ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】騙されて発展場に連れていかれたノンケの運命・・・・

【ゲイ体験談】騙されて発展場に連れていかれたノンケの運命・・・・

バイト先の店長と

兵庫県在住の童貞学生からの投稿です。バイトの飲み会が終わり店長と帰ったという投稿者。そして終電に間に合わず店長のすすめでサウナに行くことになったらしい・・・・・・・
輪姦される男性
俺は男性経験も女性経験もなく、童貞で学生でした。

バイトの飲み会で、終電近くまで数人で飲んでいました。

電車がなくなると帰れなくなるので、お開きになり駅へむかいました。

私は、バイトの店長と同じ方角という事で駅へ走りました。

が、駅に着くと電車は出た後で間に合いませんでした。

「しょうがないな」といいながら「朝までどこかで、時間をつぶそう」となり、店長が「そしたらサウナでも行こうか?」というので、ついて行くことにしました。

私はこの年になってサウナとか銭湯も行った事がなく、店長に言うと「へ〜珍しい奴だなw大丈夫、俺について来たらいいから」と店内へ。

フロント前でチケットを買い、店員に渡すとロッカーの鍵を受け取り、更衣室へ行きます。

ロッカー前で服を脱ぎ、タオルを腰に巻いて店長の後をついて行きます。

何人かとすれ違ったのですが何か妙に身体を見られてる感じで恥ずかしかったです。

風呂につくと身体を洗い、しばらく湯舟につかっていました。

たまには、こういう大きなお風呂に浸かるのもいいもんだなぁと思っていました。

店長がサウナ室に入って行ったので、後に続いて一緒に入りました。

中には中年の男性が一人、タオルを巻かずに一番上の段に座っていました。

チラッと見ると、何と男性のチンポは大きく反り返り勃起していました。

とても驚いて目をそらし、店長が一番前に座ったので、その隣に座りました。

店長にこっそり中年男性の勃起のことを教えようとしたんです。

店長もタオルを外したので、サウナではタオルを外すのかと思い、真似て全裸で座っていました。

で、話をしようと店長を見ると何と店長もチンポが勃起していたのです!

「えっ」と思い頭がパニックになって、とりあえず気付かないフリでじっとしていると、店長の手が私の股間を触ってきました。

冗談かなと思ってると私の足下へ座り、いきなり私のモノを口に含み、くわえ込みました。

私は突然の事で、金縛り状態で動けませんでした。

でも、されるがままで私のあそこは反応していました。

追い打ちをかけるように、乳首を刺激されます。

後ろで座っていた男性が、いつのまにか私の後ろから両方の乳首を摘まみ、胸を揉んできます。

しばらく、続けられると無意識に声が漏れていました。

イきそうになり、店長に言うと店長はフェラを止め、私に「どうしてほしい」って聞いてきました。

私は、恥ずかしさと戸惑いましたが、気持ち良さに負け「続けてほしい・・・」と頼みました。

すると、店長はいつもと違い「それが、人に頼む言葉か?」と私のチンポを握り、捻って来ます。

私は「店長、お願いします。続けてください。」というと、店長が「自分だけ気持ち良くなってても、あかんやろ、おじさんにサービスしぃや」と私の手をとり、後ろでタオルで縛りました。

