ホーム » ノンケ » 【エロ体験談】絶倫ノンケが当たり前のセックスに飽きた結果wwwww

【エロ体験談】絶倫ノンケが当たり前のセックスに飽きた結果wwwww

アナルバージン卒業

東京都在住の絶倫ノンケさんからの投稿です。朝から晩までオナニーと(女性との)セックスを繰り返している絶倫の投稿者。当たり前のセックスやオナニーには飽き飽きしていたところに「ゲイ」への興味が芽生えだす。初めて発展場へ足を踏み入れた投稿者・・・・・
逆手オナニーする男子
最近、バイトを辞めたせいか精神的に病んでいるのかはわからないが、性欲が一気に増し、やたらと自慰行為に励むようになった。

多いときは一週間のうち、自慰で17回、女性とのセックスで3回射精した時もある。

最近は動画や画像も飽きてきたので、ネット上の「萌えた体験」みたいなので抜いていたが、とにかく刺激が欲しくて2週間くらい前から「男×男」で抜いてしまうことが多くなってきた。

昔から男は嫌いではなかったのだが、女のほうが好きだったので今まで男性経験は無かった。

しかし体験談などを読み漁るうち、日に日に男に犯されてみたいという願望が強くなり、朝から晩までそんなことばかり考えるようになってしまった。

ある日、ついに我慢ができなくなり市内の有料ハッテン場に行くことにした。

とりあえずフェラする(できれば口内発射も)のとアナルセックスをするのが目的なので、事前に家のシャワーでお尻を洗浄した。

下着を新しいものに替え、いざ突撃。

小汚い雑居ビルの4Fに行くとゲイ関係のアダルトショップがあり、その横に入り口がある。

アダルトショップのレジと受付の小窓が中でつながっているようだ。

靴をロッカーに入れ、受付で料金を払い、タオルを貰って中に突入。

奥に入ると喫煙所とロッカーがありそこで着替える。

その日はフリースタイルデーだったのでティーシャツとボクサーパンツになり、まずはロッカー室の横のコミュニティースペースへ入ってみる。

しばらくそこでテレビを見たり、ゲイ雑誌を読んだりしていたが、好みの人がなかなか現れないので、下の階の照明が真っ赤な部屋で待つことにした。

赤い部屋の横にはDVDが流れている部屋があり、なぜかジブリのハウルの動く城が流れていた。

俺はハウルの動く城が大好きなので暇つぶしにしばらく眺めていると、一人の男が入ってきて隣に座って一緒に画面を眺め始めた。

この人かぁ…そんなにイケメンではないし、特に好みでもないけど早くヤリたいし妥協しとくか…とか考えてる間に隣の人はチンコを出してしごき始めた。

それを見たら我慢できなくなって相手のチンコを触りながら「よく来るんですか?」と聞いてみた。

男は「うん、割と…」と言いながらキスをしてきた。

初めての男とのキス。

やはり女と違い汗臭いのが気になるが、仕方がない。

意外とくちびるって男でも柔らかいんだ…とか思いながら男にリードされベッドのある個室へ移動。

男は175*60*31だそうだ。

ベッドの上に押し倒されながら「男の人とするの初めてなんです。」と言うと驚いていた。

首筋とか乳首とかを舐められると体に電気が走る感じがして思わず声が出てしまった。

しばらく体を舐め回された後、仰向けにされて体の横側からチンコをしゃぶられた。

自分もしゃぶってみたかったので、男のチンコに手を伸ばすと男は俺の顔の上に覆いかぶさる形になり69になった。

男のものはそんなに大きくなかったので(11センチくらい?)玉を触りながら喉の奥まで咥えてあげると「本当に初めて?初めてとは思えないよ」と言いながらすごく喜んでくれた。

カウパー汁はちょっとしょっぱかったけど想像してたより別に嫌な味では無かった。

このまま口に出されるまでしゃぶっていたかったがアナルにも入れてほしかったので、「お尻も…」と言うと「痛かったり無理だと思ったらすぐに言ってね。」と言われてローションを塗られ、まずは指を入れられた。

俺はたまにアナルオナニーをしたりしていたので割と簡単に入り、最初は一本だった指が三本くらいになり、その間も俺は相手のチンコをずっと扱いたり舐めたりしていた。

俺のアナルがほぐれたのを確認して男はゴムをつけて正常位で挿入してきた。

痛さはほとんど無かったが何とも言えない圧迫感で思わず「あぁっ…」という声が出てしまう。

「最後まで入ったよ」と言われ結合部分に手を伸ばすと確かに全部入っていた。

「大丈夫?痛くない?」と聞かれて「大丈夫、なんか変な感じ…」というと男はゆっくりと腰を振り始めた。

気持ちいいというより、バージンを喪失した満足感みたいなのの方が強くて男の腰に足を絡めて奥まで突いて貰った。

その間、何回か他の人に覗かれ、すこし興奮した。

そのうちお腹の辺りが痺れたようになり、俺は男にチンコを扱かれると我慢できなくなり、「あ、イク!イク!」と声を出しながら自分のお腹に精子を出してイってしまった。

イった後は、圧迫感がきつかったのでチンコを抜いてもらって、手と口でしてあげた。

(さっきまでこれが俺の中に入ってたんだ…)と思いながら男のチンコをしばらく扱いていると男も「イク!」といって絶頂に達した。

出る直前に男のチンコをパクっと咥えて口の中に出してもらった。

一瞬、飲もうかと思ったがなんとなくティッシュに吐き出した。

そのあと、腕枕をしてもらいながら男の話を聞いていたが、大した話じゃなかったのであまり覚えていない。

シャワーを浴びてロッカールームに戻り、着替えた。

男はもう少しいるつもりだという。

「またね!」とキスをして店を出た。

手にあまるほどの性的欲求はスッキリ解消していた。

すこし自慰を控えて、今度からこっちに来ようと思う。

以上初めての男性経験&ハッテン場体験でした。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。