ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】自動車教習所のイケメン教官と特別実習授業wwwww

【ゲイ体験談】自動車教習所のイケメン教官と特別実習授業wwwww

デカマラのイケメン教官と

千葉県在住の学生さんからの投稿です。投稿者は高校卒業後、自動車教習所に通い出した。困ったことに担当の教官がモロタイプだった・・・逞しい二の腕に筋肉質の長身体型、おまけにいつもスラックスの上から巨根がくっきりと判る。投稿者が意識していることが何となく教官にも伝わったようで・・・・
爽やかイケメンのフェラチオ
この夏、車の免許を取りに行った時の教官がめっちゃタイプで、場内教習の時から心臓はドキドキしっぱなしでした。

腕が太くて背が高く、しかもシートに座ると、股間のモッコリが凄くて、教習に集中するのが大変でした。

そして、俺はワザと短パンを穿いて行くことが多くなりました。

車内では、いつも下ネタばかりで笑ってたけど、俺はモッコリが気になって気がきじゃなかったです。

教習開始4日目。

その日はジーンズを穿いてたんだけど、ワザとファスナーを開けたままにして、それに気付かないように装おってました。

教習も半ばを過ぎたころ、教官がそれに気付き、「おい、チャック開いてるよ」って教えてくれました。

その時、俺は「どこ見てんすかー」って照れたフリすると、そこから見えた俺の下着を見て、「ひょっとして、●●(ブランド)のじゃない?」と言いました。

俺が「そうですよ、よく分かりましたねー」というと、教官が自分のズボンのファスナー下げて、「ホラっ」と見せられると、何と俺のと色違いだったんです。

ということは、教官もビキニなんだと思うと、興奮が倍増してきて同時に何とかきっかけ作りたいって思って、教官に「モノ、デカそうだから、ハミでないっすか?」って聞いたんです。

