ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】新宿の大番会館にいるんだけど誰か犯して・・・・・・

【ゲイ】新宿の大番会館にいるんだけど誰か犯して・・・・・・

大番会館にて

新宿区歌舞伎町にある24時間営業のサウナ宿泊施設「大番会館」。数年前まではよくそこに入り浸っていたという投稿者。当時は熟年のセックスを熟知した素敵な男性達が多かったのだとか。そんな当時のある日の出来事・・・・・
正常位でアナルガン掘り
俺は新宿の大番会館のレストルームによく行く。

そこで、鍵を空けておいて、タチ野郎を待機するんだ。

結構、ウロウロしている奴が多くて、寝たふりして待っていると確認して入ってくるんだ。

なかにはビックリして出ていく奴もいるが、タチ野郎には願ってもいない状況だと思うぜ。

こないだきた奴もそうだった。いきなりケツを触ってくる。

オイルを仕込んだケツをグチュグチュと音を立てて弄りながら耳元で「ぶち込んでやろうか」と。

俺はすでに淫乱モードで「デカマラぶち込んで欲しいっす」とお願いする。

「堅くなんないとぶち込めねぇだろう、しゃぶれよ」とぶっきらぼうに言われ、俺は興奮しつつ、奴のマラにむしゃぶりついた。

18センチはあるだろうか、しかもかなり太い。

頭を乱暴な感じでつかまれ、強制的にクチマン使われる。

そんなシュチュエーションに俺は興奮するんだ。

「ぶち込んでください」

「よし、男泣きさせてやるぜ」

奴のマラが俺のケツマンコの奥までズッポリ挿入される。なかなかの圧迫感。

俺はバック、正常位、騎乗位、タチマンで淫乱にガツガツやられた。

Rかっ食らってるんで、この上ない幸せだ。

「そろそろイくぜ」

毎回のことだが「種欲しいっす、中にいっぱい欲しいっす」と必ず、種付けしてもらう。

そしてぶっ放した奴は何事もなかったように、そそくさと出ていく。

種付けやり捨て。

俺は、行為のあとに、ネチネチしたのが大嫌いなんで断然そっちの方がいい。

一晩いれば、5発は種注ぎ込んでくれる。

そして、最後にそれを体中になすりつけて、俺がぶっ放す。

一度、鍵あけっぱなし、扉あけっぱなしでギャラリーはたくさんいる中、3人に同時に廻され続けたこともある。

とにかく、毎晩、種が欲しくてたまらない。

一生、雄の匂いで満たされたい。

俺のしまりのいいケツマンコぜひ味わってみてくれ。

言葉責めもたまんねえな。

大番以外に、大勢に廻されることのできる場所があれば、ぜひ、教えてくれ。

また、俺をそこに呼び出してくれ。

そして、一晩中、廻してくれ。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。