ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】Wフェラで何かに目覚めちゃった中年男性・・・・・・

【ゲイ体験談】Wフェラで何かに目覚めちゃった中年男性・・・・・・

新しい自分を発見

千葉県在住の男性からの投稿です。3年前からハッテン場に通う投稿者は、思い出に残るような体験を求めながらもフェラする事にどうしても抵抗があった。その日もお客さんはいるのだが消極的な投稿者はなかなか輪の中に加わることが出来ずにいたらしく・・・・・

アナニーを覚えた3年くらい前から月に一度くらいアナルがうずいてしまう事もあって、発展場に行っているのですが、なかなか恵まれた体験が出来ず今まで来てしまいました。

僕は40歳で、今まで発展場には10回程度は行ったことが有るのですが、フェラにはどうしても抵抗があり、積極的には動けない情けない受けです。

そのため、今までの体験としては寝待ちしてる時に、触られテコキやフェラで帰ってくることも多くなかなかアナルを開発してもらえないので、人気のないところでアナニーして帰ってくることが多いのです。

家に帰ると、自分の消極的なところが嫌になって、発展場にはしばらく行かないでおこうと思うんですが、翌朝にはまた行きたいという気持ちがフツフツと沸き起こるのです。

今日も朝から我慢できないほどアナルがうずき、出会い掲示板などに応募しましたがなかなか見つからず、仕事をサボって発展場に行ってしまいました。

今日はどうしてもアナルで遊んでもらいたかったので洗浄してしっかりローションを注入してから入店したのですが、月曜日という事もありお客さんはあまりおらず少し寂しい思いをしていました。

それでもお風呂に入ると3人ほど入浴しており、とりあえずミストサウナで汗でも流そうと入ると、直ぐに追いかけてくれた年配の方が「今来たの?」と言って、僕の一物をナゼナゼしてくれ、先っぽにチュっとキスしてくれました。

『あれ?今日は幸先が良いかも』と思っているのもつかの間「楽しんで行ってね。今日は帰るから」と帰っていかれました・・・・・

残念でしたが、入浴を済ませてる間にもお客さんが結構入ってきたので僕の期待はマックスに。

そこのお店は、ミックスルームが2部屋と本が置いてある部屋、ビデオルームくらいしかなく、最初はミックスルームで寝待をしていたのですが、誰も入って来ないため他のミックスルームやビデオルームをふらふらしていました。

しかし、全く皆さん動く気配がありません・・・・

しばらくして、またミックスルームを覗くと、いつの間にか4Pが始まっていました

一人が仰向けになって咥えており、その仰向けの股間をもう一人が。

仰向けを咥えている人のペニスをもう一人が咥え、その人の物を仰向けの人がしごいており、加わりたいと思ったのですがフェラが嫌いな僕としては輪に加わる事が出来ずに、その光景を見ながら扱いてました。

別の方が来てくれるかもしれないと思い、別のミックスルームに移動して寝待をしていたのですが、皆さんフィニッシュしたのか帰っていかれる様子で、いつの間にか静かになっていました。

『今日もダメか・・・』と、受付の横に有る喫煙場所でタバコを吸っていると、店の人が、「良い思い出来ましたか?」と聞いてきましたので「今日はまだ何もしてません」と言いました。

「もう皆さん帰られて、4人しか残ってないですよ」とのことで、もう帰ろうかと思ったのですが最後にビデオルームで抜いてから帰ろうとビデオルームに向かいました。

ビデオルームには二人の年配の方がいて、一人は目を閉じており、もう一人はビデオを見ていたので一番奥の席に座って見てもらいながらオナニーでもしようと思っていると、ビデオを見ていた方が見せ付けるように目を閉じているかたのペニスを触り始めたのですが、よく見ると目を閉じている方のペニスは立っており、プレイの最中だったみたいです。

その光景を見ながらしごいていると、手招きされしごいていた方の手が僕の手をつかみ、目を閉じている方のペニスに持っていかれました。

僕がしごき始めると、その方は上のほうに移動して、乳首を攻めていましたがしばらくすると、目を閉じている方をフェラしろと頭を抑えられました。

いつもなら躊躇してしまうのですが、今日は抵抗なくフェラすることが出来、いつも彼女にやってもらっているように、しっかりと唾をつけ手と口で奉仕しました。

裏筋や、尿道口も念入りに舌を使ってフェラしていると、感じてくれているのか、だんだんと声が出てきました。

その声を聞いてだんだん自分も興奮してきて、僕のペニスは触られてもいないのにはちきれそうなほどビンビンになってきました。

そのうち、感胸を攻めていた方が仁王立ちで僕の口元にペニスを差し出してきたので、その方のを咥えもう一人の方にはテコキをしました。

フェラが嫌いであったため、そんな事はする事は無いんだろうなと思っていましたが、とうとうWフェラを経験してしまいました。

しばらく、二人のペニスを交互にフェラしていると、目を閉じている方の手を片方の方が誘導して僕のペニスに。

ビンビンのぼくのペニスを、ゆっくり触ってくれていたんですが、そのうち玉のほうに微妙なバイブレーションをしながら異動していきました。

アナルを触ってもらえるのではとの期待と、二本のペニスを交合咥えている自分にすごく興奮していました。

仁王立ちの方のフェラをしている時に、その方がしごき出しましたので、少し強めにフェラをしながら、自分で腰をずらし、僕を触っている方の指をアナルに持っていきました。

アナルをやっと触ってもらった事で、興奮もマックスになった時には、仁王立ちの方の精子を口で受け止めてみたいと思い、さらに激しく前後に振っていると口の中に行きよいよく暖かい精子が発射され、その途端、僕もアナルを触られていただけなのに発射してしまいました。

生臭い味で、ふと我に帰ってしまい慌てて精子を出してその場を離れ、お風呂に行ってしまったのですが、帰りに精子を出してもらった事で興奮する自分に気づいてしまい、これを書いてる最中もまたフェラがしたくなっています。

そんな、新たな自分を発見した一日でした。

長文で読みにくい文章で申し訳ないと思いますが、あまりにも刺激的でしたので、書き込んでしまいました。

次回は、アナルにも挑戦してみたいと思います。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントは3件です

  1. フェラチオ調教志願者 より:

    そうなんですか?中年の方でもまだフェラチオを好きになれるんですね。私もまだまだ捨てたもんじゃないな。

    あ〜、フェラチオがやりたい。

  2. かぶせい より:

    コメントありがとうございます。
    相手の方の喘ぎ声を聞いた瞬間、自分の中で意識が変わりましたね。
    今までフェラ好きという方の気持ちが全く分かりませんでしたが今では少し理解できます。
    口に入りきらないような極太マラを一度咥えてみたいものです。。。

  3. フェラチオ調教志願者 より:

    そうですか、フェラチオ好きの人の気持ちが理解出来たんですね。良かったですね。フェラチオ好きの私としては有り難いですし、素晴らしい事です。

    アナニーは確かに「身体的な性的快楽」ですが、フェラチオをする方はその身体的な性的快楽は有りません。しかし、身体的な性的快楽が皆無な代わりに他にない「精神的な性的快楽」があります。それは、アナニーなど他では絶対に得られない精神的な性的快楽があります。この様な行為は私はフェラチオ以外には思い付きません。

    口に入らない程の極太のチンポを入れてみたい願望…私もやってみたいですね。口に入らない極太チンポを無理やり口に入れて喉奥まで突っ込むイラマチオもやってみたいですね。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。