ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】厨房の頃、同級生が目の前でシコりだしたwwww

【ゲイ】厨房の頃、同級生が目の前でシコりだしたwwww

同級生のチンポ

北海道在住の豪炎さんから投稿。学生時代、仲良しの同級生が気になってよくトイレなどでチンポをガン見していた投稿者。そんな視線に気づいてか、とうとう事件は起こる・・・・
同級生の裸

今 二十歳の社会人ゲイです。俺は小学生の時から男の子が好きでした。 体験の一つをご紹介します。えろくないです!

小学生のとき、仲のいい友達のことを好きになりました

その子を陸斗といいます。なぜか一緒にいると体が気になりはじめて、ずっと陸斗をみてました。ガン見です!

陸斗は野球部でちっちゃくて色白で生意気で可愛かったです!

パンツはトランクスでした!緑のサルとかの柄でして、腹へっこませたらあばらがガチ見えでほっぺ柔らかくまじ、大好きでした!

何回もトイレ付いて行ってましたが、ガード固すぎてあんまし見れないのでお風呂行ったりプールいったりしてました!

その頃は、確かちょーホワイトペニス!

そこそこダランとしてて竿もしっかりあって先っぽは当然包茎ドリチン!玉は小さめ、お尻はちっちゃくて柔らかい。

たまにトイレで見て〜シャワー笑とか言ってドリチンふるわせてシャワー見たくおしっこして見せてきたり、お風呂でおしっこしたいと言って目の前でおしっこしたり、プールでは、ウォータースライダーで水着取れるとこまで水圧で遊んでたりしました。

野球部なんで、それもキャッチャー!ボール取り損なって玉にあたり飛んでるのもみました!

そのときは、オナニーもちんげもはえていませんでした。

中学生に上がるとやっぱ大人になるんですよ

同じクラスではないので、疎遠になりました

ある時トイレで先輩たちに絡まれてましたちんげはえてる?みせてーとかエロすぎでした

部活の終わりにトイレに行くと後から陸斗が入ってきておしっこしてました

なんか話かけられ、横でガン見してたら、おしっこし終わったのにしまわないし先っぽからポタポタおしっこが落ちていて、それを見せてきたので、俺は先っぽを指でプルンと弾いたのです。

おしっこは指についてるので立ち去ろとしたら手洗えやて言われたので洗うそぶりをして、そこから離れて俺はおしっこのついた指をしゃぶりながらオナニーしました。

野球部の着替えのときにイスに座って、着替えていたためトランクスの隙間から夕日の光が当たってちんこバッチリ!見えました

相変わらず包茎なんですが、ちんこそのものが一回り大きくなっていました!

玉はダラーンとイスにつき竿は血管がわかるほどでした。無毛でホワイトペニスだと可愛いというか美しかったです

陸斗の家にいくと、よく着替えみてんじゃねー!とかキモイとか散々言われました。

ある時ふとお前これやってるだべ?としこしこするジェスチャーをしてきたのでしてるよ!というとふーん。で話が終わりましたが、毎日一緒に帰ってましたし遊んでました

高校も一緒でしたが、高校からは何も遊ばなくなり話もパッとしなくなりました。

同窓会であいましたがそこまで話しませんでした。終わり

次回は、この裏です

----------ここから追加投稿-------------

陸斗との体験の裏?です。俺が小学6でたいが5年です。

俺は小学生のころ、陸斗の着替えを見たいがために野球部に入っていました。

そこで、俺はもう一人の男の子と出会いました。

その子をたいがといいます。たいがは、一個下で細身でお尻かぷりぷりでイケメン(ホストみたいな?)でクラスの中心のイケイケ男子です。

ですが、性格はクソです!人の悪口は平気で言うし喧嘩はうるし、上から目線。クソ生意気で腹立つやつでした。

ある時、公園で同級生数人とたいがと俺とで野球しながら遊んでいました。なぜか、みんな公園の多目的トイレに入ったのです。

俺と同級生は、壁の方に立って話ししてました、たいがは銀色の手すりに足をかけ股を開いて座ってました。

その時一人の同級生が、「お前らちん毛生えた?」と不意に聞いてきました

同級生は「生えてないよ」といい、俺は生えてるといい、たいがは「まだ生えてないよ〜」と股を開いたままズボンを下げちんこを見せてきました。

同級生は「ほんとだ!」「可愛いちんこだなw」なんていってました。

俺は大人ぶり、そんなの見たくないと見ませんでした。そうこうしてたら同級生は外に出て行きました。

残ったのは俺とたいがだけ、その時、たいが「ねぇ、ちんこ見たい?」と小悪魔のささやきが聞こえました。

俺「いや。」←ほんとは見たい!!。

ですがこの時は仲良くはなく。話したのもこれが最初?だったかもしれません。

たいが「みたくねぇーのかよ?怒」と少し怒ってました!

俺「見たい。」←ちょっとびびりました笑怖かったです笑

たいがは座ってた所を降りてきて俺の前に来ました。

その時は赤いジャージでした。

たいがは目の前でズボンとパンツを一緒に降ろしました!←この時なんのパンツか忘れました。すんません。

目の前には薄っすら産毛が生え根元に可愛いホクロのある包茎ドリチンちんこがありました!

大きさは3センチ程度玉はふっくらした、薄茶色?若干白いちんちんでした。

俺「おー」

たいが「ねぇ、舐めてみて?」

俺「へ?」

たいが「舐めて」

いきなり言われたのでびっくりしました!が最高のチャンス!

俺「いいよ」といい口を開け可愛いちんこをほうばりました!

味は遊んでいて、おしっこもしたせいかしょっぱかったです!ですが美味しいかったです。

たいが「あっ」「ん。」と喘いでいました。

俺は舌を皮の中に入れ舐めていました。一旦口を話すとヨダレでテカテカになり、硬くなったちんちんがありました

また、むしゃぶりつきました!

「チュク。」「ピチャ、」とちんちんを舐めてる時の音が響いてました。

ですが同級生たちから呼ばれ途中で断念し、たいが「ブランコで立ち乗りしよ」といってきたのでしました。

たいがたち、俺が座ってます。

そして目の前はたいがのちんこがあります。

たいがはわざと俺の顔にちんこをぶつけてくるので、俺は顔をうずめました。

帰り際たいがに「誰にもいうなよ」といわれ、俺「うん」といいたいが「またやろう」といいかえりました。 終了

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。