ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】高校時代、重病の同級生を好きになってしまった・・・・

【ゲイ】高校時代、重病の同級生を好きになってしまった・・・・

クラスメイトに片思い

愛知県在住のこうさんからの投稿。高校時代、クラスメイトに体の不自由な可愛い男子がいたという投稿者。あまりの健気さに恋をしてしまい、思いを伝えるのだが・・・・
先輩と後輩

高校時代にゲイに目覚めました。

僕の学校は男子高でした、それまで僕は普通に女子が好きでしたが二年生の時の彼との出会いが僕を変えました。

その子は重い病気で、死ぬような病気ではないのですが、身体が小学生ぐらいのまま成長しておらず、運動も出来ない身体でした。

ナイチンゲール症候群ってやつなのでしょうか、彼と仲良くなるにつれて僕は彼に惹かれていきました。

しかし男を好きになる事に抵抗を感じ、友達としての関係を通してしまいました。

もともと彼は小柄で可愛く性格も良い方なのでクラスの中でマスコット的に扱われいたので、僕が彼を可愛いがるのもあまり違和感なく行っていましたがそれが限界でした。

卒業式の日、僕は彼に思い切って告白しました。

しかし彼は、病気の自分と付き合っても良い事ない、と拒否

友達でいたいと言われました。

僕は就職、彼は進学だった為、自然と疎遠に、でも僕は1日たりとも彼を忘れる事は出来ませんでした。

彼も就職し、また彼に会いに行きました。

実は彼は病気が悪化してより身体が不自由に、その為、僕に迷惑を掛けまいと疎遠にしてたそうです。

僕は彼を旅行に誘いました、車椅子を借り東京散策、夜はビジネスホテルに泊まりました。

病気が悪化してから暗い彼でしたがだんだんと昔の彼に戻って行きました。

彼は僕にありがとうって言ってくれました。

僕は我慢出来ず彼にキスしました。彼は嫌がる事なく受け入れてくれました。

そのまま僕は彼の服を脱がしフェラをしました。(見た目は未だ小学生でしたがチンチンはなかなか大人でした)

なんと彼はオナニーも今までした事がなく、僕のフェラで始めて射精したそうです。 まぁ夢精ぐらいはしてたでしょうが

今度は僕が彼にフェラしてもらいました。見た目小学生の彼が僕のチンチンを舐める姿は、僕をさらに興奮させ、僕は彼の顔を掴みイマラチオ、彼の中で出しました、

彼はイマラチオの方が体を動かさないからやりやすいと言って笑っていました。

やはりSEXするのは彼の身体に負担が大きいので、彼とやるのはフェラがメインです。
でも僕はそれでも嬉しいです。

2度目の告白、今度はYesをもらえました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。