ホーム » 発展場 » 【ゲイ体験談】福山城公園でパンティ喰いこみ野郎がいたもんで・・・・

【ゲイ体験談】福山城公園でパンティ喰いこみ野郎がいたもんで・・・・

深夜の福山城公園で

広島県在住の社会人さんからの投稿です。深夜の福山城周辺の公園に痴漢目的で行ったという投稿者。しばらく園内を歩いていると20代後半と思われるランニング姿の男性を発見。じりじりと真後ろから男性に近づいた投稿者は、まずはお尻を弄り反応を確かめたんだとか・・・・・

二週間ほど前のこと、少々離れた地方都市にある、発展場と呼ばれている 福山城公園に行きました。

車を少し離れた場所に停めて、ジャージの上下と言うスタイルで坂を上って城壁の中へ。

しかし残念ながら、天守近辺にも誰もいないし、銅像のところにかなり年配のデブった親父が一人いるだけでした。

しょうがないので、城外に出て堀の周囲をゆっくりと歩くことに。

城の周囲には東の端と西の端に、小さな公園があって歩きながら西側の公園を見ていると、中央付近にある一番大きな屋根つきベンチの所に、男性が天守を見上げる様に立っているのが見えたのです。

「おっ?こんな時間に、あの公園に一人でいるのは・・・」

俺は、一度通り過ぎた後、すぐにUターンして男性が見える位置から、じっくりと観察します。

男性は、ベンチには座らず柵に手を掛けて堀の水面の方を見ていました。

その服装は、身体にフィットするランニグ系の長袖ウエアーに同じくハーフパンツに、黒っぽいスパッツかレギンスを穿いています。

いかにも、堀の周囲をランニングする感じのスタイルではあるが、もうすぐ日付が変わる時間にこの公園にいるのはやはりその気がある男だと俺は思い、男性の方へゆっくりと歩いて行きました。

男性にかなり近づくと、一度こちらを見ましたが、そのまま城の方を向いて立っています。

更に歩みを進め、男性と同じ屋根の下に入りました。

間じかで見ると結構若く、二十代後半かなぁ~て感じでした。

こんばんわ、と声を掛けても良いのですが、俺は痴漢をするように男を責めたいのです。

二メートルほどの距離に近づいても、まるで反応の無い男性の真後ろに密着そして、右手でお尻を軽くタッチしました。

男性は逃げる様子もなく柵に両手を突いて、お尻を突き出すような姿勢のまま、顔は俺と反対の方を向いています。

「よっしゃ、これはイケルぞ。それにさっきから指先に感じるこの下着のラインはひょっとして女性下着かも」

そう、お尻を優しく触っていると結構ハイレグな感じのパンティラインがお尻に食い込んでいるのが分りました。

やはり、間違いない!

お尻を触りながら、ハーパンの隙間に左手を滑り込ませ太腿の感触を楽しみます。

「思ったより全然肉付きがいいぞコイツ、それにこのレギンスの肌触りがスベスベして気持ちいい」

久しぶりに出会えた俺好みの獲物に興奮した俺は、ハーフパンツを膝の辺りまでずり下げると、次はレギンスに手を掛け下ろそうとしました。

しかし、結構キツめのレギンスは男性の股間に大きな突起があり、それが少し引っかかってチョットてこずりました。

なんとかレギンスも膝まで下ろすと、男性の下半身には、女性下着ではなく 競泳水着が、ピチッと張り付き、お尻の肉にはグイッと食い込んでその両脇から余った尻肉がはみ出してプルプルしています。

「おぉぉ、競パンかぁ!いやスクール水着か、それもジュニア用だな」

「こいつも結構な性癖をもってるようだが、もっと痺れさせてやるぞ」

右手に触れた、水着に包まれたチンボはかなり大きいと感じました。

いや、でかいと言うより竿が長い感じ。

男性のチンボの形や長さ硬さなどを調べあげながら、水着の生地ごと扱き始めます。

右手を上下に動かし、左手でお尻をたっぷり愛撫する。

男性の首筋から舌を這わし、耳にキスをする。

「ううぅぅ、、はあぁぁ、、」

初めて、声を漏らした男性のチンボの先から、先走り汁が出始め水着にイヤらしい染みが少し滲んでいる。

「よし、そろそろご開帳といくか」

俺は、はやる気持ちを抑えながら、スク水Vパンのゴムに手を掛けて引き下ろそうとするが、かなり小さいサイズなのだろうし、勃起して怒り狂うようにビンビンになっているチンボが邪魔になり、なかなかずり下げることが出来なかった。

