ホーム » SM調教 » 【ゲイ】父と兄のデカマラで潮吹きした僕

【ゲイ】父と兄のデカマラで潮吹きした僕

父と兄と僕の近親相姦

宮崎県在住のからの投稿。幼い頃から父と兄の3人暮らしだったという投稿者。そして中学生になり思春期を迎えた投稿者は、父の大きなチンポが気になり始め・・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
僕は中学生の頃からパパとお兄ちゃんの変態になって18年の出来事。

母は僕が小3の頃に不倫をして家から出って行ってきり、パパとお兄ちゃんと僕で生活をする様になって、僕はパパとお兄ちゃんが大好きで小6になってもパパと一緒にお風呂に入ったり、パパが仕事で居ない時はお兄ちゃんとお風呂に入ったりしていた。

小学校を卒業して中学に上がってから半年ぐらいかな、パパが家のリビングのソファーで寝ていた時にパパが勃起をして寝ていたので、僕がパパのズボンのチャックを開けてパパのデカマラを出して手で触ったり、匂いを嗅いでいる時にお兄ちゃんが帰って来た。

お兄ちゃんがリビングに来た時に、僕がパパのデカマラを舐めようと考えていた時にお兄ちゃんが入って来て、お兄ちゃんが僕に「何してる」と言って来た。

僕はお兄ちゃんにパパの勃起が気になって触ったり、匂いを嗅いだとこを話したら、お兄ちゃんがなら、「パパのデカマラを気持ち良くする方法を教えてやる」と言って来てた。

お兄ちゃんが僕にパパのデカマラのしゃぶり方を教えてくれて、僕がパパのデカマラをしゃぶり始めた時にパパが起きてびっくりした。

パパが僕とお兄ちゃんに何していると言って来た。

僕はパパの勃起が気になって触ったり匂いを嗅いでしゃぶっていた事を話しら、最初はパパは僕とお兄ちゃんを怒っていたけど、パパが僕にSEXとかに興味があるか聞いて来た。

僕はSEXとかまだした事がないから分からないと言ったら、パパが「3人でしようか」と言って来た。

お兄ちゃんはどっちでもいいと言って僕は興奮をしていて何も答えられなかったらパパがソファーに座って膝の上に座れと言って僕はパパの膝の上に座っら、お兄ちゃんが僕のズボンとパンツを下ろして服を脱がした。

そしたらパパが僕のチンポを触って勃起をさせてパパが「さっき無断で触ったお仕置きで僕のマラとアナルを激しく犯すとから、お前はお兄ちゃんのデカマラをしゃぶり練習をしろ」と言った。

パパが僕のチンポを激しく触って僕が射精をしたらパパが「今度は潮吹きをしてみようか」と言って射精したばっかなのに、また今度は亀頭を激しく触って来て僕はおしっこを出したら、パパが「ヒロが潮吹きをした」と言ってまた激しく触った。

その後パパが「ヒロのアナルをほぐすからお前はお兄ちゃんのデカマラをしゃぶって勃起をさせろ」と言った。

僕がお兄ちゃんのデカマラをしゃぶって勃起をさせようとしゃぶっていたらパパが僕のお尻にローションを掛けて指を入れてほぐして来た。

僕はお兄ちゃんのデカマラをしゃぶって勃起をさせてたらパパが今度はSEXをするからと言って僕を床に寝かせて、僕のお尻にパパのデカマラを入れて来た時に、僕が痛いと言ったらパパが「最初のアナルは痛いけどだんだん痛く無くなっていく」と言った。

パパは最初はゆっくり動かしていたけどだんだん激しく動かすようになって、僕はまた潮吹きってゆうのをしたら、パパがお兄ちゃんにヒロのチンポを激しく犯してやれと言った。

お兄ちゃんがパパにヒロのチンポを激しく手コキをして射精と潮吹きを連発をすると言って、お兄ちゃんが僕にお兄ちゃんのデカマラをフェラをしろと言った。

お兄ちゃんが僕の口の中にデカマラいきなり入れて来て、お兄ちゃんが噛んだら金玉を叩くと言って、僕のチンポを激しく手コキをし始めた。

僕はパパが激しく動いていて僕はお兄ちゃんのデカマラに歯を立ててしまってお兄ちゃんが痛いと言って僕の金玉を思いっきり叩いた。

僕がビックんとしたらパパがイきそうと言って「ヒロのアナルに中出しをする」と言って、さっきよりも激しく動いてまたお兄ちゃんのデカマラに歯を立ててしまって、お兄ちゃんが3回から5回ぐらいおもいきっり叩かれている時に僕は潮吹きってゆうのをしたらパパがイクと言って僕の中に出した。