両手の自由を奪われ、顔の前にはおじさんのチンポが。

恐る恐る口にくわえるといきなり、おじさんが腰をつき喉奥へ。

「ゲホゲホ・・・・」と嗚咽を上げながらチンポを抜くと、おじさんが笑いながら「早くしろ」ともう一度、口に押し込んで来ます。

涙を浮かべながら、必死でしたこともないフェラでおじさんのモノをくわえ、舌を使い、口を前後に動かし、刺激しました。

しばらくするとおじさんは、「出る、出すぞ」と私の頭を抑えながら、私の口の中へ熱い汁が注ぎ込みました。

出し終わってもチンポを抜いてくれないので、そのまま飲んでしまいました。

おじさんは店長に「休んだら、後でな」と言い、出て行きました。

店長は「イかせて欲しかったら言う通りにしろよ」と私を連れてサウナ室を出ます。

浴室に入るとシャワー室へ、店長に背を向け立たされるとシャワーがお尻に当たります。

石鹸でお尻を洗われ、泡立つとお尻の穴へ指が入って来ます。

思わず抵抗すると、「じっとしてろ」とお尻を叩かれます。

じっと我慢していると、お尻の穴に指を一本、また一本と、三本指を入れられ、高速で出し入れされ声を出していました。

すると、急に排泄感に襲われ店長にトイレに行かせて欲しいと頼むと、「ここでしろ」と、シャワーヘッドをお尻の穴へ入れられると、お湯がお腹の中へ。

そして限界を迎え、店長の前で出していました。

シャワーで排泄物を流し、またシャワーをお尻へ。

何度か繰り返しお湯しか出なくなると、浴槽につかり上の階へ連れて行かれました。

浴室を出る時には両手を後ろ手にタオルで縛られ、腰のタオルも許されず、下半身は露出したままでした。

さらに乳首をソフトタッチの愛撫で摘まんだり、舌先で優しく舐め回されました。

以前からオナニーの時には、必ず乳首を自分でいじっていたため、乳首は敏感に反応していました。

普段から夏場のTシャツなどは、乳首が大きく発達していたので、当時はコンプレックスでした。

でも、この時は自分でいじる快感よりも店長に愛撫され、今まで味わった事のない快感で、両乳首はすでに勃起して、ペニスも勃起し、触れられてもいないのに先からは我慢汁がジワジワと溢れていました。

その状態で、廊下を歩かされます。

すれ違う人からは、好奇な視線を向けられ何人かは後をついて来ます。

階段を登り3階に行くと、暗い廊下に人が数人立っていました。

その前を通り、奥の部屋へ、そこは更に暗く、広い部屋になっていました。

床には、布団がたくさん敷き詰めてあり所々に人陰が見えます。

部屋の奥へ連れられ壁際に立たされます。

目が暗さに慣れ、よく見ると何箇所かで抱きあっていました。

私は怖くなり、店長に「無理です。やめてください。」とお願いしました。

「大丈夫やから。すぐに怖くなくなるから。」と店長は言いながら、タオルで目隠しをしてきます。

目隠しをされ、また乳首を舐め回され、ペニスを上下にこすられます。

すでに限界に近く、こすられてイきそうになります。

身もだえながら、店長に「出そうです」と言うと、店長は手を止め「まだ、あかん」と言い、私にひざまづかせ、自らのペニスを私の口へ捩込んで来ます。

私は慣れない口で奉仕しながら、ペニスの先からはダラダラと汁が漏れていました。

店長は腰を振りながら、口の中で強引に動かして来ます。

喉奥に突っ込まれる度に、えづきながら、咳こんで中断します。

すると、私を四つん這いの姿勢にし、お尻の穴に指を入れてきました。

次には、お尻の穴に冷たい液体を流しこまれ、また指を入れられます。

今度は、スッポリと指が奥まで入り、円を描くように徐々に広げられ、指を抜かれた次の瞬間、今までにない痛みがお尻の穴に感じました。

「痛い、やめて」と泣き叫んでいました。

一度抜かれ、もう一度入れられました。

でも、今度は先程のような痛みはありません。

何度も出し入れされる内に少しづつ気持ちよくなっている事に気付きました。

知らない間に声まで漏らして感じていました。

体制を変えられ、正常位の状態で犯されます。

すると、店長も限界が近づきピストン運動を激しく繰り返し、お腹の上に放出されました。

私も、店長がイク前にペニスからザーメンを放出していたので、ぐったりとしていたのですが、すぐにお尻の穴に挿入されました。

「えっ」と思っていると目隠しを外されました。

そこには、信じられない光景が広がっていました。

店長は私の横で座っていて、先程のおじさんが私のお尻に挿入して腰を振っていました。

しかも、周りには何人も人がいて一部始終を見られていました。

目隠しを外されると、その見ていた人達が身体中を触り始め、その中の一人は私の口へとペニスを突っ込んできました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。