なんとか、スク水着を膝まで下げ、丸出しになった男性の股間を凝視した。

「結構、陰毛が長いなぁ、でもそれ以上にチンポが長いぞぉ」

男性のそれは太くはないが、長さは18センチ以上はあるかなと言う感じで、硬さは申し分なく、45度ぐらいの角度でピンッ!!と起っている。

その勃起しているチンポを右手の指先で包み、ゆっくりと優しく扱きあげていく。

「やっぱり俺の方が太いが、長さは負けてるなぁ」

亀頭はロケット型だが、それでも目一杯、エラを広げているようだ。

左向きに曲がりながら、上向きに反り返るそのチンポをジックリ扱く、ゆっくりと、そして時に早く強く・・・

「シュッ シュッ シュッ クチュヌチュ・・・」

「あっ! はあぁぁ、はあはあ」

チンポから溢れた先走り汁で、竿も少しヌルッとしてきた。

いっそう硬さが増し、身体もビクビクと痙攣し始めてる。

「もうすぐ、限界がきそうだな」

俺は前に回り、しゃがみ込んだ。

その時、初めて顔を確認した。

やはり二十代後半から三十代前半て感じだが、尻肉のたるみ具合から、三十代だろうか。

髭も濃くなく、サッパリした感じの男だった。

その顔は、紅潮して口を少し開き、くぐもった吐息と喘ぎ声を漏らしている・・・俺が一番興奮する男の顔だ。

やはり射精が近い男の顔は最高だ。

「ようし、そろそろ絶頂に追い込んでやるか」

男性の、竿に舌を添えて舐め上げる、何度も何度も舐めてやる。

左手は、睾丸を転がしながら、時に前立腺から肛門にかけて指を送る。

「あぁぁ ああぃぃぃ うぅ」

男性は喘ぎながら、もどかしそうに腰を小刻みに前後へ動かしている。

「もうたまらないかぁ~」

「こんなスケベなチンポしやがって」

「ジュプッ、ジュポッ! じゅるるるる・・・」

大きく口を開き、亀頭を口に含むと、ゆっくりと前後にエラに舌を絡め、竿の根元を右手で掴み口にあわせて扱いてやる。

腰の動きが大きくなり始めたが、俺はゆっくり浅く深く咥えるのが好きなので、時間を掛けて、チンポを味わう。

「あぁぁ、たまんねぇ。形も硬さも俺好みのチンポだ」

「でも、そろそろ限界かな」

俺は、男性の腰の激しくなっていくグラインドに合わせてフェラのスピードを上げ、深く深く咥えて、吸い上げる。

「あぁっーーッ」

「・・・ッきもちぃぃ・・・」

「ーっんん・・・っ! はっ・・・っーー」

声にならない声聞いた時、俺の口腔で、エラが大きく広がるのを感じた俺は、口からチンポをぬき、右手で扱いてやる。

二度ほど扱いた瞬間に「あぅッ! あああッ・・・あぐぅ」と今日一番の声を出した。

「ビュッ!!ビュクッ!!ビュルルル!!ビュー!!」

大きく突き出した腰を何度も震わせながら、チンポから精液を放出し続けている。

俺の手で精子をひり出させられ、身体を痙攣させている、レギンスもスクール水着も ズリ下げられた、精悍なスポーツマンの惨めな姿に俺の興奮度はマックスに。

一分ほど、男性の余韻に浸る姿を眺めていたが、我慢できなくなり、今度は、俺のチンポを男性にと思ったとき、酔っ払ったリーマンの団体がやってきてしまい、男性は大慌てで服装を直し、その場をヨロヨロと去っていってしまったのだった。

最後は残念でしたが、思わぬ獲物に満足した時間でした。

また同じ時間に行ってみようと思ってます。

 

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。