいようにと30分前から全裸待機です。

でも約束の10時を過ぎても彼は来ませんでした。

30分くらい待って、メールをしてみました。

でも返事がありません。

もしかしたら『イタズラだったんじゃないか』と頭をよぎりました。

だんだん足がしびれて感覚が麻痺してきましたが、かすかな希望を持ち彼が来た時にちゃんと正座してないとまずいので、我慢して正座を続けました。

結局、彼は12時半過ぎに来ました。

入ってくるなり彼は「お、いたいた。ちゃんと脱いで正座してるね。えらいえらい」と言って、ズボンと パンツを膝まで下ろして便座に座りました。

「じゃあ、しゃぶってごらん」と言われました。

僕は待っている間ずっとしゃぶるところを想像して、心の準備は万全だったのですが、生まれてはじめて間近に見るお父さん以外の男性のものを前に、一瞬躊躇しました。

でもそれは本当に一瞬だけのことで、すぐに興奮が押し寄せてきて僕のものはすぐビンビンになってしまいました。

最初に手で握ろうとすると、「手は使っちゃダメ。手は後ろに組んでなさい」と言われたので、指示通りにしました。

そして先っちょのところを舌の先で軽く舐めてみました。

何とも言えない味と匂いがやって来て、さらに興奮が高まります。

それからおもむろに口に含んで頭を激しく上下させてしゃぶりました。

玉も口の中で転がすように舐めました。

信じられないほどの興奮に耐えられなくなって、しゃぶりながら思わず自分のものをいじり始めると彼は、「オナニーもダメ。手は後ろ!」と叱られてしまいました。

口の中で彼のものがだんだん大きくなっていくのがわかって、さらに興奮してしまい、僕もどんどん激しくなり、一生懸命しゃぶり続けました。

30分くらいそうしていたでしょうか。

彼は突然、小さく「イクッ!」と言って、上体を後ろに反らせました。

反射的に口を彼のものから離そうとしたんですが、手で頭を押さえつけられて全部口の中に出されてしまいました。

射精が終わると彼は僕の頭から手を離し、「ゆっくりでいいから全部飲んでごらん」と言いました。

指示通り全部飲み干してみると、すっごくおいしかったです。

その後お掃除フェラをしろと言われて、言う通りにしました。

「はじめてでしょ?下手クソだったけど、よくがんばったね」と言って頭を撫でてもらえて僕はすごく嬉しくなり、「ありがとうございます!」と頭を下げていました。

正座をした状態で頭を下げたので、全裸で土下座をしたような状態になり、彼に笑われてしまいました。

その時点で僕は一切自分のものに触るのを許されていなかったので、大きくなった状態のままです。

また叱られるかも知れないけど勇気を持って「あ、あの…僕も出したいんですけど…」と訊いてみると、「うん、じゃあ見ててあげるから自分でしな。オレはもう用済んだから早くしてな」と言われました。

僕は彼の見ている目の前でM字開脚をして自分のものを握り、一心不乱にしごきました。

彼はケータイを取り出してそんな僕のみじめな姿を撮影していました。

あまりにも興奮していたため、僕はたぶん1分ともたずに果ててしまいました。

一部始終を見届けるとすぐに彼は立って、「じゃあね」と言って去って行きました。

僕は「今日は本当にありがとうございました!」と、彼の背中に再度全裸土下座をしました。

こんな経験をしてからここ1年間、僕はいろんな男の人と性体験をしました。

この出来事から1週間後くらいには後ろも開発してもらいました。

今では毎日発展場に通い、日課のオナニーもオチンポ画像やゲイAVでしか興奮できなくなりました。

相手の要求でよく女装もするようになりました。

今も超ミニスカ・ノーパンにニーソの変態姿で、片手で自分のものをいじりながら書き込みをしています。

もうこの快感から抜け出せそうにありません。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。