ホーム » ノンケ » 【痙攣体験】ノンケの中年サラリーマンが健康ランドで熟睡していると・・・・

【痙攣体験】ノンケの中年サラリーマンが健康ランドで熟睡していると・・・・

【体験談】新潟県在住の中年リーマンからの投稿です。出張で仕方なく健康ランドに1泊する事になった投稿者は空いた仮眠ルームで早々に寝ることにした。しばらくすると年配おじさんにズボンを脱がされチンコをガン見されていた投稿者の結末・・・・・

ノンケの健康ランド体験談

中年サラリーマンです。以前の私はSEXの対象は女で男に興味はありませんでした。

先日出張で地方に行くことになり、急だったので宿が取れず、 駅前の健康ランドに仕方なく宿泊しました。

風呂に入り備え付けのアロハ シャツと短パンに着替え、仮眠ルームの壁際の隅に敷いてあった布団で 寝る事にしました。他の客は殆どおらず、終電に乗り遅れたらしき酔っぱらい 数名がイビキをかいて爆睡していました。

布団に入りウトウトし始めた時でした、布団の中に誰かの手が入ってくる感覚を感じました。やがてその手は私の 短パンをゆっくり脱がそうとしてきました。私が寝ているのを確認しながら、 時間をかけ気付かれないようにゆっくりと・・。不思議と、抵抗感がなく 時間を掛けて脱がされることに興奮していました。

されるがままにしている内に チンコが露出する位置までパンツをずり下ろされました。すでに何故か興奮して チンコはギンギンに勃起していました。あくまでも寝た振りをしていましたが 周りの様子が気になり少し薄目を開けて見ると、私(46才180/85)より 年配で小柄なおっちゃんが私の勃起しているチンコをガン見してました。

やがておじさんはチンコに触ろうとそーっと手を伸ばしてくるのが見えた。気持ちの中では抵抗があったのですが、今更起きれないので寝たふりを続けて いると、おっちゃんが触れるか触れないかギリギリの微妙な感じでゆっくりと 触ってきました。

おっちゃんの微妙なタッチにもの凄く興奮したのですが、 その行為が他の客や従業員に見られるんじゃないか?と不安になり、出来るだけ 自然を装いながら寝返りをうって、おっちゃんから一旦身体を離そうとしました。

おっちゃんは一瞬「ビクっ」として離れましたが周りの様子をうかがいながら、 私が眠っているのを息を潜めて観察していました。

その間私のチンコは先ほど からの興奮で我慢汁がダラダラと大量に流れ出ていました。おっちゃんは私が眠っている(実際はタヌキ寝入りですが)のを確認したのか、 再びチンコに手を伸ばしてきました。

今度は先ほどよりはっきりとチンコを握り、 上下に擦り始めました。気持ち良さは限界で、身体が時々ビクビクと痙攣し始めました。一生懸命我慢して寝たふりを続けましたが、起きているのがばれるん じゃないかと思う程、興奮してしまいました。するとおっちゃんは、独り言を呟き始めました。

「・・・舐めたい」そう聞こえました。

「ちんぽ舐めたいわ....」と耳元で呟いています。

さすがにそこまでは想定していなかったのですが意思とは別に私のチンコはさらに強烈に勃起し我慢の限界でした。おっちゃんは私が興奮しているのを察したのか、ごそごそと体勢を変え 私の股間に顔を向けました。

おっちゃんの不自然で大きな動きに、周りの状況 が気になり薄目で見渡しましたが、平穏そのもので安心しました。安心したとたん興奮は絶好調になり、チンコがビクビク波打ったのを感じました。そのとたんおっちゃんは「ぱくっ」と私のチンコを咥え、ちゅぱちゅぱと吸い出しま した。右手でタマ袋をもみながらチンコを吸われ・しごかれ…気持ちよくて我慢 などできません。思わず

「うううううっー」

と声を出し、おっちゃんの口の中に大量 のザーメンを放出させてしまいました。射精の時間もいつもの何倍も長く、量も恥ずかしいくらい大量でした。おっちゃんは私の精液をタオルで拭いながら、 私の耳元で

「ありがとう、おいしかったわ」

と囁いて去っていきました。それ体験をした日以来、時々ゲイサイトを閲覧し、他人の体験談等を読んで オナニーする日々です。すっかりはまってしまったと思います。

また体験できたら と期待しながら毎日妄想オナニーにふけっています。日にちが過ぎるにつれ、 体験が忘れられずドSの血が騒ぎだし妄想がさらに膨らんできました。

またいつか自分より年上の男性の口で抜いてもらいたくて仕方ありません

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。