僕はクタクタになるとパパが「明日はフェラの練習で口内射精をした後にお兄ちゃんの中出しSEXをする」と言って終わって、その後夕飯を食べてパパと一緒にお風呂に入って部屋に戻ったらお兄ちゃんが来て、今日は射精をしていないから、ヒロお前がお兄ちゃんのデカマラを手コキで射精をして欲しいって言って来た、僕はクタクタで疲れたら無理と言った。

お兄ちゃんがなら今からさっきの続きをするか手コキで射精をするかと言って来たけど僕は嫌って行ったら、ならパパを呼んでくると言ってお兄ちゃんがパパに電話をしようとした時に、僕は「お兄ちゃん分かったから手コキをする」って言ってお兄ちゃんのデカマラを手コキを始めた。

そしたらお兄ちゃんが「もっと激しくしろ」って言って激しくしたら、イきそう口を開けろって言って僕は口を開けたらお兄ちゃんは口の中に出して飲めと言って僕は飲んだ。

お兄ちゃんが「ザーメンの味を覚えて明日からだんだん激しくなって行くから」と言ってお兄ちゃんと一緒ベッドで一緒に寝た。

次の日が学校だったけど僕は体調を崩して学校を休んでゆっくり休んで過ごした。

その日の夕方頃にパパとお兄ちゃんが帰って来た頃には、その頃には僕は元気になっていてパパとお兄ちゃんがヒソヒソ話しをしていた。

夕飯後パパが来て「昨日の続きをするぞ」と言って僕を抱えてリビングのテーブルの上に僕を乗せたら、お兄ちゃんが服とズボンとパンツを下ろした。

そしたらパパがテーブルの上で僕を仰向けにしてテーブルの柱に僕の両腕をテープでグルグル巻きにされた。

パパが今日は昨日よりもきつくやると言ってお兄ちゃんが今日は俺が中出しをしたら次はパパの中出しがあると言った。

パパが始めるかと言ってお兄ちゃんが僕のアナルにローションを塗りました。

パパが「今日は口内射精をするからデカマラをのしゃぶり方の調教だな」と言って僕はパパのデカマラをしゃぶり始めてお兄ちゃんのデカマラがアナルに入っていた。

パパがもっと舌を使え歯を立てるなとか言ってら、お兄ちゃんが激しくピストンをするからと言って激しく犯された。

僕はお兄ちゃんが激しく犯して来て潮吹きをしたりトコロテンを出した時にパパがイクと言って口内射精をしてパパが「飲めるなら飲め」と言ったらお兄ちゃんが昨日俺のザーメンを飲んでいるから飲めると言ってザーメンを飲んだ。

そして。お兄ちゃんがイクと言って中に出してお兄ちゃんのデカマラをなめ終わったらパパが明日からSEXとかの調教をするかと言って終わった。

そして次の日から冬休みに入る頃には激しいSEXができるようになった

僕が高校に入学するする時にお兄ちゃんも警察学校に入学する時になってしばらくの間はパパとSEXをするようになった。

僕達の入学式が終わってお兄ちゃんは警察学校の寮に入り、休みの日に帰ってくるぐらいで中々会えなくたった。

けどパパのSEXの回数増えて高校の入学からしばらくしてから、パパのおしっこを飲める様に調教が始まった。

パパが小便が入ったペットボトルを持ってきてストローを入れて少しずつ飲んで全部飲んでと言って僕は少しずつ飲んで飲み終わったらパパのデカマラしゃぶって口内射精とSEXをして夕飯後お風呂に入ってパパと一緒に寝る日々が続いていた。

しばらくしてパパが小便を一気に飲めるように調教を変えると言って小便が入ったペットボトルをがぶ飲みをするようになる調教になった。

ペットボトルでがぶ飲み出来るようになって色々決まり事が出来た。

オナニー、夢精、我慢汁、SEXの時の潮吹き、トコロテンを出すのが禁止になってデカマラ、小便、ザーメンを美味しく味わう事の決まりが出来て、約束を破ったら金玉の拷問をされるようになった。

僕はいつもパパと一緒にベッドで寝ているから僕がまたに夢精をした時に、パパが夢精をしたなと言って僕の金玉をビンタをされたりSEXの時に潮吹きとトコロテンをした時は電気アンマをされた。

お兄ちゃ休みの日で家に帰って来ていてパパと話しをして過ごしていら、僕が朝の部活が終わって家に帰り着いてリビングに行ったら、お兄ちゃんがお帰りと言って、パパが久しぶりに3人でSEXをするかと言った。

