ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケさん!そこは発展トイレだよwwwww

【ゲイ体験談】ノンケさん!そこは発展トイレだよwwwww

壁一面の落書き

東京都在住の社会人さんからの投稿です。何も知らずに入った公衆トイレで卑猥な落書きにを目にしたという投稿者。そして、その刺激的な内容をオカズにオナニー目的で通うようになったんだとか。ある日いつものようにトイレに行くとスーツ姿の男から声をかけられ・・・・・・
野外全裸でフェラチオ
ノンケだと思っていた自分が初めて男性と経験したのは、とある発展トイレだった。

会社からの帰宅中、とても気持ちのいい夜で公園でコーヒーを飲みながら一服して帰ろうと思った。

しばらくして便意を催し、園内の公衆便所に入ることに。

すると個室の壁には、ゲイさんたちの落書きだらけで驚いた。

気がついたら、そのイヤらしい内容につい興奮して勃起してしまい、そのまま自分で扱いて壁に発射してしまった。

その時はそれだけなんだけど、それから何度かそこに自慰目的で通うようになってしまった。

何度目かの夜に小便器で用を足していたら、隣にきたスーツ姿の中年男性からなんとなく視線を感じた。

さりげなくそっちを見たら、チンポを見せ付けるようにしながら自分のを見ている。

興奮しながらも緊張して反応できずにいると、彼が小さな声で"よかったらしませんか?"とのお誘いの声。

「何度か来てるでしょ?もしかして初めてかな?」

かろうじて頷くことができた自分を、彼は個室に入って手招きしている。

不安より好奇心が僅かに勝り、導かれるまま個室に入った。

ドアが閉まるといきなり抱きしめられ、顔が寄せられる。

これってキス?と思いながら目を閉じると彼の唇が重ねられた。

初めてした男同士のキスなのに不快感は全くなく、弾力的で熱い彼の唇の感触に つい自分が女になったような錯覚のまま、入ってきた舌に自分の舌も絡めてしまい、そのうちキスに夢中になっていた。

そしていつの間にか彼の手がズボンの前を触っている。

「大きくなってるね……気持ちよくしてあげる」

そういって彼はしゃがみこむ。

ズボンとパンツがおろされ、外気にさらされたチンポに彼の熱い鼻息がくすぐったい

彼は我慢できないといった感じで大きく口を開くと、そのままかぷっと一気に僕のチンポをくわえこんできた。

女とはまた違う熱い感触。

彼はすぐに頭を上下させ、激しく吸いあげてくる。

自分のチンポが男にしゃぶられているという興奮が快感を激しく刺激して達するまではあっという間だった。

さすがに出してしまうのはまずいと思い、男性の肩を叩い「出そうです」と告げると彼は口を離すどころかそのままさらに動きを激しくしたため、もう我慢できずに彼の口の中に射精。

普通のセックスとは比べ物にならないくらい大量の精液を彼に注ぎ込み全てを出し終わったあと、彼はそのままごくりと飲み干していた……

「いっぱい出たね。おいしかったよ」

彼は丁寧に残った精液も吸い取り、ハンカチで濡れたチンポを拭ってくれた。

その後、人目につかないベンチに座ってしばらく彼と話をした。

普通に女が好きで結婚もしているのに、このトイレに来てから男に興味があることなどを話すと、彼も既婚だと言い、時々ここにきているのだと言った。

「するのが好きなんですか?」

「気持ちよかったら割とどっちでもいいよ。君は?」

「初めてなんでよくわからないけど……」

「男にしゃぶられるの初めてだったんだよね。触った事は?」

「ありません」

「よかったら触ってみる?」

緊張が収まってきたのと、彼が真面目そうな人なのもあってお願いすることに。

座ったまま前を開けて力の抜けた状態の彼のチンポを外にだす。

初めて触れる男のものが自分の手の中でゆっくりと硬くなっていくと、覚め始めた興奮がまたぶり返してきた。

「もっと近くで見たら?」

すぐに勃起したチンポを手でいじくっていると、彼がそんなことをいうので顔を寄せると彼の手が優しく頭を撫でるように股間に近づける。

すぐ目の前にそそりたつ彼のチンポを見ていると、またしても好奇心が突き上げてきた。

彼を見ると、頷いた。

一瞬の迷いを振り切って口を開き咥えた。

思ったよりも滑らかな感触。

にじんで来た先走りがちょっぴりしょっぱいと感じながら、さっき彼がしてくれたのを思い出しながら顔を上下させたり舌を絡めたり。

初めてのことでろくに気持ちよくもないはずだけど、彼は気持ちいいよ、とかうっ……とか声を出してくれて、それを聞いていると自分がしていることで相手が気持ちよくなってくれてるんだと思うと嬉しくなっている自分。

彼もイかせようと思ったけど顎が疲れて途中でギブアップ。

最後は口ではなく手で彼をイかせてその夜はお開き。

その後彼とは何度か連絡を取り合い、待ち合わせしてしゃぶりあう関係になり3回目くらい?のときに初めて彼を口だけでイかして初ゴックンした。

苦くて粘っこくて不味かったけど、すごく興奮した……

この頃はまだこんな程度で満足していたけどやがて好奇心?はエスカレートしていくわけです。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。