教官は「朝は全開だよっ(笑)」って、照れ臭そうにしてました。

俺は、それだけでビンビンになっちまって、それを教官に気付かれました。

「あれ、おまえ勃ってるんじゃねーの?」

気まずい雰囲気が流れる。

慌ててファスナーを上げた。

さすがにヤバいなーと思いつつ、その日の教習を終えました。

数日後、その日から路上教習開始しました。

俺は少しブカブカのハーフパンツを穿いていました。

教習所の門から路上に出て、極度に緊張状態です。

教官が何度かハンドルに手を添えた時に、俺の手と触れたんですけど、あまりにも敏感になり過ぎちゃって触れた瞬間に高い声で「アッ」と言ってしまったんです。

すると教官はその手をスッと俺の太腿に置きました。

それから、少しずつハーフパンツの中へ忍ばせてきます。

俺は教習の緊張と、これから教官に何かされるというドキドキで、汗ビッショリ。

その手がついにビキニ越しに俺のチンコに触れました。

そのまま暫く手で包むようにされながらも、肉棒の部分に力を加え刺激してきます。

俺のチンコからは我慢汁が溢れてるに違いありません。

その手がついにビキニを脱がせにかかりました。

肉棒をギュッと握られ、ハーフパンツの中で窮屈そうにシコシコと扱き始めました。

ハーフパンツには我慢汁の染みが段々と広がっていきます。

教習コースの終わりが近づき、学校が見えてきました。

教官は、教習所近くの草がボウボウの空き地へ行くよう指示してきました。

そして、そこに着いた途端、ハーフパンツをずり下ろされ、俺のチンコを根元までズッポリ咥えたのです。

ジュボジュボとしゃぶるのではなく、根元まで深く咥えこんだまま、舌で肉棒を伝うようにしてきます。

こんなしゃぶられ方初めてで、すぐに教官の口に発射してしまいました。

教官はゴクリと喉を鳴らして、俺のザーメンを飲み込みました。

チンコから口を離すと、時計を見て、「教習終了の時間だから戻るぞ」と言うと、窓の外を見ました。

俺は慌ててハーフパンツを上げ、運転して教習所に戻りました。

車を降りる時、教官から何かを書いたメモを渡されました。

携帯の番号です。

それから一旦、家に戻り教官が仕事を終える時間を待ちました。

教官に電話をすると、住所を教えられ行くことになりました。

俺はシャワーを浴び、ケツも入念に洗いました。

教官のデカそうなチンコを入れられることを想像しながら。

お気に入りの派手めなビキニを穿き、教官の家へ向かいます。

チャイムを鳴らし、ドアが開くと、そこにはビキニ姿の教官がニコッと微笑んでいました。

いきなりそのカッコを見せつけられて、俺のチンコも即勃起。

部屋に入ると、向き合うようにソファに座りました。

教官は大股開きで俺を挑発してきます

教官は俺の目を見ながら、今日のこと、俺がホモだと感付いたきっかけなんかを話しました。

その間、教官は自分のビキニの上から触っています。

次第に教官のチンコがデカくなり始め、ついにビキニの上から亀頭が露出しました。

俺は無意識に教官のそばに行き、そのデカいチンコを咥えました。

デカくて、根元までは無理だったが、それでも一心不乱にそのチンコをしゃぶり続けました。

教官が俺を抱っこして、ベッドに運びます。

仰向けでケツを持ち上げられ、俺の秘穴を舐め始めました。

舌先でチロチロとされると、あまりにも気持ちよくてヨガッてしまいます。

指で解された後、いよいよ教官のチンコが入れられるという時、教官から「生でいいか?」って聞かれました。

黙って頷くと、頭を撫でられ、ゆっくりと押し開けるようにチンコを入れてきました。

しゃぶってくれた時と同じように、ゆっくりとチンコを出し入れしたり、動かさずにピクピクさせながらキスしてきます。

教官の舌に吸い付くように貪ると、教官もキスは激しく舌を絡めてきました。

教官は穴からチンコが抜けそうなところで止め、そこで小刻に出し入れしてきます。

そこが教官の亀頭のくびれに引っかかり気持ちいいらしく、アァーと声が漏れてしまいます。

そうかと思うと、ズボッと深く突っ込んできて、俺の方が声が出てしまう感じでした。

教官は繋がったまま窓際に手をつかせ、外の景色を見ながら俺の耳元で囁きました。

「一度こうして犯してみたかったんだ。今このマンションで、男同士でセックスしてるのは、俺達だけだよ、きっと」と言うと、グググっとチンコが奥深く入ってきます。

俺のチンコにオイルをたっぷり塗り、亀頭をくるむように、雁のところを集中的に攻めてきます。

その時、自分ではわからないが、教官のチンコを絞めつけているようで、教官は「たまんねー」って呟いていました。

再びベッドに運ばれ、教官はジッと俺を見つめてきた。そして、教官は俺に言いました。

「生で掘っちゃって、本当によかったのかな。でも、本当に気持ちいいよ。ケイスケの穴に吸い込まれて、絞りとられそうになるよ。でもマズイよね?」

俺は「教官のもの、絞り取りたいな(笑)」って答えると、教官は嬉しそうな顔して、再び優しく掘り始めました。

『あともう少しで、教官が俺の中でイッてくれる』

そう思うと、益々感じてしまい声が出まくってしまいました。

教官のピストンも段々速くなってきました。

「ケイスケ、気持ちいいよ。最高だよ。あ~もう我慢できない。イクよ、中に出すよ」と言うと、更に激しくピストンして、俺の中にたっぷりのザーメンを注ぎました。

ケツ穴の中に熱い感触が伝わります。

教官に種付けられた、教官のものになったと思いました。

教官は大きく深呼吸し、俺に覆い被さるようにしてきました。

俺は教官の背中に足を絡め、少しでも教官のチンコを長く入れたままになるようにしました。

教官もチンコをヒクつかせています。

その日から教官と付き合い始めました。

毎日ラブラブっす。ほとんど同棲状態。

朝は69状態で、お互いのザーメンをゴックンして、夜は時間かけて優しく掘ってくれてます^^

今のところ、1日も欠かさずにね。

只今、連続46日間種付けされて感じまくってます。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。