ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ノンケ厨房の包茎チンポ扱いたら痙攣イキしやがったwwwww

【ゲイ】ノンケ厨房の包茎チンポ扱いたら痙攣イキしやがったwwwww

毛が生え始めたノンケチンポ

福岡県在住の学生さんからの投稿。中学生の頃、友達と扱き合いをしたエピソードがあるという投稿者。それは真夏の暑い日で、パンイチで勉強していたらしいが友達の身体に興奮してしまったんだとか・・・・・
ノンケのオナニー
俺が中学1年生の時、塾で仲の良かった友達S君に今度の休み一緒に勉強しようと誘った。

週末2人で家で勉強することになった。ちょうど季節は真夏。

外は40度を超える暑さで、部屋の中はエアコンもなく蒸し風呂状態。

俺「この部屋暑くね?俺脱ぐわ」と言ってパンイチに。

俺「S君暑くない?脱がんね」と俺は誘ってみた。

するとS君は恥ずかしから「いいよ。我慢する」と言って断ってきたので、俺は「いいじゃん!男同士だし!」と強引に脱ぐように言った。

するとS君は恥ずかしがりながらも服を脱ぎパンイチに。

俺はS君の少しもっこりとしたブリーフパンツに興奮した。

そのあと1時間ぐらい勉強を続けていたがS君の細くて綺麗な体と、もっこりしたパンツに俺は我慢できなくなりチンコがビンビンに勃起してしまった。

俺は「休憩しない?」と誘いながらS君の股間のあたりをモミモミ。

するとS君は最初は嫌がっていたもののだんだん抵抗しなくなってきた。

俺「パンツの中触ってもいい?」

俺はS君の答えもきかずに手をパンツの中につっこんだ。

少し毛がはえててとてもかわいらしいチンコだった。

そして俺はS君のチンコをシコシコしてやった。

するとS君は恥ずかしそうに顔を赤らめていた。

S君のチンコもビンビンに勃起していた。

俺は自分のパンツを脱いだ。

それまでまじまじと友達に裸を見せたことがなかったので、なんかちょっと恥ずかしかったがそれも興奮した。

俺はS君に「S君のも見せてよ」と言ってパンツを脱がせた。

すると白くて毛も少なく剥けてないかわいいチンコが顔をだした。

俺は我慢できなくなり、S君のチンコを口にくわえてフェラをした。

少しオシッコの味がしてしょっぱかった。

皮をむこうとするが、S君は「痛い!」と言ったので皮はむかないでおいた。

俺「俺のチンコも気持ちよくしてよ」

S君「できないよ、、、」

俺はS君の手をとり、自分のチンコを握らせて、手コキをさせた。

そして5分ぐらいでイキそうになったので、俺は「S君口あけて!」と言って口内射精をした。

S君はそれを全部飲んでくれた。

俺は最後にS君のチンコを手コキした。

S君のチンコは我慢汁ダラダラでとてもエロかった。

2〜3分でS君は体をビクビクさせながらイった。

俺はS君に「イくの早〜」と言うと、S君は恥ずかしがりながら「ごめん。出ちゃった。」と言っていた。

この日はこれで終わった。

それからはお互い別の高校に進学して会っていないが、今でもあの時のことは覚えている。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。