そしたらお兄ちゃんが僕が小便を飲める様になった事と決まり事とお仕置きの事の話しをパパから聞いたと言って、お兄ちゃんが最初は小便を飲んで貰おうかなっと言った。

パパが小便は溢さず飲む事と美味しく飲む様に言ってお兄ちゃんの小便を飲みを全部飲んだら、そのままお兄ちゃんのデカマラのお掃除フェラをする様にパパが言って、僕はお兄ちゃんのデカマラしゃぶって口内射精を5回から7回していた時に僕は我慢汁を垂らしながら終わった。

パパが「ヒロが勃起をして我慢汁を垂らしていたから、お仕置きだな」と言った。

パパがお兄ちゃんに、お前の好きにヒロのマラと金玉をいじめていいと言った。

今度はパパのデカマラをフェラをして口内射精を5回ぐらいしながらお兄ちゃんのお仕置きを受けながらお兄ちゃんのお仕置きで、寸止め亀頭攻め、強く金玉をビンタをされたり強く揉まれたりされた。

フェラが終わって中出しSEXをするようになってお兄ちゃんが僕をテーブルの上仰向けにして、お兄ちゃんのデカマラが一気にに入って来た。

お兄ちゃんはそのまま激しいピストンをしてきて僕が潮吹きをする様な感じです攻めて来て、僕が潮吹きした後トコロテンを出したらまたお仕置きをされてお兄ちゃんが中出しを4回ぐらいした後にパパの番だったけど、僕がクタクタで休憩をするとこになった。

お兄ちゃんに甘えているとトイレに行きたくてトイレに行こうとしたらパパがいて小便か大かと聞いて来て小便と言ったらパパがお兄ちゃんを読んで古いやかんを持って来てと言ってお兄ちゃんがやかんを持って来たらパパがやかんでしろと言った。

俺たちの目の前でやかんに小便を入れらと言って僕がやかんに小便を入れたら、パパがお昼はヒロだけ小便の釜揚げうどんを食べる様に言って来て。

パパがヒロの小便はつゆと飲み物の方で使うと言って、麺を湯がくのに使う小便はパパとお兄ちゃんの小便だと言って余ったら夕飯と飲み物で使うと言った。

お兄ちゃんがそれは面白いと言いながら、パパが僕をリビングまで抱えて連れて行かれた。

お兄ちゃんがパパに今するSEXをした時にヒロが潮吹きとトコロテンをしたら、2対1のゲームをして決めようと言った。

パパが「ならゲームで負けたらお仕置きは二倍でキツイお仕置きとゲームに勝ったらお仕置きは無し」と言ってパパのSEXが始まった。

パパも僕のアナルに一気に入れて来て激しくピストンをされた。

お兄ちゃんが僕のチンポを手コキをしたりして攻めて来て、僕は潮吹きをしたら亀頭を激しく攻められなが射精をしたらパパに顔とお尻を思いっきりビンタをされた。

パパのSEXが終わる頃にはお昼になっていて僕は小便の釜揚げうどんとおしっことお惣菜と小便のお茶漬けだった。

昼食後しばらくして、パパがトランプのゲームをしてヒロが負けたら手足を拘束してからの金玉蹴りと電気アンマをされたり亀頭をガーゼで攻められて潮吹きをしたり射精をしたら金玉を何度も叩くと言ってゲームをした。

僕はパパに勝ったけどお兄ちゃんに負けてお仕置きをされる様になって、お兄ちゃんが僕の金玉を何回も蹴ったり電気アンマをしてら、今度はパパが蹴ってきたり電気アンマをして僕はうずくまっていると、お兄ちゃんがガーゼをローションにつけて亀頭を攻めて来て、僕はガーゼの攻めがきつくて潮吹きをしらパパとお兄ちゃんがペットボトルで僕の金玉を何回も叩かれて真っ赤に腫れるまで叩かれた。

金玉が真っ赤に腫れたら、お兄ちゃんが潮吹きとザーメンを出すチンポを潮吹きとザーメンが出ないまで行くガーゼ攻めとSEXでお仕置きをしないと言ってSEXとガーゼ攻めが始まって。

僕は潮吹きとトコロテンをし過ぎてチンポが痛くなってチンポも真っ赤になって終わって、僕はその場で疲れはてて夜まで寝ていて起きたら、パパがお兄ちゃんは学校の寮に帰って行ったと言ってお腹空いたでしょと言ってラーメンでも食べに行くかと言って車でラーメンを食べに行った。

パパが車の中で僕に明日から今日みたいな事が増えると言った時に僕のチンポが反応して勃起してパパがそんなにして欲しいか、なら帰ったらまたしようかとなった。

ラーメンを食べてしばらくドライブをして家に帰ってまたお昼の続きをしてお風呂に入ってパパと一緒に寝た。

こんな感じの日々が今でも続いている。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメント1件

  1. ヒロ より:

    続きを考えています。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。