ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DC君、友人にマッサージお願いしたら股間揉まれて昇天

【ゲイ】DC君、友人にマッサージお願いしたら股間揉まれて昇天

Sの友人とMの僕

都内在住のちゃるさんからの投稿。厨房の頃、いつも部活をサボって体育館倉庫で友人と時間つぶしをしていたという投稿者。ある日のこと、倉庫のマットに寝転びながら友人のマッサージを受けることになったらしいが・・・・・
部室のDKカップル
これは僕が中学の頃の話です。

うちの陸上部は放課後から6時くらいまで練習をするのですが、僕と友人達は体育倉庫や校舎裏でサボって、時間が来たら適当に帰っていました。

僕と仲の良い友人達はその日は校舎裏で遊んでいたのですが、そのうちの一人に体育倉庫に行こうといわれ、二人で倉庫へ。

そして、部活で使う大きなマットの上で寝転びました。

しばらく談笑していたのですが、突然友人が「マッサージをしてあげる」と、言い出しました。

僕も背中や肩を揉んでもらうのが好きなので友人にお願いしました。

背中、肩、太ももなんかを一頻りほぐしてもらってるうちに気持ちよくなってきて、なんだか変な声が勝手にでてきてしまいました。

それを聞いた友人は、「そんなに気持ちいい?敏感なんだな」なんていわれました。

僕自身かなり身体が敏感でくすぐられたり、脇腹をつつかれたりされるとすごく反応してしまいます。

すると友人は「もっと気持ちよくしてやろうか?」と、言い出し、僕の性器を優しく揉み始めました。

さすがに僕もやめるように言い抵抗しましたが、気持ちよくなり勃起してしまいました。

挙句、喘ぎ声をあげながら身体をよじらせていました。

こうなったら何を言っても説得力がなく、というよりまともな会話なんてできませんでした。

しばらく揉まれ、頭が真っ白になりはじめました。

息を荒げて悶えながら、身体が素直に反応してしまう。

そんな状況がさらに身体も心も興奮させてきます。

パンパンではちきれてしまいそうなアソコはもう精液を吐き出したがっていました。

そんな時、友人は手を止めて「出したい?」と聞いてきました。

僕は、何も言わずに頷きました。

すると友人は「ならお願いして」と言いました。

そんなの恥ずかしいと言いましたが、「じゃあさっきやめてほしいって言ってたしやめる?」と聞いてきました。

こんなに興奮しているアソコをそのままになんてしたくないし、なにより他人の手でイッて見たかった僕は恥ずかしそうに、「抜いてください。」とお願いしました。

すると友人は何も言わずにさっきよりも強く激しくシゴき始めました。

僕は気持ち良すぎて腰をガクガクさせながら、女の子のような声をあげていました。

とにかく気持ち良すぎて全てがどうでもよくなっていたかもしれません。

そして体の奥からアソコめがけて精液が流れてきました。

そしてドロドロの白い体液がお腹や胸にかかりました。

熱くて濃い自分の精液が自分の身体を汚している。

そんな状況もすごく興奮しました。

友人は身体についた精液を残さず舐めとってくれました。

友人曰く、僕の反応はすごくかわいくていじめたくなる、だそうです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。